痩せたいと思った時に要注意

痩せたいと思った時に要注意|痩せる痩せないは紙一重?

このエントリーをはてなブックマークに追加   


すっきりフルーツ青汁をもっと詳しく見てみる >>


その情報は正しい?本当?騙されてはいけないダイエットの迷信

 

痩せる痩せない

 

雑誌やインターネット、TVなど、ダイエットに関する情報が豊富に扱われています。
ただ、その情報は本当に正しいのでしょうか?
今回は、「騙されてはいけない、ダイエットの迷信」についてお伝えしましょう。

 

>>痩せる方法|痩せたい人が短期間で成功する方法ランキング

 

迷信1

朝食はガッツリと食べるべき

朝食抜きでは、お昼と夜に過食気味になることが多く、ダイエットにはNGとよく言われます。
そんなNG説から、「朝にガッツリと食べれば、昼夜が小食になる」という誤解が生まれたとか。
実際には朝でも夜でも、過食すれば摂取カロリーもオーバーとなって当然ですね。
ドイツでの研究によれば、ガッツリと朝食を食べる人の方が、そうでない人よりも1日における摂取カロリーが400カロリーも高いことが判明。
つまり、朝食の量は、その後の食事量に影響を与えないということなのです。
朝食だけではなく、ダイエットではまず、1日の総摂取カロリーを考えることが必要ですから、バランスが良い3食を心がけましょう。

 

迷信2

食事は少量ずつで回数を増やす方が基礎代謝に効果的

この方法では、脂肪燃焼がされやすく、太りにくい体質になるとされていますが、これも決して正しいとは言えません。
もちろん、人によっては、この方法で食欲が抑えられ、ダイエットも成功へと導けます。
ところが、小分けにされたローカロリー食の食事回数を増やす意味を持つ方法なのに、中には知らずと高カロリー食を少量ずつにして回数を増やしていることも。
とにかく少量で食事回数を増やすだけ、と安易な考え方では、当然太ってしまいますよね。

 

迷信3

低脂肪食品は低カロリー

「脂肪=悪者」という強いイメージを持っていると、お店の食品売り場でも、つい「低脂肪」と表示された商品に惹かれるのではないでしょうか。
ただ、低脂肪だから低カロリーとは限りません。
低脂肪にする代わりに、糖質やタンパク質、炭水化物などが多く含まれ、高カロリーになっている場合もあるのです。

 

迷信4

深夜の食事は太るもと

本来ダイエットといえば、1日における摂取カロリーが消費カロリーよりも上回れば太り、下回れば痩せるという実にシンプルなもの。
深夜のドカ食いは、消化不良を引き起こすリスクが高まるので、オススメはできませんが、単に「深夜に食べると太る」というのではありませんね。

 

迷信5

ダイエット中には食べ物のことを考えない

食べ物のことを考えては食欲が増してしまう、と思われがちですが、実のところ、食べ物に関する妄想が、ダイエット効果を高めるという研究結果も発表されています。
その研究によれば、被験者に特定の食べ物を繰り返し想像させ、その後にその食べ物を提供したところ、想像しなかった場合よりも食べる量が減ったとのこと。
つまり、しつこく何度も食べ物を想像することで、本当に食べたような気になり、満足感が得られるのです。

 

迷信6

炭酸飲料よりもスポーツドリンクの方がヘルシー

確かに、スポーツドリンクには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、運動後の栄養補給に最適といわれるものが多くあるでしょう。
でも、糖分やカロリーにおいては、炭酸飲料と同様に高いものもあり、あまり運動をしていない人がスポーツドリンクを大量に飲めば、糖分・カロリーオーバーになって当然です。
しかも、ビタミンやミネラルは、日頃の食事で十分な量を摂取可能ですから、その栄養分のためだけに、スポーツドリンクを大量摂取する必要はありません。

 

迷信7

食事制限の継続がダイエット成功へ繋がる

食生活の見直しにより、健康において様々なメリットはあるものですが、食事制限だけでは、ダイエットを成功させるには無理があります。
ダイエッター追跡調査によると、食事制限だけでは、体重の5〜10%以上の減量は難しいとのこと。
結局は体重が落ちなくなり、ダイエットを途中挫折、リバウンドするというケースが多いようです。
つまり、ダイエットの成功を望むのであれば、食事制限だけではなく、適度な運動も取り入れたりして、生活習慣を見直す必要があると言えますね。

