日本では一般的に、未だまるで修行のようなイメージが強い「ファスティング」。
ただ、アメリカでは、モデルや女優などが週末を利用した「断食(ファスティング)」を行う人が増えており、人気が高い健康法、ダイエット法となっています。
日本でもここ最近は、ファスティングを日常的に取り入れるタレントやモデルが増えてきているようですが、未経験者にすれば、何故つらい断食をしなくてはいけないのかと、気になるのではないでしょうか。
また、始める前には特に、その正しい方法も知っておかなくてはいけませんよね。
>>簡単にできる短期集中ダイエット
元々、私達ヒトの身体は、体温調節など体内状態を一定に保ちながら、健康を維持、環境の変化に対応できるように作られています。
とはいえ、冷え性や頭痛、肩こり、アレルギーや肥満など、様々な問題を抱える人が増加していて、その原因には、本来身体に備わっている免疫機能が正常状態ではないということが言われています。
免疫機能が異常化されてしまう理由の一つには、食べ過ぎが考えられています。
生のフルーツでは、胃の通過にほんの20~30分間程度がかかるものの、肉類などの食べ物では、消化器官全体を通過するのに、約30時間以上もかかるのだとか。
もちろん、食事ではお肉だけを食べているわけではありませんね。
美味しい美味しいと言いつつ食べている先から、他のおかずやディザートなどが出され、先に食べていたものがまだ消化しきれていない内に、次の食べ物を胃へと送り込む。
そんなことが繰り返されている間に、腸内は消化を間に合わせることができず、徐々に腐敗していきます。
そんな状態が続けば、さらに悪循環となり、食べ物の通過場所、小腸にある絨毛は詰まった状態になるので、多くの栄養素が含まれた食事を摂っていても、その栄養は体内に行き渡りにくくなってしまいます。
そうなると、多く食べているものの、脳からは「まだ満腹ではない」というサインが出され、過食へと走ってしまうのです。
このような状態を避けるために、疲れた胃に少しの休業期間を与え、余計な老廃物を排出させることが、ファスティングになるのです。
●ファスティングのメリット
どのようなダイエット法にも、メリット・デメリットがあるものですが、ファスティングのメリットでは、「頭痛や肩こりなど、身体の痛みが抑えられる」、「風邪や腹痛など、重病ではない限り、ファスティングだけで快方へと繋げられる」、「免疫力アップ」、「むくみ改善」、「毒素排出」などが挙げられます。
●まず始めは、軽くスタート ~ 半日ファスティング
いきなり一日ファスティングはつら過ぎて、ストレスになりそう…そういう方には、半日ファスティングがオススメです。
方法としては、夜7時までに食事を済ませてしまい、それ以降、翌朝7時までは何も食べない。
途中で睡眠時間が入るので、とてもしやすい半日ファスティングになりますね。
これだけでも胃は休められて、習慣づければダイエットにもとても効果的なのです。
●体調不調時にオススメ ~ 1日ファスティング
3食全てをすりおろした野菜か梅干しだけで過ごす方法です。
すりおろした野菜は酵素がたっぷりなので、たった一日でも体内の毒素をすっきりキレイに洗い流すことができます。
暴飲暴食、肩こり、腰痛や頭痛が続いていたりした場合などは特にオススメ。
メニューとしては、
①りんご1個、大根の輪切り約8cm、生姜約3cmほどをすりおろす
②朝からの3食を、塩分控えめの梅干し1個ずつ、1日計3個のみとする
●精神も身体もすっきりとさせる ~ 週末2日間ファスティング
たまには週末2日間のお休みを、自宅でゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょう。
特に、1日ファスティングに慣れた方には、この週末2日間ファスティングにチャレンジしてみませんか?
この2日間では、エネルギーが不足してしまう状態なので、激しいエクササイズや飲酒は避けるようにします。
そして、酵素を無駄遣いしないように、心も身体もリラックスして過ごして下さい。
さて、この2日間のメニューですが、
①朝と夜には、大根の輪切り約8cm+かぶ1個、または人参1/2本+生姜約3cmをそれぞれすりおろして、ドレッシングをかけて食べる…オススメドレッシングは、フラックスオイル小さじ1と醤油少々、黒酢少々を混ぜたもの
②昼は塩分控えめの梅干しを1個のみ
となります。
甘みが少ない野菜ばかりで飽きてしまいそうと思われる場合は、朝だけフルーツを中心にしてもOKです。
朝だけフルーツのポイントとしては、
①1~2種類のみ
②1回に食べる量は、りんごや桃、梨、オレンジ、バナナ、グレープフルーツであれば1/2~1個、みかんなら1~2個、ぶどうは10~30粒、いちごは4~16粒程を目安に。
●ファスティング後の食事
ファスティング後は、いきなり高カロリーな食事を避け、お味噌汁やつけもの、お粥、野菜や果物をメインとした消化が良い食事を取ることも重要ポイントです。
ファスティング期間にもよるものの、普通の食事に戻すのは、2~3食後くらいにしましょう。
自信がないという方には、月に一度だけでもOKです。
その一度だけでも、以前より身体が軽く感じるようになったり、空腹感をそれほど感じなくなる、肌の調子が良くなった、痛みが減ったなど、身体の変化に気づくはず。
疲労を感じたら、是非ともファスティングで腸内浄化ダイエットを試してみて下さい。