女性なら誰でも手に入れたいと願う「小顔」。
でも、遺伝だから仕方がないと諦めてはいませんか?
ただ、小顔になれない原因は遺伝だけとは限りません。
多くの場合、顔に歪みがあるために、小顔から遠のいてしまったといわれています。
ということは、その歪みさえ矯正すれば、小顔へと近づけるのです。
その近道には、骨気(コルギ)による小顔矯正が効果的とご存知でした?
骨気とは、手で行われる韓国由来の小顔への矯正法・マッサージ法であり、筋肉に働きかける従来のマッサージとは違い、骨と筋肉同時に作用するマッサージです。
顔の歪み、むくみやシワの予防解消に効果的とされています。
さて、姿勢の悪さや日頃の癖などから、一瞬の見た目にはわからなくても、顔に歪みがある人は結構多いそうです。
その歪みが体内の循環機能をさらに悪化させて、むくみを引き起こしたり老廃物を溜まりやすくしたりして、顔を大きくしてしまうとのこと。
では、そんなNG習慣をまず挙げてみましょう。
そして、自分自身の歪みをチェックしたら、セルフ骨気で顔痩せ開始です。
■顔に歪みをもたらす大きなNG習慣
・食事の際に、同じサイドだけで噛んでいる
・頬杖をよくついている
・就寝では、手をフェイスラインの下に置いている
どれもちょっとしたことですが、小顔作りには絶対NGです。
思い当たりがある人は、以後このような習慣をしないように意識しましょう。
■自分自身の歪みをチェック
鏡で自分の顔をじっくりと見つめたことはありますか?
意外と歪みに気づくものなので、まずは鏡の前でご確認を。
そのチェックで以下のことに気づくことがあるかもしれません。
・口角の高さでは、左右の違いを感じる、片方にたるみを感じる
・ほうれい線が目立ち気味になっている
・目尻の高さで、左右に差が出ている、片方にたるみを感じる
・左右の目の大きさが違う、片方のまぶたが下がり気味
・左右のフェイスラインが異なっている、片方にたるみを感じる
顔の歪みをチェックしたら、いよいよ小顔作りのスタートです。
自宅でできるシンプルな方法をご紹介していきますが、実践前にまずはマッサージクリームなどを塗り、顔を傷つけないようにして下さいね。
■顔全体をスッキリさせましょう
①両手をしっかりと組んで下さい。
②組んだ手のまま、頬骨の高い場所に親指を当てて、耳に向かってゆっくりと手を動かしていきます。
③手が耳の辺りに達したら、手をそのままの状態で耳横~首の骨のサイド~首の付根へと下降させ、リンパを流していきましょう。
この動作を左右3回ずつ行います。
ポイントとしては、骨をしっかりと押しながら行うこと。
■シワ予防を行います
顔の歪みは頬骨を前に出し、徐々に下がらせるため、ほうれい線をできやすくします。
その予防には、まず曲げた人差し指の背の部分を使って、小鼻横から耳に向かって頬骨を押し上げていきます。
この時、押し上げ過ぎると目元にシワが寄ってしまうので要注意です。
■フェイスラインを調整します
①右手親指と人差し指で、顎の皮を優しく挟みましょう。
そして、くるくると細やかな円を描きつつ、左耳の下へと向かいながらフェイスラインをほぐしていきます。
同様に、左手親指と人差し指を使って、右耳の下へとフェイスラインをほぐしていきましょう。
②左手は拳にして、人差し指と中指第二関節による溝部分を、顎の辺りに添えてください。
そして、顎から耳下へとフェイスラインを引き上げるようになぞっていきます。
右側も同じように行って下さい。
③最後に、両掌の下半分に顎をのせ、顎から両耳下へとそれぞれ圧力をかけながらゆっくりと押し上げていきます。
■掌の下部を活用して、シンプル骨気もお試しを
①顎下をグリグリと約3分間マッサージして、顎ラインをシャープに。
②頬からこめかみまでを約2分間マッサージすれば、顔のむくみ取りに効果的です。
③目の周囲を約1分間マッサージすることにより、目元がスッキリとします。
ただ、目元はとてもデリケートな部分なので、力は絶対に入れ過ぎないようにして下さい。
セルフ骨気をいくつかご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
顔痩せに効果的とされる骨気は、エステに通わなくても、自宅でできるものです。
TVを観ながら、音楽を聴きながら、手がすいている時に是非お試し下さいね。
注意点としては、最初に少しお話した「マッサージクリームなどを十分に塗っておく」、「力を入れ過ぎない」ということの他に、「専門家以外の人では力加減のバランスが難しいため、必ず避ける」ことも覚えておきましょう。
過度な力によるマッサージは、頭蓋骨などに影響を与えないとも限りません。
そして、マッサージは自己責任のもと、正しい方法で行いましょう。