健康的なダイエット法として根強い人気がある「白湯ダイエット」。

白湯 痩せる

>>ドリンクバーを活用してダイエットに結びつける方法

お湯を飲むだけというシンプルな方法も人気の秘密の1つとなっていますが、もちろん健康的なダイエット効果の高さも、痩せるお茶のようにダイエッターを継続させる理由と言えます。

今回は、身体の循環機能を正常にし、毒素排出効果も高めてくれる白湯ダイエットについて、痩せ体質が作られる理由、実践方法などを詳しくご紹介しましょう。

痩せ体質が作られる理由、実践方法など

産後の方は「白湯ダイエット」も参照下さい。

まずは、白湯ダイエットで痩せられる理由をご説明します。

血液循環効果、脂肪燃焼効果がアップ

お湯を飲んだ直後から、身体の血液循環が良くなり、胃や腸などの内臓機能が温められます。
内蔵温度が1℃上がると、基礎代謝率も約10~12%もアップされるので、脂肪燃焼効果は高まり、痩せやすい体質作りが可能になります。

内臓機能を活発化、老廃物の排出効果アップ

温められた内臓機能によって、内臓の働きは活発化し、消化作用促進効果をさらに高めることに。
その結果、体内に蓄積されていた老廃物が体外へと排出されやすくなります。

さらに、老廃物が排出されることで、腎臓や肝臓などの働きも活発化されるので、体内浄化も効果的に行われます。

尿量増加により、余分な水分を体外へ

お湯を体内に入れることで、血流やリンパ流も活発化し、体内の水分停滞を解消、尿として余分な水分を排出するため、尿量はアップ、体重は減少へと導きます。

便秘やむくみに悩んでいるダイエッターには、その解消効果が高く期待できるので、オススメですよ。
この通り、ただお湯を飲むだけといっても、様々な健康効果が身体の機能を高めて、ダイエット効果へと繋げてくれます。

白湯を飲む習慣のルーツには、インドの伝統医学である「アーユルヴェーダ」がベースとされています。
そして、効果的な白湯を作るには、正しい作り方をマスターする必要があります。

では、その正しい作り方をご紹介しましょう。

①水を入れたやかんを火にかけましょう

アーユルヴェーダによれば、ヒトが生きていく上で不可欠とされる1つに「火のエネルギー」が挙げられています。
今では電気ポットや電子レンジで時間をかけることなくお湯が作れるものですが、白湯ダイエットではガスの火を使ってお湯を作ることがオススメです。

そして、やかんには、沸騰してもふきこぼれがない程度の水を入れることが必須です。
ガスの火を使い、火のエネルギーでダイエット効果をさらに高められるお湯作りを始めましょう。

②沸騰後は火を止めずにそのまま10分間キープしましょう

今度は、「風のエネルギー」を取り込むために、沸騰してもやかんの蓋は開けておき、そのまま10分間は沸騰させ続けておきましょう。

風のエネルギーを取り込んだお湯では、胃腸の浄化効果を高めると考えられているので、沸騰直後に火を止めることは絶対NG、時間に余裕を持ってお湯作りを。

もちろん、蒸発により水の量が少し減るということも覚えておかなくてはいけませんね。

③お湯をカップに注ぎましょう

10分間の沸騰タイムが終わってようやく火を止めます。
エネルギーが蓄えられたお湯を、お好きなカップに注いで、50℃前後の温かさになるまで待ちます。

ここで水を入れて薄めてしまうと、せっかく取り込んだエネルギーのバランスを崩してしまうことになるのでNGです。
朝に、1日分の白湯、800ml前後を作っておき、残りを保温可能なポットに入れておくといいでしょう。

エネルギーを取り込んだお湯が作れたら、いよいよ正しい実践法を行います。

白湯ダイエットでは、1日の間に800ml程を目安として、ゆっくりと少しずつ飲むことが効果的なのですが、その実践方法とポイントを詳しくご説明していきましょう。

おめざの1杯としてスタート

朝起きてすぐの胃腸は冷え気味なので、消化力を高くするためにも、まずは白湯で身体を温めることがオススメです。
飲み方としては、1口ずつゆっくりと10~20分程の時間をかけることが理想です。

朝食は、白湯を飲み終えてから30分程経過した時に頂きましょう。

丁度その頃が、胃腸による消化機能が活発化されていて、お腹に入った食べ物がしっかりと消化されるようになっています。

1日3食中に各1杯ずつを

朝食、昼食、夕食中に、少しずつ啜るようにゆっくりと飲むことで、効果がさらに高められます。

最初のうちは、個人によっては白湯が口に合わないと強く感じるかもしれませんが、蓄積していた体内の老廃物が排出されると、白湯に甘みを感じるようになります。
慣れることも肝心ですね。

白湯ダイエットでのポイント

1日に800ml前後

白湯による身体への水分吸収率はとても良く、過剰に飲んでしまうと、むくみを起こしたり、身体が必要とする栄養分までも排出してしまうことがあるようです。

そんなことを避けるためにも、1日に飲む分量は、約800mlを目安にしましょう。

一気飲みはNG

一気に飲み干すなど、時間をかけずに飲み終えてしまうと、胃液を薄めることになってしまい、かえって消化力を弱めてしまいます。
時間をかけてゆっくりと啜るように飲むことを心がけましょう。

冷まし過ぎNG

白湯は冷まし過ぎてしまうと、体内の毒素や老廃物を排出する効果を低めてしまいます。
常に人肌より熱めの温度、50℃前後で摂取するようにしましょう。

身体が必要とする水分量は1日に1.5~2㍑

白湯では、1日の摂取量として800ml程度となっていますが、ヒトの身体に必要な水分量としては、1日に1.5~2㍑と言われているので、白湯の800ml以外の分量には、お好きな飲み物を摂取してOKです。

とはいえ、ダイエット効果を高めておきたい場合は、糖分がないハーブティやお茶がBetterです。
さらに、胃腸を冷やすことがないように、常温か温かくして摂取しましょう。

生姜入り白湯の注意点

本来、白湯はそのままで飲む方がいいのですが、特に酷いむくみや冷えを感じている場合は、「生姜入りの白湯」もGood。
生姜には、身体を温める「ジンゲロール」という成分が含まれているので、身体の保温をさらに効果的にします。
ただ、生姜入り白湯を飲む場合は、朝限定にしておきましょう。

効果的な白湯の習慣化

白湯の効果は、水の種類による著しい変化はありませんから、日頃から飲み慣れた水を使用した白湯作りでOKです。

そして特に、冷たいものを多く飲食しがちな夏では、白湯の摂取を習慣化し、高い内臓機能効果を保つようにしましょう。
「温めて流す」という健康的なダイエット効果により、痩せ体質ゲットへと導く「白湯ダイエット」では、早い人で1週間程から基礎代謝アップ効果を感じられるそうです。

特に、冷えやむくみ、便秘というような症状を持っている人、まだ白湯ダイエットを試したことがないという失敗続きのダイエッターには、是非ともお試しあれ。
身体の中から嬉しい効果を実感できるはず。

>>ダイエットプーアール茶「茶流痩々」お試し最安値|口コミ・効果
>>食生活改善ダイエット【お腹痩せ成功の簡単な食習慣見直し方法】
>>ダイエットしても失敗ばかり・・・痩せる理由・痩せない理由