 

迷信8

炭水化物を摂らなければ痩せる

高タンパク質で低炭水化物の食事がダイエットに向いている、とよく耳にしますが、これも正しいとは言えません。
確かに、炭水化物の過剰摂取は、その余分が脂肪として蓄積されてしまいますが、過剰摂取でなければ、「炭水化物=肥満」と成り立つのではないのです。
炭水化物は悪モノではなく、パンとバターやパスタとクリームソースなど、炭水化物に添えられるものが太るもととも言えますね。
さらに、炭水化物抜きで、高タンパク質を大量摂取すると、総摂取カロリーがオーバーことも。
特定の栄養素を重視するのではなく、カロリー計算とともに、様々な栄養素をバランス良く摂取することが、ダイエットの基本であり大切なことですね。

 

迷信9

適度な運動をしておけば、どれほど食べてもOK

長時間運動したからといって、暴飲暴食がOKかというと、そうではありませんね。
ダイエットは、摂取カロリーと消費カロリーの量に左右されます。
長時間の運動後に、暴飲暴食をすれば、せっかくの消費カロリーも帳消しとなり、摂取カロリーがオーバーすることにもなりかねません。

 

これからダイエッターとしてライフスタイルを変えようとされている方は、迷信に振り回されず、正しい知識を持って、ダイエットを成功へと導いて下さいね。

 

「ゆっくり食べる」を習慣づけて太り体質を予防する

基本的なダイエットの心得の一つとして、「よく噛んでゆっくり食べる」ということが頻繁に言われています。
では、何故ゆっくり食べることがダイエットに効果的なのか、ご存知でしょうか?

 

満腹感が得られた場合、脳へとその情報が伝わるのですが、実際に身体が満腹感を得るには時間がかかるもの。
そのために、ゆっくりと時間をかけて食べることで、過食前に満腹感を得られるようになり、太り体質を予防できるわけです。

 

以前に発表されたロードアイランド大学の研究結果では、食べるスピードが速い人は、遅い人と比べると、体重が増え気味であること、またその数字では最大約8キロの増加であることが分かっています。
同様に、速く食べる人は肥満度の数値「BMI値」も高めているそうです。
さらに、他の研究では、速く食べる人は9分間の摂取カロリーが約646kcalだったものの、15〜20回ほどよく噛んでから飲み込むという時間をかけた食べ方をする人の摂取カロリーは、29分間で約579kcalという結果が発表されています。
必須栄養素のためにも、1日に3食をしっかり摂ることがオススメですが、カロリー消費のためには、1食をゆっくりと時間をかけて食べるようにしたいですね。
そのスピードの目安として、1分間に約87グラムを食べることが「速い」とされ、約70グラムでは「普通」、約56グラムが「遅い」とされています。

 

噛む回数を多くして、ゆったりとした食事時間を摂りながら、日々の生活の中に有酸素運動などの適度なエクササイズもプラスすれば、カロリー消費も十分に行われて、痩せ体質も遠くはありません。

 

ゆっくり食べて痩せ体質を作る…とても簡単なダイエット法に見えますが、ただ食事時間を長くすればいいというものではありませんね。
ゆっくり食べる方法を利用しながら、無意識の内にゆったりとした食事時間を過ごすことも、脳へ満腹感のサインを早急に送る手段になります。
では、その方法をいくつかご紹介致しましょう。

 

男性と同じペースはNG
研究結果によれば、男性が食べる速度は、女性の速度よりも著しく速いということが分かっています。
男性との食事では、ついそのペースにつられて速く食べがちですが、会話を多くするなどして、ゆっくりペースを心がけましょう。

 

よく噛む
これはもう基本中の基本、よく噛んで食べるということは必須ポイントです。
一度食品を口に入れたら、最低でも15回は噛むようにしましょう。

 

ナイフやフォークを使用
手で食べるよりも、ナイフやフォークを使用した方が手間がかかり、その分速度を遅くできます。
この際マナーもしっかりと覚えて、おしゃれな食べ方で痩せ体質作りもいいですね。

 

