満腹感を得させてくれるホルモン「レプチン」は、脂肪細胞から分泌されていて、摂取後は血中に放出され、満腹状態であることを伝えてくれます。