脂肪燃焼スープで新陳代謝を上げる

脂肪燃焼ダイエットといえば、長く人気が高い「脂肪燃焼スープ」が挙げられますね。
ベースとなるスープでは、具としてキャベツや玉ねぎ、トマト、セロリ、ニンジン、ピーマンの野菜を、昆布とかつお節、鶏ガラの3種だしで煮て、最後にお好みにより天然塩と生姜で味付けを。
さらに燃焼効果を高めるために、唐辛子を加えてもいいですね。
たくさん食べてもダイエット効果を充分に発揮してくれる魔法のスープは、冷え性や肩こりなどの体質改善のために誕生したことが始まりだったそうですが、スープを食した方たちのほとんどが、ダイエット効果を実感したことから、脂肪燃焼スープとなったようです。
この脂肪燃焼スープで、冷え性などの不快症状が起こる原因「毒素」をしっかりと排出、体内環境を良くして代謝をアップし、免疫力をさらに強化、健康的な身体作りが可能です。
スープは夕食前に1杯食べるだけでOKなのですが、朝食や昼食にしたり、量を増やしても大丈夫。
個人差はありますが、食べ始めて数日もすれば、便通の良さに驚くかもしれません。
それほど毒素が排出されているということですね。
このスープをサポートする方法が、エステサロンでの「脂肪燃焼キャビテーション」。
ヒートマットで身体を温め血行を促しながら発汗促進(こちらも効果的に汗を流して痩せ体質作りと美肌を得る方法)を行い、老廃物を排出し、さらに身体を深部まで温めながらセルライトケアを行うRFサーモで、痩せにくい部位も集中的に引き締めていきます。
もちろん、エステティシャンのオールハンドによるデトックスマッサージも効果的ですね。
脂肪燃焼スープと、サロンでのリラクゼイションと効果的な施術で、女子力をさらに磨いてみませんか。

 

 

>>痩せるエステ 痩身エステの総合評価ランキング
>>パワーツリーセラピーとは?新感覚トリートメントの効果・効用とは?