お腹のぽっこりをへこませる習慣

お腹のぽっこりを即効でへこませる習慣【すっきりお腹の作り方】

このエントリーをはてなブックマークに追加   

お腹のぽっこりを即効でへこませる習慣【すっきりお腹の作り方】


スッキリお腹が羨ましい…そう感じる人には、まず何故理想的なスッキリお腹ではないのかを思い返してみることも必要です。

 

今回は、スッキリなお腹にはなれない「ダメ習慣」をご紹介しますので、自身のライフスタイルに当てはまっていないか、チェックしてみて下さいね。

 

 

姿勢は常に猫背気味

 

座っている状態だけではなく、立っている時にも腰が曲がったりしていませんか?

 

猫背の状態が慣れてしまっていると、骨盤の歪みが酷くなり、お腹に力を入れづらくしてしまいます。

 

結果、お腹周囲の筋肉が緩んで伸びる羽目に。

 

やはり代謝を良くするためにも、お腹周囲の筋肉を常にしっかりと保ち、脂肪を付きにくくしておくことが大切です。

 

 

椅子に「腰」を掛けている

 

猫背になる原因の一つですが、椅子に座る時が、まさに「腰掛ける」状態の人では、お腹周囲の筋肉に力が入っておらず、筋肉を弱めていることに。

 

猫背同様、代謝アップに繋がらず、脂肪が付きやすくなることから、ポッコリお腹となってしまいます。

 

 

運動はあまりしない、苦手

 

お腹周囲に限ったことではなく、「運動をしない」ということは、やはり太り体質にさせる大きな原因になりますね。

 

脂肪蓄積の原因には、体内に摂取した栄養分よりも、代謝すべき脂肪が少ないということにあります。

 

そこへ運動をあまりしないとなると、消費しきれない脂肪はお腹周囲に蓄積されてしまうのは当然のこと。

 

特に、デスクワークがメインとなっているライフスタイルでは、一日中座っている状態が長く続くため、エネルギー消費がほとんど行われません。

 

運動がしづらい人は、日頃から摂取カロリーの抑制を心がけるようにすることがBetter。

 

 

便秘症、便秘気味

 

便秘症や便秘気味の人だと、便の溜まりが原因でお腹がポッコリとなってしまう傾向にあります。

 

さらに、便秘中の内臓はその働きも鈍っていて、栄養吸収・消化などが十分に行われませんから、脂肪燃焼に必要とする栄養素は不足してしまい、脂肪燃焼効率は下がり、お腹周囲の脂肪に蓄積されやすくなりま
す。

 

便秘気味と感じる人は、酷くなる前に改善対策を意識するようにしましょう。

 

 

ストレス

 

ストレスと言えば、ダイエットの大敵。

 

もちろん、ポッコリお腹の原因となるのです。

 

ストレスが積み重なると、バランスよく保たれていた自律神経が崩れやすくなり、脂肪燃焼の効率は悪化、基礎代謝も落ちてきますから、お腹周囲の脂肪は蓄積されるばかり。

 

日々の生活において、考えすぎる人、ストレス解消が不十分な人などは、ポッコリお腹に繋がりやすいので要注意です。

 

 

卵巣周囲やお腹が冷え性

 

卵巣周囲が冷たく感じる女性は、お腹の脂肪が蓄積されやすいとのこと。

 

内臓の冷えを身体が感じると、内臓を保護しようとして冷えている臓器周囲に脂肪を蓄えようと働き始めます。

 

よく、寒い地域に生息する動物が常に太った状態であることが多いように、ヒトの身体も生命維持のために脂肪の蓄えが必要と考えるのです。

 

内臓の冷えを感じ始めたら、温かい飲み物を摂取したりお腹周囲を温める方法を利用するなりするといいでしょう。

 

 

ちょっとした習慣が、無意識の間に脂肪を蓄えていることも多々。

 

今一度生活習慣を見直し、スッキリお腹を目指していきましょう。

 

 

お腹周りダイエット【お腹の脂肪を簡単に落とす方法】※必読※

 

痩せるエステ 痩身エステの総合評価ランキング


TOPへ戻る >>痩せる方法|痩せたい人が短期間で成功する方法ランキング




【勧誘なし】痩せなかったら全額返金 >>



ダイエット食品ランキング


痩せるエステランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加