今回は、人気になっている脂肪吸収抑制に効果的とされている食品をご紹介します。
ダイエットに重要な脂肪吸収抑制効果を高めてくれるのであれば、使用している食品から置き換えてみてもいいですね。

キリンビバレッジ「キリンメッツコーラ」(飲料)

こちらの商品が他の炭酸飲料と違う点といえば、食事中に脂肪吸収を抑制するという「難消化性デキストリン(食物繊維)」が配合された特定保健用食品の炭酸飲料であるということ。

難消化性デキストリンには、食事から摂り込んだ脂肪分の吸収を抑制し、排出を促す働きを持っています。

つまり、食後の中性脂肪の上昇を抑えてくれるので、脂肪分が多めの食習慣を続けている方、食後の中性脂肪を気にしている方などの食生活改善のヘルパー的な飲料ですね。

とはいえ、栄養バランスが良い食習慣であることが第一です。

その食事中、食後すぐに、補助的な利用をオススメします。
注意点として、食事をしていないのにこの飲料を摂取しても、中性脂肪上昇抑制効果は得られないということを覚えておきましょう。

口から摂り込んだ食物は、胃の中で1~2時間程滞留するため、その時間内であれば、ある程度の効果が期待できるはずと考えられるようです。

さらに、難消化性デキストリンは、熱に対しても比較的強さがあるため、調理に使うこともできます。
コーラ煮に使うコーラも、置き換えてみてもいいですね。

 

→キリンビバレッジ「メッツコーラ」 http://www.kirin.co.jp/products/softdrink/mets/

日精オイリオ「ヘルシーリセッタ」(食用油)

食後にエネルギーへとなりやすい「中鎖脂肪酸」という天然植物成分の作用により、身体に脂肪を溜めにくくする特定保健用食品の健康油。
そのベースにはなたね油が使用されているので、あっさりでライトな風味に調理できます。

やや肥満気味の方、既に体脂肪が気になっている方には、毎日使っている油をヘルシーリセッタに替えてみることをオススメします。

→日精オイリオ「ヘルシーリセッタ」 http://products.nisshin-oillio.com/katei/shokuyouyu/kenkouoil/017732.php

ファイン「さよならSlimカロリー」(サプリメント)

3つの自然素材、「桑の樹皮」、「キトサン」、「ギムネマ」を配合したダイエットに強いサポート力を持つサプリメントです。

鈴鹿山脈の麓、滋賀県産の桑ブランドである「はやてさかり」が使われた桑の樹皮には、DNJ(1-デオキシノジリマイシン)という成分が含まれており、ギムネマに含まれるギムネマ酸同様、糖分の摂り込みを抑制するとされています。

さらに、キトサンは脂肪分の吸収抑制に作用すると言われているので、まさにダイエッターが求めるサプリメントではないでしょうか。

→㈱ファイン http://www.rakuten.co.jp/fine-kagaku/

サントリー「黒烏龍茶」

特定保健用食品のお茶であり、豊富に含まれているOTPP(烏龍茶重合ポリフェノール)という成分は、脂肪吸収抑制効果がとても高いとされています。

食事から摂り込んだ脂肪の吸収を、OTPPがしっかりと抑制する上、余分な脂肪は体外へと排出するので、食後での血中中性脂肪の上昇抑制を効果的にし、身体に脂肪をつきにくくさせます。

脂質多めの食生活を送っている方、既に血中中性脂肪値が高めの方、肥満気味の方の食習慣改善に有効的です。

 

→サントリー「黒烏龍茶」 http://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/product/

アサヒフードアンドヘルスケア「スリムアップスリム ブラックジンジャーティー」

5種類の美容植物成分、「プーアール」、「アカメガシワ」、「ギムネマ」、「ハトムギ」、「ドクダミ」と、美容と健康に効果的なポリフェノールの一種「ポリメトキシフラボン」を多く含むブラックジンジャーをブレンドしたオリジナルティーです。

ティーバッグタイプなので煮出し不要、手軽にどこへでも持ち運びが可能です。

含まれているプーアールでは、マウス実験での脂肪吸収抑制における有効性や、減量成功後のリバウンド防止効果について、2004年にアサヒ飲料研究所による研究結果が報告されています。

 

>>荒畑園 国産ダイエットプーアール茶「茶流痩々」で安心・満足なダイエット!

 

→アサヒフードアンドヘルスケア「スリムアップスリム ブラックジンジャーティー http://www.asahi-fh.com/company/newsrelease/2012/120806-2.html

 

置き換えダイエットおすすめできる商品

 

脂肪吸収抑制系の食品をいくつかお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?
既に利用されているダイエッターも多いかもしれませんね。

このような脂肪吸収抑制系の食品は、脂が多いものやスイーツ、炭水化物の摂取時に合わせて摂り込むようにすると、ダイエットへの働きが強まると考えられています。

ご紹介した飲料やお茶、油は食事と同時に摂取し、サプリメントは食事を摂る20~30分前と推奨されています。
その効果は、体内に過剰な糖質や脂肪を溜め込みにくくするものですが、早急に痩せたいからと、これらの食品を摂り過ぎることは禁物です。

お腹が緩んだり、胃腸の不快感など、食生活に支障をもたらすこともあり得ます。

必ず、製品に記述された注意事項、摂取適量を守るようにしましょう。
そして、ご紹介した商品はあくまでも食品であり、摂取したからといって、いつもより多めにご飯、スイーツやお酒などを摂り過ぎると、かえって逆効果になるので要注意です。

これさえあれば大丈夫、という安堵感ではなく、あくまでも補助として考え、食べ方や量など食習慣の改善、適度な運動といった日々の努力を継続することが、ダイエット成功への道に繋がると心しておきましょう。

 

>>痩せるエステ 痩身エステの総合評価ランキング