アイメイクによる小顔効果
むくみが酷い朝や加齢によるたるみなど、一瞬にして解消できるとすれば、もはや神業ですよね。
でも、メイクのテクニックにより、手っ取り早く小顔に見せることが可能とすればいかがでしょう。
その重要ポイントとしてはやはり、「ぱっちりとした目」に見せること。
目の面積を大きくすることで、顔の余白が減少したかのように、小顔に見せることができるのです。
もちろん、濃いメイクをする必要はなく、いつものメイクにちょっとした工夫を凝らすだけ。
今回は、そんなぱっちり目を印象づけるメイクのテクニックをご紹介していきましょう。
■目の下には「肌色」アイラインを
過去にはギャルメイクとして、目の下に白ラインを引き、目を大きく見せるというテクニックが流行りましたね。
確かに目は大きく見えるようになりますが、白ラインでは派手さが目立ってしまいがち。
そこでオススメしたいアイラインとして、「肌の色よりも少々明るめの肌色」ライン。
私達日本人の肌に合わせた肌色のアイラインを目の下に引くことで、目の大きさを印象づけるだけではなく、顔色トーンも明るさを増し、一石二鳥なのです。
■細いアイライナーを
目を大きく見せるためにと、太いアイライナーを引きがちではないでしょうか?
その場合、黒いアイライナーを使っていれば、逆に目を小さく見せてしまうことになるのです。
ナチュラルでありながら、目の印象を主張するためには、細いアイライナーを目のキワに引き、目の形や二重幅を活かすことがオススメ。
そのテクニックでは、顎を突き出し、目を細めながらアイラインを描くと、シンプルかつ繊細に仕上がります。
■マスカラは放射線状に塗る
マスカラも塗り方次第によっては、目元の印象を全く変えることになります。
ビューラーの使用で睫毛をしっかりと上向きにした後、睫毛の目頭寄りでは内側へ、中心部は上へ、目尻寄りは外側へと、放射線状に塗るようにして下さい。
結果、丸みを帯びた美しいアーモンド・アイ型の目に見せることが可能です。
■下睫毛も忘れずに
目を印象づける効果を高めるためには、下睫毛の存在も忘れてはなりません。
下睫毛のふさふさ感をアップさせれば、目の存在感も一気に増すのです。
下睫毛の長さやボリューム感によっては、塗り方を難しく感じるかもしれませんが、それは最初のうちだけ。
マスカラを縦に持ち上下に塗るテクニックで、とても簡単に長めの下睫毛が完成します。
どうしてもそのテクニックが苦手という方には、コームタイプのマスカラを使ってみるのもいいですね。
さて、アイメイクにおいての注意事項も挙げておきましょう。
■ビューラーの使用上による注意
カールタイプのマスカラであっても、ビューラーは省くことなく使うようにしましょう。
使い方では、まずは睫毛の根元にビューラーを当て、一度カールをさせます。
そして、もう一度根元、中間、毛先へと3段階でカールをさせていきます。
その後に指で優しく睫毛をほぐします。
睫毛はとても繊細で抜けやすいため、ソフトなタッチで行うことをお忘れなく。
■マスカラの使用上による注意
マスカラを手にしていない方の人差し指で、マスカラをつける睫毛の中央瞼を軽く引き上げ、マスカラを塗りやすくしましょう。
そして、睫毛を持ち上げるイメージで下から上へと塗るようにすれば、上向きで伸びが良い睫毛に仕上がります。
■仕上げでの注意
マスカラ後のダマなどを除去する場合には、コームなどを使って丁寧に梳かすことがオススメ。
そして、仕上げにビューラーを再使用する場合は、マスカラが完全に乾ききってから行います。
乾いていないうちに使用すれば、ビューラーに睫毛がくっつき引っ張られて、抜けやすくなってしまうので要注意。
■さらに一工夫
面積を減らす効果に期待ができる大きな目に見せるためには、涙袋にパール入りハイライトをのせ、目元を潤ませるような演出を。
ぷっくりとした目元を強調させて、引き締まった顔作りが可能です。
たかがアイメイクと思われるかもしれませんが、いつものアイメイクに一手間を加えるだけで、顔全体の印象を大きく変えられるということ、お分かり頂けたでしょうか。
最近のアイメイク化粧品では、肌にも優しく密着性が高い優秀コスメが多く販売されています。
特にアイシャドウでは、マットなものであれば、色によって小顔メイクに必要なシェイディングにも使えるので、様々な種類を揃えてみてもいいですね。
自分の肌の色やテクニックに合いそうなコスメを大いに利用しながら、エクササイズやマッサージなどの小顔作りと合わせて、即席小顔を目指してみましょう。