ダイエットの失敗理由に、「タイミング」もあるとしたらいかがでしょう?

どれほど頑張っても痩せられない…そんな方には、まさにダイエットをするタイミングが間違っている可能性も高くあるのです。
個人差があるものの、定期的に来る生理中では、何をしても痩せられない傾向が強まるようです。

また、生理中にダイエットを始めた場合、モチベーションが下がって、続けられなくなることも。

その要因に、生理1週間前から生理中では、ホルモンバランスにより新陳代謝が悪くなることから、身体は水分を蓄えようとして、結果的にむくみやすくなったり、脂肪が燃焼されにくくなったりすることが考えられています。

また、精神的にアンバランスな状態となりイライラが続く、食欲旺盛を感じる時期でもあるので、逆に体重が増えてしまうということも珍しくはありません。

それでなくても生理中はイライラするものなのに、減らしたい体重が増えてしまうだなんて、余計にイライラが増してしまい、ストレスが溜まりたまってドカ食いに…なんて恐ろしい悪循環も起こりそうですよね。

これからダイエットを始めようとしている方には特に、大事なポイントとして、スタート時期、「タイミング」を気を付けるようにしましょう。

そして、以下にお伝えする、効率良く効果的に痩せるために必要なタイミングダイエットのコツを覚えて、リバウンド知らずの痩せ体質へと繋げたいものですね。

 

痩せやすい時期にダイエットをスタート

その時期とは、「生理が終わった直後」。
この時期にスタートさせることで、効率良く体重減少を行えます。
このタイミングは逃さないように!

 

体重を毎日チェック

生理リズムは人によってそれぞれです。

まずは自分の生理リズムを理解するためにも、体重管理は毎日しておきたいもの。
ダイエットを始めようと決心した日から、毎日同時間に体重測定を行い、痩せやすい時期をしっかり把握できるようにしましょう。

 

朝食をコントロール

体内の毒素の排出、排泄をスムーズに行うためには、パンとスクランブルエッグなど、炭水化物をメインとした朝食は避け、フレッシュな果物や野菜から作った生ジュースを1杯飲むようにしましょう。

そうすれば、身体に蓄積された脂肪の燃焼効果を高め、痩せやすい体質作りへと繋げられます。
そして、お昼にはお好きなものを食べてOKです。

 

有酸素運動で体温上昇

痩せやすさを追求したタイミングダイエットですが、既に低体温であれば、代謝力が著しく低下しているため、うまく痩せることが難しくなってしまいます。

体温を上昇させるためにも、活性酸素が発生することなく脂肪燃焼を効果的に行えるウォーキングがオススメ。

ヒールが高い靴より、足の裏全体をまんべんなく使って歩きやすい運動靴を履き、最も脂肪がつきやすいお尻や太ももを常に意識しながら、1日に60分は歩くことが理想です。

月経周期を利用したタイミングダイエット、いかがでしたか?
ストレスフリーなダイエットを始めることは、誰にとっても夢のようなこと。

ちょっとしたタイミングでそんなダイエットが行えるのなら、是非とも始めてみたいものですよね。
コツをしっかりとおさえることが肝心です。

 

>>痩せたいと思った時に要注意|痩せる痩せないは紙一重?