ぽっちゃり 好き

日本では、劣ることを知らないダイエットブームが続き、世界の国と比べても、痩せ体型の女性が多いことは一目瞭然ですね。
でも、世界の国々では、ぽっちゃりとした女性の方が魅力的とされるところも少なくありません。
決して「スリム=美」という価値観は世界共通ではないということに、何となく安心させられませんか(笑)?
今回は、ぽっちゃり女性の方がモテるという国々を、ランキングでご紹介しましょう。
もしかしたら、その国へ行ってみたくなるかもしれません(笑)。
●1位 モーリタニア
共和制国家で、アフリカ北西部に位置しています。
この国では、太った女性は「美と富の象徴」であり、若い頃からラクダの高脂肪ミルクを飲まされますが、それでも太れない場合、抗ヒスタミン剤とステロイドにより食事量を増やされるとか。
出産後も肥満を維持できなければ離婚の原因にもなるそうで、運動はNG。
メタボリックシンドロームに厳しい日本とは正反対ですね。
●2位 ナウル共和国
オーストラリア付近、太平洋南西部のナウル島に位置する共和国で、世界最大と言われる肥満率は31%。
太った女性は子沢山の源と考えられています。
●3位 タヒチ
太る意味である「ハーポリ」という習慣があり、身体に脂肪がついているかどうかの検査を、族長から受けるという風習があるそうです。
炭水化物はもちろん、ココナッツミルクの食習慣により、丸顔に肥満体型のタヒチ女性がモテモテです。
●4位 アフガニスタン
女性が身につけるブルカというベールは、ボディラインをすっかり隠してしまいますが、昔から太った女性が称賛されています。
●5位 南アフリカ
HIVが流行していることもあり、痩せ体型はネガティヴな見解をされがちのようです。
さらに、「太っている=高所得」という見方は、アパルトヘイト後にヨーロッパ的な価値観が入っても変わることはありません。
●6位 サモア
第二次世界大戦後の輸入により、豊食となったため、肥満傾向が強まりました。
また、長い間の食料不足、貧困な歴史から、遺伝的にカロリーを体内に溜め込むようになったとか。
●7位 ジャマイカ
65%の女性が肥満であり、健康体型の倍サイズが理想体型とされ、ヒップと太ももの贅肉は特に重要。
1993年には、痩せ型=悲壮感、太り型=幸福感であり親切かつ社交的といった研究結果が発表されていて、今でも太るための薬のマーケットは活況です。
続いて、8位フィジー、9位クウェート、10位トンガの順になっています。

世界には、当然ながら気候や風土などに合わせた国々のルールがあり、文化、生活習慣、思想も様々です。

痩せ型志向である日本人にとっては、訪れた国の人や、訪日した外国人を目にして、体型の違いに驚くこともあるでしょう。
ただ、あまりに批判的な態度などを示すことは避けたいものです。
近年の疫学調査によれば、痩せ型よりも小太りの方が免疫力が高く、長生きするという結果も出ています。
日本人の場合、小太り体型といえば、「成人時の体重+10kg」であるか、「身長(cm)-100」を目安にするといいでしょう。
そして、不足がちなマグネシウムやカリウム、カルシウムなどの必須ミネラルを含め、必要な栄養素を充分に摂取できる食生活、適度な運動を続け、健康的で程よい痩せ方を目指したいですね。
顔もぽっちゃりしている方は顔を細くする方法や顔の部分痩せというのも書いてますので、参考にしてくださいね。