過去に、多くの芸能人やモデルなどの中でも流行り、話題になった「炭水化物抜きダイエット」。
今でも続けている方はおられるのでしょうか?

炭水化物と脂質

お米、麺類などの炭水化物を摂らないというダイエット法では、長期間続けた場合に様々なリスクを伴うことが言われている上に、おかずから脂質を摂り過ぎるようになり、肥満や生活習慣病の原因となってしまう可能性を高めるとされています。
効率が良いダイエットのために一切炭水化物を抜いたはずなのに、結局は太りやすい体質作りをしていたことになってしまうのです。
肥満や生活習慣病などを防ぐには、やはりダイエットは必要ですが、その方法には要注意。
そして、重視すべき健康的なダイエットには、栄養素をバランス良く食べることが必須とよく言われますが、バランスが整ったカロリー摂取法とは、一体どのような方法なのでしょうか?
今回は、とある栄養士の著書から、炭水化物と脂質における理想的なカロリーバランスをご紹介します。
>>ダイエット中に食べられる炭水化物の種類
戦後すぐの日本人よりも、エネルギー摂取量は減少
厚生労働省での国民健康・栄養調査によれば、戦後間もない1946年のエネルギー摂取量が1,903kcalだったのに対し、2008年では1,867kcalと減少していることがわかっています。
昔と違って、現代ではメタボ検診が実施されるほど、生活習慣病の予防をはじめ、健康生活が注目されているものの、肥満や生活習慣病が増加しているのが事実。
では何故、エネルギー摂取量は減少しているのに、生活習慣病などが増えているのでしょうか?
カロリーの中でも、脂質を過剰摂取する現代人
過去に比べてエネルギー摂取量が減少しているという現代ですが、それでも肥満や生活習慣病が増えている原因に、カロリーのバランスが問われています。
現在、30~69歳による食事中の脂肪エネルギーの目標比率は、20~25%になっているものの、実際には男性で41%、女性で50%以上もの人が、25%以上の脂質を摂取しているようです。
ダイエットを気にする女性は多いはずなのですが、とても意外な結果ではないでしょうか。
確かに、食生活もすっかり欧米化となり、多くのスイーツは当然ながら、ご飯よりも脂質が多いパン食、お茶よりも脂肪分が豊富なカフェラテと、戦後間もない1946年と比較して、明らかに脂質が過剰に摂取されがちです。
理想的なカロリーバランスは、炭水化物が60%以上
上記のことにより、肥満やメタボ対策には、カロリー値だけではなく、そのバランスもとても重要であることがおわかり頂けたことでしょう。
理想的なカロリーバランスは、性別による年齡や疾病、アスリート他、特別な職業などでも多少の違いはありますが、大体のところ
・タンパク質…15%
・脂質…25%以下
・炭水化物…60%以上
とされています。
いかがでしたでしょうか。
炭水化物抜きでは、脂質やタンパク質が過剰に含まれたおかずが多くなっているもの。
やはりカロリーバランスを十分に考えて、炭水化物では雑穀を混ぜたご飯にするなど工夫をプラスし、おかずを減らすことも考えましょう。
やはりバランスが良い食生活が大切です。