リーズナブルで気軽にスウィーツを楽しめるお店と言えば、やはり「ミスタードーナツ」が真っ先に浮かびませんか?

ダイエット ドーナツ

>>痩せたい人は要注意!便秘になってしまう意外な食品
>>危険なファストフードランキング【アメリカの肥満と密に関わっている?!】
季節ごとの新商品なども加わって、宣伝文句につい立ち寄りたくなりますよね。
とはいえ、何と言ってもダイエッターには強敵とも言えるドーナツですから、なるべく強い意志を持って避けたいところ。
そこで今回は、ミスタードーナツ好きダイエッター必見、ミスタードーナツ栄養成分表をベースに、ダイエット中にオススメなドーナツをランキング形式でお伝えしましょう。
注: Jr.サイズは省いており、中には、期間限定のもの、製造が終了しているものがあるかもしれません。
高カロリーランキング
1位: ツイスティ コーヒー 369kcal
2位: ツイスティ ハニー 360kcal
3位: ポン・デ・ショコラ生 チョコクランチ 328kcal
上位にあがっている「ツイスティ」は、揚げパンに似たもので、甘いだけでなく油で揚げているために、カロリーはかなり高めです。
ボリューミーで食感もいいことから、軽食として楽しむ方も多いそうです。
ただ、カロリー計算をされている方には、まさに要注意ですね。
>>高カロリーな食事をしている国ランキング
>>宴会や居酒屋で気をつけたい高カロリーなメニュー
>>高カロリーな果物ランキングベスト10を知って効率的にダイエット
低カロリーランキング
1位: フレンチクルーラー 169kcal
2位: エンゼルフレンチ 202kcal
3位: エンゼルクリーム 206kcal
ミスタードーナツでの定番、ふわっとした軽い食感が昔から大人気のフレンチクルーラーがダントツトップです。
中が空洞になったドーナツなので、意外と高いカロリーの摂取にならずに楽しめます。
低カロリーな上に、シンプルで飽きのこない味わいは、ついもう一つ…と、過食を引き起こしかねませんが、そこは堪えることをお忘れなく(笑)。
>>カロリー0は太らない?低カロリー商品のカラクリ
>>カロリーが高いけどダイエットに効果的な食品がある
高炭水化物ランキング
1位: ツイスティ コーヒー 42.7g
2位: ツイスティ ハニー 41.2g
3位: ゴールデンチョコレート 37.6g
またしても、ツイスティが上位を独占です。
量としては、おやつというよりも、ブランチのように考えるべきかもしれません。
低炭水化物ランキング
1位: エンゼルフレンチ 12.9g
2位: ゴールデンフレンチ 15.2g
3位: フレンチクルーラー 15.6g
生クリームたっぷりの内側に、チョコレートたっぷりの外側である特徴を持つ、ボリュームを感じさせるエンゼルフレンチの方が、シンプルさ際立つフレンチクルーラーよりも意外と炭水化物が低めとは、嬉しい結果と言えますね。
>>低炭水化物ダイエットを始める前の注意点
>>LDL値を増やしてダイエット効果を高めつつ空腹感を満たす方法
高脂質ランキング
1位: ダブルチョコレート 19.7g
2位: ポン・デ・ショコラ生チョコクランチ 19.2g
3位: ポン・デ・ライオン ドーナツ 19.1g
やはり、脂質が多く含まれているチョコレートがたっぷりなドーナツが上位に。
毎日のようにチョコレートを食べている方には、脂質の過剰摂取にも十分に注意をしなくてはいけません。
低脂質ランキング
1位: ポン・デ・桜 10.0g
2位: ポン・デ・桜もち 10.3g
3位: フレンチクルーラー、ハニーチュロ 11.0g
旬のメニューが上位にランクインです。
桜味には賛否両論があるようですが、脂質が気になる方には是非ともお試しあれ。
>>痩せやすくする野菜や果物は苦手な人にもおすすめ
>>痩せやすくするお肉や魚で痩せ体質への筋肉作り
全体的に見てみると、カロリー、炭水化物、脂質のトータルでは、フレンチクルーラーが上位にランクインしており、ダイエット中に選びたいメニューの一つと言えそうですね。
ダイエットと言えば、カロリーばかりを気にする方が多いようですが、血糖値に働きかける炭水化物の量にも注目したいところです。
また、低炭水化物であっても、脂質は後に中性脂肪となり体内に溜まっていくので、ともに少なめを選ぶことが特にオススメです。
>>痩せるダイエット方法考察【ヤセメモ】