産後 ストレッチダイエット

産後は空いた時間に簡単にできるストレッチダイエット

このエントリーをはてなブックマークに追加   


すっきりフルーツ青汁をもっと詳しく見てみる >>


ストレッチダイエット

 

産後ダイエットはもちろん、健康的な生活を送るためにも是非ともオススメしたい方法といえば、ストレッチダイエット。

 

特に、同じ体勢で過ごすことが多い方、赤ちゃんを抱いたり授乳などで肩こりがひどい方は、筋肉が硬くあることから、ストレッチを定期的にすることが好ましいですよね。

 

産後は激しい運動を避けた方がいいこともあり、運動が苦手な方にも簡単に行えるストレッチ法で、すっきり感を満喫してみませんか。

 

 

ストレッチダイエットは、硬くなった筋肉を程よくほぐし、血流やリンパ流を改善、基礎代謝を高めていく方法です。

 

動かしていなかったり動かしすぎて疲れきった筋肉は、硬くなってしまい、血流やリンパ流の循環を悪化させ、筋肉はさらに硬くなってしまいます。

 

それが基礎代謝を低くさせる原因となり、痩せにくい体質にしてしまうのです。

 

その結果、後に食事制限でダイエットが成功したとしても、リバウンドの可能性がとても高くなってしまいます。

 

そうならないためにも、日頃からストレッチにより筋肉を充分にほぐし、柔らかくしておくことがとても重要なのです。

 

 

では、ストレッチダイエットによる様々な効果をご説明しましょう。

 

脂肪燃焼
基礎代謝の活発化により、脂肪燃焼効果が高まります。

 

冷え性を改善
冷え性は、一般的に血行不良が原因で起こります。
筋肉をほぐして血行を良くし、冷え性対策にはとても効果的です。

 

ストレス解消効果
血液循環が正常になされれば、ストレスも解消されて、安眠が得られるようになります。

 

 

産後では、忙しい毎日からストレスも膨れ上がり、産後鬱になる方も少なくないようですが、身体に大きな負担がかからない簡単なストレッチから始め、継続することによりストレスを解消し、ダイエットへと繋げていきたいですね。

 

>>自宅で自力でできるエクササイズや日常生活で産後ダイエット

 

空いた時間にとても簡単にできるストレッチダイエットは、出来る限り30分ほどかけてじっくり行うことで、効果をさらに高めることができます。

 

ストレッチ方法は数多くあるのですが、ここでは、いくつかの部位によるストレッチ法をご紹介しましょう。

 

 

太ももストレッチ
太ももを集中的に引き締めたい場合にオススメ。

 

@座った状態で、太もも内側の筋肉を引き締めるようなイメージを持ちながら、両膝をくっつけておきます。

 

Aその状態のまま、太ももから足首までをピッタリとくっつけます。

 

Bくっつけた膝同士を思いっきり押し合います。

 

Cそのままの状態で15〜30秒間キープします。

 

できれば5セット行うことが理想です。

 

 

ウエストストレッチ
くびれ効果を高める腰のストレッチで、好みのボディラインに近づきましょう。

 

@真っ直ぐに立った状態で、両手を組み、両脚を肩幅くらいに広げます。

 

A頭の真上に組んだ両手を持って行き、組んだまま手のひらを上に向けましょう。

 

B肘は曲げないで、前後左右からも真っ直ぐになっていることを確認します。

 

C腰から下は動かさずに、息をゆっくりと吐きながら、上半身だけを右側へと倒します。

 

D心地よい位置で、約10秒間キープし、左側も同じように行います。

 

この動作を5セット行いましょう。

 

 

背中ストレッチ
背中のたるみが気になる人には是非ともオススメ。

 

@床にうつ伏せになり、肩幅ほどの広さで、床を両手で支えます。

 

A息をゆっくりと吐きながら、床から腰を浮かせずに、少しずつ上体を反らしていきましょう。

 

B背中の筋肉を意識しながら、この状態のまま15〜30秒間キープします。

 

5セットは行いましょう。

 

 

専用器具なども必要なく、いつでもどこでも、身体一つさえあればできる簡単ストレッチダイエット法ですが、やはりどのダイエット法と同じく、さらに効果を高めるためのポイントがあります。

 

また、ストレッチとはいえ、間違ったやり方をすれば、かえって痛みを伴うことにもなり兼ねません。
ポイントをしっかりと守って、より一層ダイエット効果を高めましょう。

 

動かす筋肉を意識する

常に、どの筋肉を動かしているのか意識することで、より効果的なストレッチが行えます。

 

