肥満の原因の一つである「冷え性」になったきっかけとして、加齢や筋肉の減少、無理なダイエットによる体質の変化など、様々なケースが考えられますが、朝の過ごし方もその一つであることをご存知でしょうか?
●低体温の早朝
一日中変化し続ける体温では、早朝4時頃が最も低い時であり、その後お昼まで徐々に上昇するのが一般的です。
ホルモンの関係もあるものの、就寝時では副交感神経が優位であるため、血管が拡張され血流は良くなり、活発的に熱の放散が行われ、体温は奪われやすくなるのです。
●冷え性を起こす朝の過ごし方
冷えた身体で迎える朝に、アイスコーヒーを飲んだり、忙しさのあまり朝食を抜いたり…そんな行動はさらに体温を下げ、上昇しづらくなる恐れも。
さらに、就寝時にはリラクゼイションも兼ねて、薄着の方も多いようですが、薄着のまま長時間朝を過ごしていると、身体はさらに冷えてしまいます。
●脱・低体温の朝
もちろん、冷たいものを摂取しないこと、薄着のままでいないことが重要ですが、低体温にしないための具体的な対策もご紹介しておきましょう。
①できるだけ体温以上の白湯を飲み、内臓を活発化させる
②冷えは足元から来るので、寝起きには必ず靴下を履く
③寒冷刺激を最も受けやすい首の露出を避ける
④朝と言えば、副交感神経から交感神経へと優位が切り替わる重要な時であり、急激な切り替えは、血管収縮の状態を保たせ、冷え性悪化へと繋げるため、朝の支度には十分な余裕が持てるように、時間の配分に注意する
冷え性体質にさせる生活習慣は、朝の過ごし方が大きなポイント。
寝起きで冷え性対策を考えることは面倒なことかもしれませんが、ちょっとした習慣が、冷え性体質を改善してくれるのです。
身体を冷やさない工夫をダイエットライフにプラスして、ダイエットも効率良く進めていきたいものですね。