ベビーカーウォーキング

健康的なダイエットとして、長くから人気を保っている方法といえば、やはりウォーキングなどの有酸素運動ですね。
>>自宅で自力でできるエクササイズや日常生活で産後ダイエット
>>産後に効くダイエット商品の口コミランキング
この有酸素運動は、産後のダイエットにもオススメです。
※有酸素運動については効果的に痩せる運動は意味がない?重要?でも少し触れています。
赤ちゃんをベビーカーにのせて外出ができるようになったら、いつも車で行っていた場所へ歩いて行くのもいいですね。
赤ちゃんへの負担がかからないように、まずはゆったりとしたウォーキングにトライしましょう。
ベビーカーの扱いにも慣れてきたら、お尻の筋肉を意識しながら早歩きもGood。
>>脂肪燃焼で楽して痩せる為に下半身を鍛えてダイエット
赤ちゃんの安全を第一に考えながらのウォーキングでは、脂肪燃焼効果がそれほど高く望めないかもしれませんが、心肺機能を向上させ、基礎代謝が徐々に上昇していく可能性は高まります。
産後に痩せるための事は産後1~3ヶ月以降から痩せやすい体質作りに筋トレでも紹介しています。
>>【産後リカバリーエクササイズ】産後太りを解消する運動
筋肉を意識する歩き方を続けることで、産後の筋肉回復も早まることでしょう。
有酸素運動は、20分続けなければ効果がないというわけではありません。
20分以内では、グリコーゲン燃焼が優先されるということであり、脂肪燃焼も少しはされています。
※グリコーゲンについてはダイエットに必要な筋肉はどれ?いらない筋肉と必要な筋肉でも書いています。
20分後から脂肪燃焼が優位になるので、時折遠出してみるのもいいですね。

▼着るだけダイエット▼
2週間で-9cm!雑誌・テレビでも紹介!


【骨盤らくらくウォーキング】をもっと詳しく見てみる >>

子供がいるからできない、というのではなく、子供と一緒にできること、公園への散歩やスーパーへのお買い物、銀行や郵便局へ行くなど、ウォーキング目的でなくてもできることは多々あります。
ダイエットだけではなく、陽に当たることで、育児などのストレスなど精神的な問題も清々しく緩和されること間違いなし。
長距離を歩く必要はなく、たった10分でもいいのです。
大股でやや早足、テンポよく、筋肉を意識し、足の裏全体で着地しながら歩くこと、太もも後ろ側の筋肉とお尻の筋肉に効かせるためにも、踏み出す足の膝は曲げて、その後ろの足は伸ばして歩くなどのポイントを心がけながらウォーキングを続けましょう。
※ダイエットをはじめる時にもタイミングについてはダイエットをはじめる時期・成功しやすいタイミングも見ていただけると参考になるかもしれません。
もちろん、産後の痩せるエステや美容もお忘れなく。
紫外線対策もバッチリ行って、ベビーカー・ウォーキングでキレイなママを目指しましょう。

▼着るだけダイエット▼
2週間で-9cm!雑誌・テレビでも紹介!


【骨盤らくらくウォーキング】をもっと詳しく見てみる >>

ローヤルエンザミン酵素|痩せ体質を作る維持する酵素ドリンク