反動や勢いで行わないこと

痛みや怪我の原因になり兼ねません。
呼吸も充分に行いながら、ゆっくりとストレッチを行いましょう。

 

心地よい程度で

早く柔らかくしたいからと、伸ばしすぎて痛みを生じては効果ナシです。
無理なく心地よさを感じる程度にとどめましょう。

 

呼吸のリズムを守る

常に筋肉を意識しながら、筋肉を収縮させる時にゆっくりと息を吐き、元の体勢へと筋肉を緩める時にゆっくりと息を吸うというリズムを忘れずに。

 

心地よい体勢をキープする

痛みを感じる体勢はNGです。
痛みそうかもと思う一歩手前の体勢をキープするようにしましょう。
それが、筋肉に少しずつ柔軟性をつけるコツです。

 

ダイエットは継続なり!

できれば30分間、時間が無い時には少しでもいいので、毎日継続することが大切です。

 

産後によるストレッチダイエットの最大ポイントとしては、自宅でTVを見たりリラックスをしながら行えることですね。

 

場所や時間を選ばずできることなので、毎日続けて、ダイエットを健康的な成功へと導いていきましょう。


TOPへ戻る >>痩せる方法|痩せたい人が短期間で成功する方法ランキング




【勧誘なし】痩せなかったら全額返金 >>



ダイエット食品ランキング


痩せるエステランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

産後に効果的な白湯ダイエットのやり方
巷に飛び交うダイエット法は、まさに多種多様。その中でも、産後のダイエットに、大きな負担がなく効果的なものも多くあります。「白湯ダイエット法」もその一つですね。
産後は簡単な巻くだけダイエットで骨格矯正
バンドを骨盤などに巻き、骨格矯正によるダイエット法ですが、脚や背中にも巻くことができるので、特に部分痩せを望んでいる方にオススメです。
産後太りを解消する寝るだけダイエットの方法
産後しばらくのママさんには、そのようなダイエット法が向かない場合が多々なので、出来る限り手軽でリーズナブル、簡単な方法がBetter。
ベビーカー・ウォーキングで産後に太った体を細くする
有酸素運動は、産後のダイエットにもオススメです。赤ちゃんをベビーカーにのせて外出ができるようになったら、いつも車で行っていた場所へ歩いて行くのもいいですね。
産後1〜3ヶ月以降から痩せやすい体質作りに筋トレ
産後のダイエットでは、個人差があるものの、産後1〜3ヶ月程は行わない方がいいですね。
産後に身体の芯から改善するインスパイリングエクササイズ
女優、竹内結子さんのプライベートトレーナーが、産後ダイエット法として考案した「インスパイリング・エクササイズ」をご存知でしょうか。
産後に痩せ体質を作るダンベルダイエット
ダンベルダイエットと言えば、本格的なムキムキ体型を目指すイメージを持っていませんか?今では、ダンベルと言えばボディビルダー、なんてイメージだけではありませんね。
産後にダイエット&疲労回復が見込めるスロートレーニング
どの方法が自分にベストなのか、悩まされてしまいますよね。産後はとにかく激しい動きはできないものですし、疲れ気味で、時間さえあれば横になりたいと思うことでしょう。
産後に効くダイエット商品の口コミランキング
産後にどのようなダイエット方法が自分に合っているのか、悩んでいる方に必見!口コミによる産後ダイエット方法のランキングBEST3をご紹介します。
産後に痩せたいならお鍋料理がダイエットに良い?
産後のダイエットでは、厳しい食事制限はできませんが、満腹感はそのままの食生活を、いつもと少し変えるだけでダイエットに繋げられるとなれば、試してみたくはありませんか?
産後1〜6ヶ月のリカバリー期に行う産後リカバリーエクササイズ
産後1〜6ヶ月のリカバリー期は、医師からそろそろ普通の生活に戻ってもOKと言われる方も多い頃なので、ダイエットをスタートさせたいものです。
産後に便秘を解消する方法|簡単にできるエクササイズ
出産後に多いトラブルの一つとして、便秘が挙げられます。黄体ホルモンの影響により腸の働きが鈍くなって、妊娠中も便秘になりやすいものですが、産後も排便リズムが調整されないまま、育児ストレス、バランスが悪い食生活、授乳が引き起こす水分不足などもプラスして、引き続き便秘に悩まされてしまう方が多いようです。
産後に20kgのダイエットに成功したアトキンスダイエット
食べながら痩せる…夢のような話ですが、ハリウッドセレブのキム・カーダシアンは、「アトキンスダイエット」により、産後数ヶ月で20kgのダイエットに成功したそうです。