食事が楽しいと消化しやすい身体になる?楽しむことが重要

消化しやすい身体

ダイエットが成功しない、長続きしないという原因の1つに、痩せる為の食習慣は普段から気を付けて改善していくのがおすすめ体内の活性化も重要!ダイエット食習慣に効果的な調味料食べても痩せられる食べ方の法則・方法とはただ食べないだけのダイエット?本当に改善した食生活の真実とは等でも説明ししていますが食習慣が考えられます。
しかも、カロリー制限や糖質制限が行われていない食習慣ということだけではなく、食事がどのように行われているのかも、考える必要があるのです。
ダイエッターの皆さんは、毎日の食事を十分に楽しめているでしょうか?
子供に食べさせながら、自分の食事はつめ込むだけだったり、ダイエット中の罪悪感と不安感を抱きながらの食事、厳しい食事制限による味気ない食事、忙しさのあまり栄養面は考えずにインスタントばかり…そんな楽しさが感じられない食事をしていると、ダイエットも逆効果になってしまうことも。
そのシステムには、驚くことなかれ、食事の楽しさによって消化機能が大きく左右されていることが挙げられます。
では、食事の楽しさと消化機能の関連性とは、一体どのようなことなのでしょうか?
楽しさに惑わされる消化と吸収
消化機能が気持ちによって左右されるなんて、と思われているかもしれませんが、実は大きな関連性があるのです。
まず、食事を心から楽しんでいる場合、消化機能は正常な状態を保ち、消化吸収は順調に行われます。
そして、機能が正常的なために、身体に必要とされる栄養素が効率よく吸収されていくのです。
つまり、楽しい食事が健康や美容に繋がるということですね。
一方、食事をあまり楽しめていない場合では、ストレスや落ち込んだ気持ちが強いために、内臓機能は萎縮し、十分な働きはできにくく、消化不良を起こしてしまいます。
結果、便秘や下痢となったりして、食べたものの栄養は身体に行き渡りにくい状態になり、ひどいケースでは栄養失調状態になることも。
例えば、ダイエット中ということから、食に関して罪悪感を抱きつつ食事をするダイエッターは、便秘を引き起こし、かえって太り体質になってしまうというケースもあるのです。
効果的にダイエット成功への近道を考えている方には、楽しみながら食事をすることも大切ですね。
また、忙しさのあまり、ただ何でも詰め込むだけという食生活をしている方も多いようですが、栄養素がしっかりと吸収されないために、さらにイライラが増して、活力にならないことも。
なるべく食べる時間を守り、楽しめるような食事をした方が、仕事や家事、育児などもはかどらせながらダイエット効果を高められます。
もちろん、美肌効果にも繋がります。
さて、ここからは、楽しく食事制限をするポイントをお伝えしましょう。
食事制限によるダイエット法を効果的にするためには、現代女性の太る原因は栄養失調?食べるダイエットというのもありますが、楽しい食事を優先させることが大切です。
極端なカロリー制限はNG
1日の食生活において、1食分を抜いてしまうと、身体に栄養素は吸収されにくくなってしまいます。
毎食を決められた時間に摂ることで、身体は自然と食事制限に順応していきます。
本気で痩せたい【痩せない人が失敗を回避する為に注意する事】今売れているオススメのダイエット食品ランキングも参照ください。
偏食はNG
例えば、一時期大人気となったこんにゃくダイエットなどでは、長期に渡って続けることはオススメできません。
噛みごたえのあるこんにゃくも、適量であればいいものの、極端に長期間で食べ過ぎてしまうと、酷い栄養失調や便秘(便秘解消方法|便秘を治す効果的な方法も参考にして下さい。)のリスクを高める可能性も。
また、健康的に思えても、野菜だけを食べる、毎日野菜スープだけを食べるなど、野菜や果物だけにこだわった食事も避けなくてはいけませんね。
特にダイエット中では、豆類や野菜類、イモ類、海藻類、果物などに含まれる食物繊維、豚肉やうなぎ、玄米、納豆、木綿豆腐などに含まれるビタミンB群、肉類や魚類に多く含まれる鉄分、現代人に不足気味と言われているカルシウム、肉類や魚類、乳製品などに含まれるタンパク質の補給は忘れないようにしましょう。
食事制限とはいえ、バランスがとれた食生活を心がけたいですね。
バラエティ豊富なメニューを
楽しい食事ではやはり、様々なレシピを利用して、飽きを感じさせない盛りだくさんのメニューがGood。
時には調味料を減らして、よく噛みながら素材の味を存分に楽しめるメニューも健康的であり、満腹感を高めます。
※調味料を使った痩せる方法については体内の活性化も重要!ダイエット食習慣に効果的な調味料も参考にして頂ければと思います。
時には頑張っている自分にご褒美を
楽しみを作る方法の1つとして、短期間でのダイエット目標を立てておくのもいいですね。
例えば
・1週間、食事を1日1500kcalにとどめられたら、◯◯をする
・体重が3kg減るごとに、大好物の◯◯を50gだけ食べてもOK
など、目標達成ごとに、好きなことをする時間を作ってみて下さい。
ご褒美では少々カロリーオーバーとなっても、急激なリバウンドにはなりませんし、ダイエットのモチベーションを高めるためにも、気持ちを切り替える時間を持つことは大切ですね。
いかがでしたか?
是非とも現在のダイエット食生活を確認しながら、自分なりに楽しめる食事法をプラン立ててみて下さい。
ダイエットへと繋げる食事制限はつらいものですが、楽しめる工夫により、ダイエットをより効果的に行っていきましょう。