一昔前のモデルでは、細ければ細いほどいいというような傾向が見られましたが、ヴォーグ誌だけでなく、健康的なモデルを起用するファッションブランドも多くなっていますね。