痩せる理由 痩せない理由

ダイエットしても失敗ばかり・・・痩せる理由・痩せない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加   


すっきりフルーツ青汁をもっと詳しく見てみる >>


長くダイエットに励んでいても、なかなか痩せられないという理由に、実は信じて疑わなかった「ダイエット知識」が全く間違いであった、ということも考えられます。

 

痩せない理由

 

ダイエット法も時代とともに変化を遂げていて、特にその効能効果については、近年の細やかな研究により、改善されていることも少なくありません。
まずは正しいダイエット知識を身につけることから始めてはいかがでしょうか。

 

>>痩せる方法|痩せたい人が短期間で成功する方法ランキング

 

間違った知識…食事は少量にすること
人が生きるためには、1日に最低でも1200kcalの摂取カロリーが必要とされています。
1日の必要カロリー量を摂取できていない場合、身体はカロリー蓄積を優先とさせて、かえって痩せにくい体質へと導いてしまいます。

 

>>産後に痩せるには授乳中(母乳)の摂取カロリーと計算式
>>コレストロールやカロリーの高いグルメコーヒーの危険性
>>カロリー0は太らない?低カロリー商品のカラクリ
>>カロリーが高いけどダイエットに効果的な食品がある
>>炭水化物と脂質における理想的なカロリーバランス
>>宴会や居酒屋で気をつけたい高カロリーなメニュー

 

間違った知識…お肉は贅肉のもと
お肉には、筋肉作り、代謝アップに役立つタンパク質が豊富に含まれています。
そんなタンパク質が十分に摂取されなくなると、筋肉を作りづらい身体となり、結果、代謝の悪さが痩せにくい原因となってしまいます。
オススメのお肉としては、脂質が少ない赤身肉、鶏胸肉、魚などがGood。
過食にならなければ、お肉を食べて太るということはありません。

 

間違った知識…ダイエット中にはサラダをメインにした食事を
サラダを中心にした低摂取カロリー食生活では、健康的なイメージがありますが、かえって痩せにくい身体作りをしていることに。
カロリーが低過ぎると、身体は飢餓のリスクを感じ取り、エネルギーの消費を抑制するようになり、脂肪を蓄積してしまうのです。

 

>>栄養素を効率的に摂取していますか?栄養価が低い野菜

 

間違った知識…痩せるためには運動第一
ダイエットにはハードな運動が一番と感じるダイエッターも多いようですが、特に日頃から運動不足の方が、ダイエットのためといきなり無理な運動を続けると、そのストレスからダイエットに逆効果となることも。
適度な運動も必要ですが、まずはタンパク質を増やした食生活により筋肉を増やすことを考えましょう。
筋肉が増えれば、脂肪燃焼効果も高まり、ハードな運動を行わなくても痩せやすい体質へと変わっていきます。

 

>>本気で痩せたい【痩せない人が失敗を回避する為に注意する事】

 

間違った知識…汗を流せば痩せる
汗が流れたということは、体脂肪が減少されたということ…そんなふうに思っている方、多いのではないでしょうか?
実際に、サウナや岩盤浴をした後に体重を測ってみると、体重が1〜2kgほど落ちていたということは多々あります。
ただ、発汗後の体脂肪計はあまり信用しない方がBetter。
家庭用体脂肪計では「生体インピーダンス測定法」が用いられており、この方法では、発汗後の体重が正確に測定できないという欠点があるようです。
つまり、発汗直後では身体の水分が減っただけ。
発汗直後の体脂肪率測定では、低めの数値が必ず表示されるので、信じないようにしましょう。
でも、痩せた気分を味わって、ダイエットの大敵であるストレスの緩和にはいいかもしれませんね。

 

>>効果的に汗を流して痩せ体質作りと美肌を得る方法

 

間違った知識…筋トレは筋肉太りを起こす
筋トレを始めてすぐから、ダイエット効果が現れるものではありません。
まずは筋肉を増やしている段階で、そのことが筋肉太りと思われているかもしれませんが、その裏では脂肪が減少し、基礎代謝量がアップしているのです。
要するに、身体の消費カロリー量が増えていることを意味しています。

 

>>筋トレ前の知識|ダイエットと筋肉作り

 

間違った知識…ダイエットでは好きなものを我慢すべき
ダイエットの成功には、「長期戦」を覚悟することがキーになっています。
とはいえ、その長い期間に大好きな食べ物を封印してしまっては、容易ではないダイエットに、さらなるつらさをプラスしてしまいます。
そのつらさがストレスとなり、結局ダイエットは継続できず…そのような痩せられない理由を経験したダイエッターは少なくないはずです。
我慢すると決めたのに、つい食べてしまった場合でも、罪悪感からストレスを受けてしまうことになりかねませんから、定期的に「好きなものを食べてOK」という日を決めておき、少量だけ食べるというストレスフリー・デイにすることがオススメ。

 

