ダイエット失敗

ダイエット開始から三日坊主で失敗しない為の5つの方法
ダイエットを始める前に、「ダイエットといえば三日坊主」という定義が既にできあがってはいませんか?
健康的なダイエットを始めても、すぐには効果が出ないため、三日坊主になる人はやはり多いですよね。
では、少しの努力で痩せられる日常習慣ダイエット方法では別に説明していますが、ダイエットをせめて三日以上継続させる方法を取り入れてはいかがでしょうか。
一週間分のメニュー作り
効果的なダイエットでは、食事制限も重要です。
ただ、日々の生活スタイルでは、摂取カロリーや栄養バランスを考えた食事の準備に、要する時間が取れないこともあるものです。
そこで、時間に余裕がある休日を利用して、一週間分のダイエットメニューを作り、下ごしらえをしておくことがオススメ。
調理済みのお肉、スープやシチュー、煮物、パンなど、冷凍できるものは一度に作って小分けにしておいたり、保存が効く密封容器や袋を利用するのもいいですね。
サラダを足す当日には、時間がない場合、お店でフレッシュなカット野菜を購入するのもいいでしょう。
日々の調理時間がわずかで済むのは当然ながら、食材を無駄なく使える方法にもなるので、節約も兼ねたダイエット法にもなります。
やりたいことをダイエットに
ダイエットとはいえ、苦手なこと、したくないことをするのは、誰でもつらいもの。
そんなことがきっかけになって、三日坊主になることも多々なのです。
それなら、気に入っていることをするというダイエットを試してみませんか?
例えば、趣味がウインドウショッピングである場合、デパートの各階を回るのに、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を利用し、消費エネルギーを増やすのもいいですね。
読書好き、音楽鑑賞、DVDでの映画鑑賞などであれば、軽い筋トレも同時進行できそうかも。
目標の設定
ダイエットを始めるにあたり、その理由や目標を立てるということをあまりしないダイエッターが多いようです。
ただ漠然と「痩せたいから」、「引き締めたいから」というだけではなく、具体的な数字を出し、目指す目標を決めるようにしましょう。
例えば、1ヶ月に1キロ痩せる、1センチ減らす、などと決めておきます。
たった1キロと思うかもしれませんが、1年続けば12キロなので、長い目で見れば、やり甲斐になるのではないでしょうか。
もちろん、ハードルを少し高くしてもいいですが、始めてすぐから効果が発揮できるとは限らないので、まずは目標もハードルを低くすることがオススメです。
2人以上で楽しむダイエット
三日坊主、四日坊主となってしまう原因には、ダイエットをやめやすい状況にいるということも考えられます。
逆にダイエットをやめにくい状況へと自分自身を追い込むと、嫌でも続けなくてはいけなくなります。
そんな状況を手軽に作るには、友達や家族、職場の同僚など、同じくダイエットを考えている人とともに励まし合い、競い合いながら取り組むことが一番です。
互いに厳しく監視し合ったり記録を見せ合ったりと、約束事を決めておくといいでしょう。
自分自身を責めない
時には、家族とお出かけや友人との会食などで、一日だけサボッてしまうということもあるでしょう。
そんな日があっても、あまり強く自分を責めないようにすることも重要です。
やはり無理なことと思ってしまえば、続けられなくなりますね。
1日や2日くらい大丈夫、ちょっと休んだだけ、と思って、気持ち新たに再開するようにしましょう。
ダイエットも始めが肝心です。
そのまま流れに乗ってしまえば、ダイエットも自然と習慣化していくはずです。