お風呂が大好きという方にオススメしたいダイエット法といえば、「お風呂ダイエット~温冷交代浴」です。

温冷交代浴

これは、お湯と冷水を交互に浴びるという方法で、湯冷め予防にもなり、冷え性や肩こりにも効果が期待できるようです。水を飲んで痩せる為には習慣にして効果的に飲むでも少し説明していますが、あわせてやってみるといいかもしれないですね。
温かいお風呂では、血行が促進されますね。
ただ、お風呂から上がった後は、拡張している毛細血管が、身体の熱を出す作用を強め、体温低下を起こしてしまうことがあり、逆に湯冷めをしやすくします。
そこで、温冷交代浴を行い、体熱をキープするようにします。
方法は、まず42℃前後のお湯に3分間程つかり、湯船から出て、冷水を手足に10秒間ほどかけていきます。
再度お風呂に1分間つかることを1セットとして、最低5セットは繰り返し行いましょう。
体熱をキープするためには、血管を収縮させなくてはいけないので、最後は必ず冷水で終了することをお忘れなく。
このお風呂ダイエットでは、温度が重要なポイントとなります。
冷水は15~20℃前後が適温と言われており、温浴と冷水の温度差は、30℃をベースにしましょう。
冬では、冷水を触るだけでもつらいものですが、さらに冷え性をひどくさせてしまう冬場こそ、効果を発揮する温冷交代浴。
慣れない間は、最後だけ冷水をかけたり、冷水をぬるま湯で代用したりして、身体に慣れさせることを工夫して行いましょう。
また、温冷交代浴は、ダイエット効果を高めるだけではなく、美肌や疲労回復、自律神経のバランス調整、免疫力を高める効果も期待できます。
健康維持のためにも、温冷交代浴を始めてみませんか?
ダイエットだけではなく、健康維持にも効果的な温冷交代浴。
そんな温冷交代浴をオススメしているエステサロンも多くあります。
さらに、その効果を高めるために、エステサロンでのデトックスマッサージなどをプラスしてもいいですね。
簡単にできる短期集中ダイエットでもご自身できる方法を紹介していますが、サロンでは、プロのエステティシャンによるアドバイスと施術によって、ダイエットをより効率よく行えるので、ウエディングなど行事に合わせた短期集中型ダイエットには適していると言えるでしょう。
また、サロンによっては、温水プールやジャグジーなど、温冷交代浴が行えるスパを併設したところもあるようです。
マッサージとのコースメニューを選択すれば、心地良いダイエットが行えること間違いなしですね。
そして、特別な器具を使用した温冷療法を行っているエステサロンもオススメ。
器具についている42~45℃の心地よい温度を保つ「温球」と、反対側につけられた冷球により、皮膚に刺激を与えていきます。
筋肉や神経、内蔵が弱っているところへ温球が当たると、熱く感じるようです。
この温感の違いが、血流・リンパ流の滞留、内蔵の疲れなどを知らせてくれます。
サロンによっては、この温冷療法に特別な石を使った「ストーンセラピー」を行っているところもありますね。
温冷のストーンを載せて、血流やリンパ流を促進していきます。
オールハンドでのマッサージも加えて、筋肉のこりをしっかりとほぐし、リラックスしながら体質改善が行えます。
サロンでの温冷施術後に、自宅で温冷交代浴を行えば、どちらの効果も高められそうですね。
も加えて、筋肉のこりをしっかりとほぐし、リラックスしながら体質改善が行えます。
サロンでの温冷施術後に、自宅で温冷交代浴を行えば、どちらの効果も高められそうですね。
イライラすると痩せられない?自律神経との関係