>>悪循環はダメ!ストレスや栄養不足が髪の毛に及ぼす影響
>>ダイエット中にストレス過剰による便秘に注意・解消方法

 

いかがでしたか?
間違った知識通りにダイエットを行っていたことが痩せない理由であったと、たった今理解された方は特に、正しい知識通りに効果的なダイエットを行い、成功へと導いて下さいね。

 

痩せるエステ 痩身エステの総合評価ランキング


TOPへ戻る >>痩せる方法|痩せたい人が短期間で成功する方法ランキング




【勧誘なし】痩せなかったら全額返金 >>



ダイエット食品ランキング


痩せるエステランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加   

ダイエットしても失敗ばかり・・・痩せる理由・痩せない理由記事一覧

毎日の運動に加えて、厳しい食事制限などを徹底し、ダイエットに成功、思い通りの体重まで戻せたのに、コレステロール値は上がってしまった…意外とそんなダイエッターは少なくないそうです。特に、30代、40代以上のダイエッターでは、メタボリックシンドロームのことも気にしなくてはいけませんから、ダイエット成功までの道のりでは、体重減量に加えてコレステロールのことも考えたいもの。>>コレステロール値の種類|良い...

大食いで有名なギャル曽根さん、ご存じの方も多くおられることでしょう。彼女が食べる量は、誰にとってもまさに過食症と言われるほどですが、それでも彼女自身がとても痩せていることは、羨ましくもあり不思議でもありますよね。>>ダイエットしても失敗ばかり・・・痩せる理由・痩せない理由ギャル曽根さんは、身長162cmで体重が45kgということなので、見た目だけではなく、本当に痩せ過ぎ体型というところ。そこで、過...

何をしても痩せないという悩みは、失敗続きのダイエッターにとって永遠の悩みですね。中でも、ダイエットを継続しづらいために、思ったように痩せられないという方には、その原因の1つとして、「脳の疲れ」が考えられるということをご存知でしょうか?ダイエットが継続せず、結果的に痩せられないという場合、意志の弱さからうまく継続ができなかったと思う方が多いようですが、決してそうとは言い切れません。本当の原因としては...

食事制限を始めて、食事量が減っているはずなのに太ってしまう…摂取エネルギー量が少ないはずなのに、何故か痩せないというダイエッターは少なくないはず。今回は、そんなダイエッターのために、一日中それほど食べてはいないのに痩せられないケースによる大きな原因をまとめてみました。当てはまる項目があるかどうか、要チェックです。●筋肉量が少ないもともと男性よりも筋肉量が少ない女性には、特に大きな原因になっていると...

ダイエットを続ける方たちの多くが経験する、何をしても痩せられないという壁。その壁の裏側には、気付かなかった様々な理由が隠されていて、まずはその再確認により、ダイエット効果を高める必要があります。今回は、そんな痩せられない理由のチェック項目を挙げてみますので、気になるダイエッターの方は、是非とも要チェックです。摂取カロリー量が過剰ではありませんか?ダイエットの成果を左右する要因の1つに、摂取カロリー...

食事制限や適度な運動…ダイエットに効果的と言われることを多く試しているものの、体重が全く減らない、痩せられないということ、ダイエッターではあれば、誰でも体験しているのではないでしょうか。頑張っているのに、その効果が数値に表れなかったら、それこそ精神的なストレスが強まって、暴飲暴食をしてしまいそうですよね。実際にそんなリバウンドを繰り返したりしているダイエッターが多いのでは?>>ダイエットしても失敗...

健康的なダイエット法として根強い人気がある「白湯ダイエット」。>>ドリンクバーを活用してダイエットに結びつける方法お湯を飲むだけというシンプルな方法も人気の秘密の1つとなっていますが、もちろん健康的なダイエット効果の高さも、痩せるお茶のようにダイエッターを継続させる理由と言えます。今回は、身体の循環機能を正常にし、毒素排出効果も高めてくれる白湯ダイエットについて、痩せ体質が作られる理由、実践方法な...

ダイエットに必要とされる基本的なことも日々頑張っているというのに痩せられない。その原因に、神経の苛立ちもよく言われていますね。イライラしやすいタイプといえば、自律神経の乱れが基になっていると言えます。自律神経がアンバランスだと、代謝まで悪くして、「ダイエット中に眠れない女性が多い?不眠症の原因」でも説明していますが、不眠に陥る、イライラとした癖がついてしまうなど、結果的には痩せにくい体質にしてしま...

ダイエットを頑張っている最中なのに、「太った?」と聞かれてしまうほど、太って見られてしまうということ、ありませんか?ダイエッターにはショックな一言ですが、実際には体重にそれほど変わりがなくても、部位の変化によって太ったように見られるということは珍しくありません。顔を細くする方法や顔の部分痩せでは顔を細くする方法を紹介していますが、今回は、太って見えてしまう原因と、その改善策をご紹介します。>>ダイ...