食事制限を始めて、食事量が減っているはずなのに太ってしまう…摂取エネルギー量が少ないはずなのに、何故か痩せないというダイエッターは少なくないはず。

食事制限 痩せない

今回は、そんなダイエッターのために、一日中それほど食べてはいないのに痩せられないケースによる大きな原因をまとめてみました。
当てはまる項目があるかどうか、要チェックです。

あまり食べていないのに痩せられない大きな原因

筋肉量が少ない

もともと男性よりも筋肉量が少ない女性には、特に大きな原因になっていると言っても過言ではないでしょう。
また、比較的酷い冷え症に悩まされている人、多少の運動くらいでは汗をかいたりしない人では、筋肉量が少ないと考えられ、基礎代謝が低下していることになります。

そのような代謝では、当然エネルギー消費も低下気味なので、食事制限をしたとしても食べたものがエネルギーになりにくく、脂肪へと蓄えられてしまいます。
そのようなことを避けるためにも、スクワットなど筋肉量を増やす運動を適度に行うことが必要ですね。

>>ダイエットに必要な筋肉はどれ?いらない筋肉と必要な筋肉
>>痩せやすくするお肉や魚で痩せ体質への筋肉作り
>>筋トレ前の知識|ダイエットと筋肉作り

1度に食べる量が多い

1回の食事が暴飲暴食気味になったりはしていませんか?
食事回数を減らしたとしても、1回の食事量を増やしていては全く意味なしですよね。

かえって、空腹感を持ったまま食べるということが、栄養吸収を高めてしまい、太りやすくさせることになってしまうのです。

多くの現代人では、朝食を抜いた1日2食という食生活が一般的になっているようですが、朝食を抜いた場合、エネルギー不足となり、昼食や夕食、間食で過剰にエネルギー補給を行ってしまうことも。

基本的に、ダイエットに効果的な食生活では、食事を抜くのではなく、「1回の食事量を減らして1日3食」を守ることが必要と言われています。

>>食べ過ぎてしまう・・・過食にさせる意外な要因とは
>>食べ過ぎたのを食べなかったことにする方法

十分な水分補給が行われていない

ダイエットに限らず、健康的なライフスタイルをキープする上では、水分補給がとても重要であり、疎かになってしまうと、便秘や代謝低下などを引き起こす原因になります。
もちろん、ダイエットにおいては、スポーツ飲料などの糖分を含んだ水分の補給ではなく、ミネラルウォーターやお茶などで補うことが必須です。

>>痩せやすくする野菜や果物は苦手な人にもおすすめ
>>脂肪燃焼させる超おススメの食べ物で無理なく美ボディ
>>小顔を作る為の理想的な食生活で若返り効果も期待できる
>>目のむくみを取りたい方にオススメの簡単な解消方法

不規則な生活

残業などから、夜遅くに食べることが多かったり、睡眠不足、運動不足などの状態が続いたりしていませんか?
不健康、不規則な生活習慣は、ダイエットに絶対NGです。

私達ヒトの身体は、エネルギー燃焼を行う日中による「活動の時間帯」、ゆっくりと休めてエネルギーの蓄積を行う夜間による「休息の時間帯」を持つようになっており、そのコントロールを行っているのが、脳の「自律神経」という部位になります。

そして、活動の時間帯でダイエットに必要なエネルギー燃焼効果を高めるためには、夜の十分な休息時間が必須になるのです。
当然ながら、より良い睡眠の時間をたっぷりと取って、朝の元気な起床から、健康的な活動生活を送ることが大切です。
いかがでしょうか?

「食べていないのに痩せられない」などと、ストレスを過剰に抱え込まず、まずはその原因を追及してみましょう。

そして、痩せやすい体質作りには、食事量を減らすことだけではなく、「早寝早起きで規則的な生活」、「適度な運動」、「一汁三菜でバランスがとれた食習慣」を意識したライフスタイルを心がけましょう。

>>食事制限をしているのに痩せない原因とは
>>生命エネルギーの吸収がカギ?酵素ドリンクの選び方
>>スルスル酵素は楽天・amazonで買うと損【最安値を紹介】