ダイエット法では、炭水化物抜き、または低炭水化物という方法がとても人気のようです。

確かにこの方法では、体重を減らすだけではなく、コレステロール値低下の効果をも期待できますが、ただ炭水化物を減らせばいいだけという考え方になってはいませんか?

もちろん、毎日の食事で炭水化物を減らしたり、夕食だけ炭水化物を抜きにすればダイエットに効果的ですが、その炭水化物分の空腹感が、結果的におかずの摂取量を増やすことも多々。

おかずで満腹感を得ようとするために、脂肪分が多いお肉料理や揚げ物、さらには卵がたっぷりと使われた甘いお菓子などを過剰に摂取してしまい、LDL値を上昇させる可能性を高めてしまうのです。

低炭水化物や糖質制限といった食生活の改善法では、何を減らすか、何を食べないようにするかということだけではなく、ダイエット効果を高めつつ空腹感を満たす方法も重要と言えますね。

LDL値や中性脂肪を下げながら空腹感を満たしてくれる食品では、「血中から減少させる食品」、「排泄を促進する食品」、「肝臓によるコレステロール生成の抑制に効果的な食品」など、様々な作用を持つものが考えられます。

ではここで、ダイエットを完全成功させるための食事改善に必要な、LDL値を下げる食品をご紹介していきましょう。

>>コレステロール(LDL)値を下げる食品(DHAとEPA)
>>コレステロール値の種類|良いLDLと悪いLDL
>>オリーブオイルの食欲抑制と満腹感とダイエット効果
>>食べ合わせダイエット方法を行う上でのポイント
>>HDLを増やす事で総コレステロール値の上昇は害がない