近年の健康診断では、3種類のコレステロール値が良くチェックされますが、どの値が最も高いのかが重要になります。
その3種類には、「総コレステロール」、「善玉コレステロール(HDL)」、「悪玉コレステロール(LDL)」であり、特に気にしなくてはいけない値はやはり、LDLですね。
中でも最も良くないとされるのは、LDL値が単独上昇している、またはLDL値と中性脂肪値がともに上昇しているというケースです。
その原因としては、夜遅くの食事や果物の過剰摂取、バターや動物性脂肪分の過剰摂取、運動不足などが挙げられます。

>>血糖値・中性脂肪を下げる【おとなの前菜】お試し購入|効果・口コミ
>>コレステロール(LDL)値を下げる食品(DHAとEPA)
>>LDL値を増やしてダイエット効果を高めつつ空腹感を満たす方法
>>オリーブオイルの食欲抑制と満腹感とダイエット効果
>>食べ合わせダイエット方法を行う上でのポイント
>>ダイエット中でも大丈夫?大好きなドーナツを楽しむために
>>ニコール・キッドマンのゆで卵ダイエット
>>HDLを増やす事で総コレステロール値の上昇は害がない
>>小型悪玉の増加が危険な理由|動脈硬化のリスクが上がる?