【産後の便秘解消】簡単な運動・体操・マッサージ

出産後に多いトラブルの一つとして、便秘が挙げられます。

黄体ホルモンの影響により腸の働きが鈍くなって、妊娠中も便秘になりやすいものですが、産後も排便リズムが調整されないまま、育児ストレス、バランスが悪い食生活、授乳が引き起こす水分不足などもプラスして、引き続き便秘に悩まされてしまう方が多いようです。

当然ながら、便秘が解消されない内は、ダイエット成功への道は閉ざされたまま。

まずは、簡単にできる運動・体操で、便秘改善を行ってはいかがでしょうか。

簡単にできる運動・体操で便秘解消

便秘改善には、食物繊維を多めに摂取したり、生活習慣の見直しも方法として挙げられますが、腸の働きを促進させるには、運動を行うことがとても効果的です。

これからご紹介する、内臓刺激や脇腹シェイプにも効くエクササイズを、起床後すぐに行う習慣をつけ、さらに効果を高めることがオススメです。

脇腹シェイプにも効果的「ヒップロール・ダウン」

①仰向けになり、膝を曲げた状態でしっかりと閉じた両脚を立て、背骨を伸ばすように意識し、目は天井へと向けておきます。

おへそを床に近づけるイメージで、お腹を凹ませておき、腕はリラックスさせながら、肩のラインから左右にまっすぐと伸ばし、手のひらは上向きにしておきます。

②呼吸を常に行いながら、揃えた両膝をゆっくりと右へ倒して下さい。

左脚が右脚の上になり、内ももが互いに押し合うような意識を持って傾けます。

首や腕は動かさずに安定させておき、押し合った両足ものままの状態で、また元の位置へ戻します。
反対方向へも同じ動作を行い、左右3~5回ほど繰り返しましょう。

脇腹を伸ばす「スーパイン・サイドリーチ」

①仰向けになって膝を曲げ、脚はしっかりと閉じたまま立てておき、手を組んで枕として頭の下に入れておきます。
この時に、背骨を伸ばすような感じを意識して、目線は天井に、おへそは床へと近づかせるように、少しお腹を凹ませておきましょう。

②呼吸をしながら、床の上でおへそ上部を右側へとスライドさせ、左の脇腹がしっかりとストレッチされているのを感じましょう。
呼吸を続けながら、内ももを閉じた両脚を、元の位置へと戻します。

反対方向も同じく行い、左右3~5回程繰り返して下さい。

ダイエットに大敵である便秘を解消するには、大腸の蠕動運動を促進させることが重要です。

朝起きてすぐに常温水をコップ1杯飲めば、蠕動運動も起こりやすくなるので、運動をその後に行うと効果覿面ですね。
また、炭酸水がお好きな方には、冷たい炭酸水を朝に飲むと、常温水よりも腸の蠕動運動がさらに活性化されるそうなので、是非ともお試しあれ。

そして、とても簡単なお腹のマッサージも行えば、さらに効果的です。

便秘解消の簡単なマッサージ

その方法は、まず重ねた両手で少しお腹を押し、おへそ周囲を時計回りで3周ほどマッサージを行うだけ。
起床後に行う順番としては、

常温水か炭酸水を飲む

お腹をマッサージ

マッサージ・運動で内蔵刺激

といった流れがオススメです。
他に、最も簡単な方法である「深呼吸」も忘れなく。

吐く時間を吸う時間の2倍にする、ゆったりとした深呼吸は、副交感神経アップに繋がり、血流を抹消まで良くし、腸の動きを改善してくれます。

毎日10回の深呼吸は無料でできるので、是非とも毎朝の運動・体操・マッサージに加えてみて下さいね。

 

 
>>便秘解消サプリ「快朝酵素プラス酵母」【お試し&送料無料】効果・評価
>>少しの変化で便秘改善に結びつく生活習慣
>>便秘解消スープで便秘が起こりやすい「夏」を乗り切る
>>便秘解消に効く発酵食品で肌荒れ知らずの美肌もキープ