ダイエット中とはいえ、仕事や学生生活でのお付き合いで、外食の機会は多々ありますよね。

ダイエット中 外食

ダイエットを理由に断るのも難しく、宴会などの席では場を崩したくないから、食べないわけにはいかないし、結局暴飲暴食になってしまうということも少なくはないでしょう。

では、外食する時にも気をつけるデトックス効果のある食材食べる順番だけで太りにくい体質にできるダイエットの効果外食しても太らない為に食べ物を選ぶ習慣付けが大切等でも記事を書いていますが、避けられない外食をダイエットの味方にする方法はあるのでしょうか。

まず、ダイエット中だから食べてはいけないと強制的な抑制をすれば、ストレスになるばかりなので、痩せてキレイになりたいという目標などポジティヴな考え方を常に持ちながら、食欲をうまくコントロールすることが大切です。

もし宴会など(宴会や居酒屋で気をつけたい高カロリーなメニューも参考に。)の予定が早くにわかっている場合は、その前後1週間くらいで食べる量を調節するのもいいでしょう。

また、幹事役をかってでるのもGood。

宴会当日も、飲み物や会計の管理で忙しくなり、必然的に食べられないという状況が作れます。

そして、宴会中では、アルコール飲料の量にも要注意です。

アルコールには、満腹中枢を抑制する作用があるので、甘いモノや味が濃いモノを日頃よりも食べ過ぎることが多々。

楽しい場の中でも、自分がどのようなものをどれほど食べたのか、量をしっかりと把握しておくようにしましょう。

さらに、恐ろしいことと言えば、宴会後に迫り来る、甘いモノやラーメンへの欲求ではないでしょうか(笑)。

アルコールの後は、高カロリーのスイーツやラーメンなどを口にしたくなりがちですが、これはダイエット中でなくても健康面ではNGです。

まずは食べたい気持ちを抑えるために、歯を磨いたりガムを噛んだりするなどのアクションを取り入れましょう。

どうしても何かが食べたいと言う時には、わかめスープやベジタブルブロスなどでお腹を満たすこともオススメです。