さて、忙しさのあまり、ランチなどに長期保存が可能なカップ麺を選ぶ時には、ナトリウム量のチェックを忘れないようにしましょう。