中でも酸性が強いトマトの缶詰では、ビスフェノールAが溶け出しやすく、特にリスクを高めているようです。