精製された穀物よりも、全粒穀物を選択
時間をかけやすいように噛みごたえを考えれば、精製されたものよりも全粒の穀物の方がBetterです。
さらに健康的でもあるので、噛む時間を増やしながら、ヘルシーダイエットが可能ですね。

 

ムード作りをプラス
薄暗い照明やゆったりとした音楽をかけるなど、リラクゼイション効果が高い雰囲気の中では、ゆっくりとした食事が可能です。
逆に、明るい照明や活気だった騒がしさの中では、速く食べる傾向が強いので要注意。

 

上記のポイントを習慣にすれば、痩せ体質作りも簡単です。

 

痩せるエステ 痩身エステの総合評価ランキング

 

同時に、しっかりと噛むことから顎の筋肉も鍛えられて、小顔作り(顔を細くする方法や顔の部分痩せ)も夢ではないかも?!


TOPへ戻る >>痩せる方法|痩せたい人が短期間で成功する方法ランキング




【勧誘なし】痩せなかったら全額返金 >>



ダイエット食品ランキング


痩せるエステランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加   

痩せたいと思った時に要注意|痩せる痩せないは紙一重?記事一覧

子供の頃によく、「魚を食べれば頭が良くなる」と言われた経験を持つ方は多いはず。特に青魚には、脳の必須栄養素で、記憶学習機能を司る部位に多く存在する必須脂肪酸「DHA」(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれていることも有名です。つまり、「魚を食べれば頭が良くなる」ということも、単に魚嫌いの子供に向けたしつけ用語というだけではないということですね。では、同じく脂肪酸の「EPA」(エイコサペンタエン酸)に...

「パスタは太る」、「健康にはフルーツジュースが一番」など、世の中には様々な食材情報が溢れていますよね。>>高カロリーな果物ランキングベスト10を知って効率的にダイエットダイエッターとしては、参考にしたい情報が多くあるものの、中には誤解を招くような情報もあるそうです。今回は、栄養面において誤解されやすい食材をいくつかご紹介します。●「フルーツジュース」が「フルーツ」と同じと思っているなら、NG!ジュ...

生理前から生理中と言えば、太りやすいといわれる時期。でも、生理前7日間に豆乳を摂取するだけで、生理後の減量がしやすくなるといわれています。排卵期が過ぎれば、母ホルモンといわれる「プロゲステロン」の量が増え、女性の身体は妊娠の準備期間に入ります。そのために、生理前では食欲旺盛となり、代謝が低下、脂肪はつきやすくなり、余分な水分や老廃物の排出が上手く行われず、むくみ症状を感じるようになるため、とても太...

ダイエットの失敗理由に、「タイミング」もあるとしたらいかがでしょう?どれほど頑張っても痩せられない…そんな方には、まさにダイエットをするタイミングが間違っている可能性も高くあるのです。個人差があるものの、定期的に来る生理中では、何をしても痩せられない傾向が強まるようです。また、生理中にダイエットを始めた場合、モチベーションが下がって、続けられなくなることも。その要因に、生理1週間前から生理中では、...

リーズナブルで気軽にスウィーツを楽しめるお店と言えば、やはり「ミスタードーナツ」が真っ先に浮かびませんか?>>痩せたい人は要注意!便秘になってしまう意外な食品>>アメリカの肥満と密に関わっている危険なファストフードとは季節ごとの新商品なども加わって、宣伝文句につい立ち寄りたくなりますよね。とはいえ、何と言ってもダイエッターには強敵とも言えるドーナツですから、なるべく強い意志を持って避けたいところ。...

ダイエット開始から三日坊主で失敗しない為の5つの方法ダイエットを始める前に、「ダイエットといえば三日坊主」という定義が既にできあがってはいませんか?健康的なダイエットを始めても、すぐには効果が出ないため、三日坊主になる人はやはり多いですよね。では、少しの努力で痩せられる日常習慣ダイエット方法では別に説明していますが、ダイエットをせめて三日以上継続させる方法を取り入れてはいかがでしょうか。●一週間分...

