小顔作りといえば、ダイエッターにかぎらず、女性にとっては永遠のテーマの1つではないでしょうか。
さらに、若々しさも保ちたいという女性ダイエッターのために、今回は顔のストレッチをご紹介致します。
特に夕方では、表情が老けたように感じる女性も少なくはないでしょう。
それは、単に化粧崩れやむくみというだけではありません。
継続しているダイエットや仕事のことなどで何かとストレスを抱えていると、顔の筋肉はこわばり、眉間にシワが寄ることも癖になったりして、むくみに加え小顔とは程遠い状態になってしまいます。
そのまま放置すれば、むくみやすくなる、老けやすくなるというだけではなく、柔らかな表情が作りにくくなってしまうので、強面の女性に変身してしまうことも!
美しい小顔作りのためにも、ご紹介する顔のストレッチを習慣づけてはいかがでしょうか。
●トイレの合間にできるストレッチ
仕事中、周囲にも人がいる中で、ストレッチなんてできるものじゃない、という方には、トイレ休憩を利用したストレッチがオススメです。
誰にも見られることもなく、個室で少しの間にできるストレッチです。
大体1分でできることなので、トイレ休憩の度に行えば、効果もアップされそうですね。
①まずは口を大きく開いて、息を長く吐き出すように、「あいうえお」と言いましょう。
声を出す方がストレス発散になりますが、無理なら当然息を吐くだけでOKなので、口の動きを「あいうえお」と一つ一つ大きく表現して下さいね。
②目を思いっきり強く3秒間程閉じてから、一気に目を開けるという動きを5回繰り返して下さい。
③口をすぼめた状態で息を吸い込みながら、頬が限界に達するまで膨らませ、一気に口を開けるという動作を3~5回繰り返しましょう。
④眼球を上下左右に動かした後、左右1回転ずつ行います。
●顔のストレッチによる効果とは
顔のストレッチでは、その目的に合わせた様々な方法がありますが、全体的に顔面のこり固まった筋肉をしっかりとほぐす効果が期待できます。
筋肉がほぐれてくると、交感神経での緊張も緩和されるので、ストレス性による頭痛を解消へと繋げられるのだそうです。
他にも、頭皮の血行促進が行われることにより、抜け毛予防効果が高まったり、目立ちやすいほうれい線が和らぐ、下がり気味の口角が下がりにくくなるなど多くの美容効果にも期待できるので、少しの時間でできるストレッチは、是非とも毎日行っておきたいものです。
ダイエットにおいて大敵とされるストレスは、顔面の筋肉にも影響します。
日頃からイライラ感が治まらない、頭がカッカしてしまうという方には、時に独り静かな場所にてクールダウンすることもとても重要なのです。
職場で個室を与えられてはいない場合には特に、静かな空間であるトイレに駆け込み、気を落ち着かせながら顔のストレッチを行って、その後の仕事が上手く捗るように「準備」をしておきましょう。
老け顔予防にもなり、ストレス発散に繋がりますから、しっかりとリセットになって、つらいダイエットの継続にも自信が持てるのではないでしょうか。