巷でも話題の「巻くだけダイエット法」は、まさにお手軽簡単で、産後のダイエットにも最適ですね。

骨格矯正

バンドを骨盤などに巻き、骨格矯正によるダイエット法ですが、脚や背中にも巻くことができるので、特に部分痩せを望んでいる方にオススメです。
姿勢が悪かったり、そんな状態で長時間の仕事などをこなしていると、筋肉の縮小などから、骨格にズレが起き、歪みへと繋がります。
女性の場合、この歪みがホルモンバランスを崩したり、腰痛や生理不順、骨盤が広がることから下半身を肉づきやすくするなどの症状をもたらしてしまいます。
骨盤の歪みが、太りやすい体質にするということですね。
つまり、そんな歪みを矯正すれば、このような症状は解消され、ダイエット効果を促進するのです。
巻くだけダイエットは、専用矯正バンドの使用が好ましいのですが、お持ちでない場合は、厚手のタイツなどでも代用できます。
1日の所要時間は、たったの3分間。

では、その方法をご紹介しましょう。

骨盤巻きで骨盤の歪みを矯正
バンドの中心部を両手で持ち、おへその下部(腰骨から拳1つ分下)に軽く当てます。
両手で、前後に向かってバンドを巻いていき、お尻部分で交差させて、左右に引っ張りながら強さを調整しましょう。
手前までバンドを引っ張り、先端部分を折り返してバンド内側に入れ込んで下さい。
この状態を3分間続けます。
たすき掛け巻きで上半身の歪みを矯正
二つ折りにしたバンドを、肩幅と拳1つ分の長さをキープしたまま両端同士を結びます。
バンドを8の字にねじり、それぞれの輪に手首を通し、腕を上げて背中に8の字がくるようにバンドを両肩にかけます。
たすきを掛けたような状態のまま、3分間キープします。
とても簡単なので、育児の合間に是非ともご実践を。
顔を細くする方法や顔の部分痩せ