朝は問題がなかったブーツが、夜にはキツキツ…ダイエッターの大敵であるむくみに悩まされている方、とにかく短期間で美脚を手に入れたいと思っている方に朗報です。まず、むくみの大きな原因では、「カリウム不足」が挙げられます。体内におけるイオンバランス調整に役立つ栄養成分、「カリウム」は、細胞での水分代謝を十分に活性化させ、身体に溜った余分な水分と塩分の排出に効果的と言われています。そんなカリウムが足りなく...

ビタミンCが豊富に含まれていて、すっきりとした酸味、爽やかな香りを放つなど多くの特徴を持つレモンは、美容効果を高める素材の一つとして、多くの女性が生活に摂り入れているようです。>>ドリンクバーを活用してダイエットに結びつける方法とはいっても、レモンが持つ優れた効果・効能についてあまり詳しくないまま使っているという方も、意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は、今まで知らずとレモンを取り入れてい...

サラダ好きなダイエッターは、やはり健康的なダイエットを始めやすい利点があります。ただ、現代は昔と違い、土壌成分も随分と変わってきたために、野菜の栄養価にも変化が出ていると言われています。豊富な野菜を食生活にプラスし、栄養素をまんべんなく摂取することが大切とはわかっていても、やはり全ての野菜を毎日摂ることはかなり難しいものです。結局好きな野菜ばかりに偏ってしまい、ダイエット以前に、栄養不足になる可能...

ダイエットでは、厳しい食事制限も昔ながらの方法の一つですが、一定期間の減量には成功しても、空腹感のストレスなどから、結局はリバウンドへと導かれる方がほとんどのようです。そんな中、栄養管理士が唱える「食べるダイエット」では、食べることでカロリーの消費をさらにアップさせ、燃焼する身体作りを理想としています。では、そんな食べながら痩せるコツとは、一体どのようなことなのでしょうか。「食べるから太ってしまう...

ダイエッターにとっては、1日における摂取カロリー量と消費カロリー量は、とても重要なもの。厳密には、性別、年齡に加えて、1日の運動量などから、個人に合う必要摂取カロリーを算出するので、適正カロリーは人それぞれですね。また、アスリートであったり、人種による骨肉量、身体の大きさの違いからも、必要摂取カロリーは大きく異なってきます。とはいえ、欧米では1日に摂取する平均適正カロリー量が、通常の成人男性では2...

肥満の大きな原因は、「暴飲暴食」、「運動嫌い」、「遺伝」だと思っていませんか?デスクワークであまり動かないから、食べていなくても太ってしまう…そんなふうに感じている方は、もしかしたら座り方に問題があるのかもしれません。少しの努力で痩せられる日常習慣ダイエット方法でも少し紹介していますが、座り方も、体型に影響を与える行為の一つであり、特にデスクワークが生活のメインとなっているダイエッターには要注意で...

お花見や歓送迎会など、一年を通して、何かとパーティは多くあるものです。お付き合いで断れないことも多く、パーティにつきものな美味しい料理や大好きなお酒…ダイエッターには少々つらい一時になりそうですね。実際に、暴飲暴食を後悔したことがあるという人も少なくはないでしょう。そんな暴飲暴食からダイエットを再開させるには、やはり適度な運動や食事制限による調整が効果的なのでしょうか?もちろん、効果発揮となればい...

ダイエッターの方の中には、太ってしまった原因を追求している方も多いことでしょう。ただ単に過食であったとしても、過食にしてしまった要因が必ずあるはず。そんな要因には、意外なことも隠されています。●ダイニングやキッチンの色赤色と言えば、血圧や心拍、食欲を高めるとされ、黄色では、エネルギーや幸福感、赤色同様食欲も高めるとされています。つまり、ダイニングやキッチンが赤や黄、オレンジなど暖色系であれば、自然...

肥満の原因の一つに、「早食い」がよく挙げられていますが、その早さには、「1食の食事時間が20分以内」とされています。このことには、人の身体に負担がかかりにくい消化のために、20分以上もの時間が必要であること、そして、食事中であるという合図を脳に送り、満腹状態を感じやすくさせるにも同程度の時間がかかることにあります。とはいえ、忙しさが先立つ現代人には、ゆったりとした食事の時間を持つこともなかなか難し...

