ストレス解消する方法

ダイエットに必要とされる基本的なことも日々頑張っているというのに痩せられない。

その原因に、神経の苛立ちもよく言われていますね。
イライラしやすいタイプといえば、自律神経の乱れが基になっていると言えます。

自律神経がアンバランスだと、代謝まで悪くして、「ダイエット中に眠れない女性が多い?不眠症の原因」でも説明していますが、不眠に陥る、イライラとした癖がついてしまうなど、結果的には痩せにくい体質にしてしまうのです。
ダイエット成功には、身体的・精神的にも悪影響を及ぼしてしまうような生活習慣を見直すことが必要です。

今回は、痩せ体質へと導く自律神経正常化の方法をご紹介しましょう。

痩せ体質へと導く自律神経正常化の方法

朝は早起きをして、時間に余裕を

バタバタと時間に追われる毎朝を過ごしてしまうと、副交感神経から優先順位を交感神経へと切り替えがうまく行われなくなってしまい、自律神経がアンバランスになるのです。
朝は時間との戦いという過ごし方では、精神的に悪影響。
余裕を持った朝の過ごし方ができるように、早寝早起きをする習慣をつけましょう。

電車の中では座席不要

自律神経をバランスよく保つためには、腸の働きを良くすることも必要です。
そのために、食生活の見直しはもちろんのこと、毎日適度な運動を続けることも必須条件ですね。
忙しくてそんな時間がないという方には、通勤・通学途中の電車やバスの中では座らないこと、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う、早歩きをするなど、日常生活に運動をプラスしながら、1日の総消費カロリー量を高めていきましょう。

疲労を感じたら深呼吸を

現代社会では、誰もが何かとストレスを抱えているもの。
そのストレスをいかに緩和するかが、現代人における永遠のテーマの1つですよね。
そんな緩和法として、日常生活で疲労を感じた瞬間には、その場でゆったりと深呼吸をしてみましょう。
体内に酸素を深く取り込むことにより、血流が良くなり、副交感神経をさらに活発化へと導いてくれます。
精神と身体のバランス調整が必要な時には、大きく息を吸い込んでから、ゆっくりと吐き出してみて下さい。

水分補給をこまめに行う

水分を多く摂るとむくみになるかも…と思われている方、ご安心を。
それよりも逆に水分不足の方が、細胞内にある水分の代謝を阻害し、むくみやすくさせてしまいます。
さらに、水の摂取により胃腸が十分に刺激されて、副交感神経の働きを高めてもくれるのです。
疲労や緊張を感じた時には特に、一口でもいいので、お水を飲むようにしましょう。

お風呂に浸かる

お風呂といえば、副交感神経と交感神経をバランスよく調整してくれる最高の場所です。
自律神経を落ち着かせる場合には、熱いお湯に長時間浸かるよりも、半身浴でリラックス効果を高めることがオススメ。
この方法が、不眠知らずで夜から朝にかけてぐっすりな時間を作ってくれるため、ダイエットにも最適と言えますね。
自律神経をうまく調整して、自然と痩せ体質へと導くには、やはり正しい生活習慣を身につけることが必須です。
痩せられないと悩んでいる方、痩せられない理由が間違った生活習慣に当てはまっていませんか?
心身ともに健康的な毎日を送ることが、ダイエットの基本中の基本ですよ。

>>ダイエットしても失敗ばかり・・・痩せる理由・痩せない理由
>>痩せるエステ 痩身エステの総合評価ランキング