低カロリー商品

ダイエッターには、「低カロリー」、「カロリー0」、「ノンオイル」など、魅力的な商品が多くあるものですが、これらは本当にダイエットに有効的なのでしょうか?
カロリー0とは言っても、食品100g、飲料100ml当たり5kcal未満であれば、カロリー0で表示が可能と、厚生労働省で決められており、すなわちカロリー0商品を毎日多く口にしていれば、太る可能性は高くなります。
そして、シュガーレスも同様に、砂糖、果糖や乳糖などの糖類が100g、飲料の場合は100mlで0.5g未満含まれているのであれば、シュガーレスと表示が可能になっています。
ゼロだから、レスだからと、多く食べても「無」ということではありません。
基準値より少なければ、このような表示が可能であることを覚えておいて下さい。
では、シュガーレスと低カロリーの商品が目の前にあるとしたら、ダイエット中ではどちらを選びますか?
この答えでは、それぞれの謳い文句がキーになります。

カロリー0という基準のように、低カロリーにも基準があります。

食品100gで40kcal未満、飲料100mlで20kcal未満なら、「低」、「控えめ」、「小」、「ライト」、「ダイエット」、「オフ」という表示が可能なのです。
ということは、シュガーレスの方が、カロリーは低め、ということになりますね。
脂質やコレストロールなどでも同様な基準が設けられています。
他に、含んでいる栄養素をアピールするのに、「源」、「供給」、「含有」、「使用」、「入り」、「添加」、「~より強化」、「リッチ」、「豊富」、「多」、「高」、「たっぷり」といった言葉の表示も、基準を満たさなければ使用不可能となっています。
ダイエット食品では、魅力的な言葉が目につくものですが、誘惑に惑わされず、食品表示と一日の量をよく考えて、ダイエットにうまく活用するようにしましょう。