多くの雑誌やTV番組などで、今話題になっているダイエットフードとその栄養素などがよく紹介されています。ただ食べないだけのダイエット?本当に改善した食生活の真実とはでも紹介しているトマトやにがり、健康にも気遣った太るフルーツと痩せるフルーツとはでも説明しているバナナ、おからなど、まさに数えきれないほどのダイエットフードが取り上げられては、お店で品薄になるという状況から考えて、やはりダイエットブームは...

ダイエッターに大人気の「酵素ドリンク」>>産後に効くダイエット商品の口コミランキング試した方も多くおられることでしょう。その効果に、デトックスや代謝改善に加えて、アンチエイジング、便秘解消、肌荒れなど、多く伝えられていますが、本当にそれほど効果的なものなのでしょうか?●酵素ドリンク選び身体に不可欠な成分である「酵素」とはいえ、体内での生成には限度があり、生活が不規則なことから酵素不足が起こると、代...

リバウンドをしないダイエット法…そんな方法があるのなら、是非とも試してみたいものですよね。最近ではまさに様々なダイエット法を耳にしますが、間違った方法や途中で挫折するなどから、最終的にはリバウンドをしてしまったという人も少なくはありません。今回は、そんなリバウンドを避ける方法をご紹介しましょう。●体重にこだわらないこと人によって、外見と体脂肪は全く別モノ。スリムに見える女性であっても、体脂肪率が3...

過去に、多くの芸能人やモデルなどの中でも流行り、話題になった「炭水化物抜きダイエット」。今でも続けている方はおられるのでしょうか?お米、麺類などの炭水化物を摂らないというダイエット法では、長期間続けた場合に様々なリスクを伴うことが言われている上に、おかずから脂質を摂り過ぎるようになり、肥満や生活習慣病の原因となってしまう可能性を高めるとされています。効率が良いダイエットのために一切炭水化物を抜いた...

肥満の原因の一つである「冷え性」になったきっかけとして、加齢や筋肉の減少、無理なダイエットによる体質の変化など、様々なケースが考えられますが、朝の過ごし方もその一つであることをご存知でしょうか?●低体温の早朝一日中変化し続ける体温では、早朝4時頃が最も低い時であり、その後お昼まで徐々に上昇するのが一般的です。ホルモンの関係もあるものの、就寝時では副交感神経が優位であるため、血管が拡張され血流は良く...

寒い時期になると、家族や友達と鍋料理を囲みながら、団欒を楽しみたくなりますよね。準備も楽ということから、特に冬には人気料理となっています。さらに、ダイエッターにとって野菜も多く摂取できる鍋料理は、「低カロリーでダイエット効果抜群」と信じて疑わない人も多いのでは?カロリー0は太らない?低カロリー商品のカラクリも見て欲しいのですが、全ての鍋料理が低カロリーとは言えません。使用する素材次第で、高カロリー...

ダイエット中だからと、人参やセロリをかじるだけ、味付けは一味やコショウのみ、毎日変わり映えがしないスープ…などと、楽しめない食事にストレスを感じていませんか?ダイエットのためとはいえ、やはり量も豊富で美味しい食事を楽しみながら、ストレスフリーなダイエットライフを楽しみたいものですよね。>>痩せたいと思った時に要注意|痩せる痩せないは紙一重?そこで今回は、いつもの食事にダイエット効果をプラスする、と...

美肌に便秘予防、ダイエットなど、女性のための美ボディを作る食べ物では、「りんご」もその一つです。■美肌に関する記事>>効果的に汗を流して痩せ体質作りと美肌を得る方法>>安くて美肌とダイエットに適している野菜とは>>お安く美肌とダイエットに効く野菜を摂取 ■便秘に関して関連して書かれている記事>>便秘解消方法|便秘を治す効果的な方法>>便秘解消に効く発酵食品で肌荒れ知らずの美肌もキープ■痩せる方法に...

お酒のおつまみにもよく登場し、高カロリーのナッツ類。そのカロリーの高さに、避けがちなダイエッターも多いのではないでしょうか。ところが、バルセロナ大学の研究チームによると、「一握り程のナッツは空腹をしのぐ上、脂肪燃焼の働きがある」と判明したとか。ナッツには、人の精神面に大きく作用する神経伝達物質の「セロトニン」と、かなりハイレベルな関連性があり、食欲を抑制する働きに加えて、少量で満腹感や幸福感を与え...