痩せる運動【顔痩せに効果効果的なウォーキングとジョギング(ランニング)方法】

一般的に、身体全体のダイエットを行えば顔も自然と痩せてくるはずなのですが、年齢や体質によっては、顔だけが痩せられないままということも少なくありません。

では、顔痩せに効果的な運動はあるのでしょうか?

ご存知の通り、ダイエットを効率よく行える運動には様々な種類があります。
中でも、女性には体力的に継続しやすく十分な有酸素運動効果が高められるウォーキングや軽いジョギング・ランニングがオススメでしょう。

もちろん、全身の痩せ効果を高める運動ですが、顔痩せを意識したウォーキングやジョギング・ランニングも可能なのです。
では、そのポイントをご説明していきましょう。

顔痩せに効果的なウォーキングの仕方とは

姿勢

常に背筋をまっすぐに伸ばしておくことが重要です。

正しい歩き方

つま先は正面へと向け、腰をひねりながら踏み出し、着地はかかとから行います。

注意点として、内股や外股になった歩き方では下半身太りへと繋げてしまいますので、既にそのような歩き方をしている場合、矯正することが必要です。

そして、普段よりも歩幅を大きくし、しっかりと腕を振りながら歩くこと。

実際に正しい歩き方をしてみると、慣れるまで意外と難しく感じるかもしれませんが、ウォーキングによる顔痩せ効果を高めるために、細やかなルールを心がけてみて下さいね。

靴選び

当然ながら、パンプスやヒールはNGです。

サイズがきっちりと合ったものか、少しつま先にゆとりがあるウォーキングに適した靴を履きましょう。

呼吸

頬を引き締める呼吸法として、息を吸う時は口をすぼめ、吐く時は口をサイドへ広げましょう。

>>ベビーカー・ウォーキングで産後に太った体を細くする

顔痩せに効果的なジョギング・ランニングにやり方

ウォーキングとほぼ同様です。

ただ、慣れていないままジョギングを始めるのはなかなか大変ですから、自信がない方にはウォーキングからスタートすることをオススメします。

運動は継続しなければ意味がありません。
無理なく続けられる範囲で習慣化させましょう。

さて、ウォーキングとジョギングですが、顔痩せに最も効果的とされるのは、どちらかおわかりでしょうか?
答えは、どちらでも「工夫次第」ということ。

例えば、先に記した呼吸法では「頬の引き締め」、しっかりと腕を振れば「肩~首の部分痩せ」に繋がりますし、正しい姿勢で顎をしめて行えば、「すっきりとした顎ライン」の可能性が高まります。

全身のダイエットに効果的な有酸素運動ですから、顔痩せに限らずダイエッターには習慣化させたい運動と言えるでしょう。

そして気になる消費カロリーについてもご説明しておきます。
以下、平均的な女性による消費カロリーの目安です。

>>運動が苦手・嫌いな人でもできる簡単なダイエット方法【5選】
>>【産後エクササイズ】スロートレーニングでダイエット&疲労回復

運動を行った際の消費カロリー

ゆっくりとしたウォーキング…65kcal/30分

普通のウォーキング…80kcal/30分

急ぎ足のウォーキング…115kcal/30分

軽いジョギング…180kcal/30分

少し速めのジョギング…240kcal/30分

もちろん、速く走るほど消費カロリーはアップしていきますが、走る場所や体質によって膝を痛めるリスクも高めてしまうので、オススメとしてはウォーキングですね。

有酸素運動は20分後から脂肪減少効果が表れ始めるので、どれほど必死に走ったとしても、20分以下では効果を望むことはできません。

顔痩せ目的であれば、ポイントを心がけながら、無理せず長期間続けられる程度を習慣化させましょう。

 

>>小顔効果のあるカラオケ&顔が小さくなる曲とは?
>>新陳代謝を上げて小顔効果を高めるスイミング
>>シリーズ累計7万台!美容家の間で密かに使われている話題の美顔器
>>エルセーヌのフェイシャル体験エステ【小顔ハリ美肌コース】限定申込
>>痩せるエステ 痩身エステの総合評価ランキング