顔を細くする方法

顔を細くする方法や顔の部分痩せ

このエントリーをはてなブックマークに追加   


すっきりフルーツ青汁をもっと詳しく見てみる >>


顔を細くしたい

 

理想的な小顔に近づくために

理想的な小顔に近づくためには、まず自分の顔がどのような太り方をしてしまったのか、そのタイプを知ることも大切ですね。
そして、そのタイプごとの小顔作り法を実践すれば、短期間で小顔を実感できることも夢ではありません。
そんな顔太りタイプは、大きく分けて3つ。

 

むくみタイプ
血流が悪いために、常に足先や手先に冷えを感じる末端冷え性であったり、肌荒れが酷い上に、排泄が上手く行われないなどの体調であれば、余分な水分が顔に溜まりやすくなります。
働く女性に多くみられるようです。
むくみや冷え症を解消するために、まずは血流を良くする方法を実行しましょう。

 

脂肪タイプ
健康的に見えるものの、プリプリとした顔であり、特に子供時代、ぽっちゃりタイプだった人に多いようです。
現在は痩せている人であっても、以前太っていたという方は要注意ですね。
ベースになっている脂肪細胞数は減少させることが難しいため、脂肪を潰して押し出す方法や、刺激を与えるようなエクササイズも効果的。
※ぽっちゃりさんを元気付けるためにぽっちゃり好きが多い国ランキングも見てくださいね。

 

筋肉質タイプ
顔全体が逞しいように見えるタイプですが、輪郭に関しては遺伝的なものが多いとされ、発達しやすい筋肉質を持っている傾向と言えるでしょう。
固くなりがちな筋肉をほぐすストレッチやトレーニングが最適です。
ただ、間違ったトレーニングを継続してしまうと、さらに逞しさが増してしまうことにもなるので要注意。

 

自分自身の顔タイプがわかったところで、理想的な小顔作りへと効果的な方法を実践していくわけですが、その理想的な小顔について、目標を立ててみるのもいいですね。

 

まず始めに、日本人の顔サイズで平均的と言われる細やかな数字を挙げてみましょう。

 

「全頭高」の平均値
女性…22.89cm
男性…23.87cm
?測り方…ティッシュボックスを当ててみると測りやすいですね。

 

「頭幅」の平均値
女性…15.38cm
男性…16.19cm
?測り方…屋内にふすまや横開きの戸があれば、顔を挟んでみて、そのスペースを測ってみてください。
眼鏡、サングラスでもOKです。

 

「頭囲」の平均値
女性…54.57cm
男性…56.99cm
?測り方…裁縫用メジャーを使用するか、なければリボンや細長く切った紙を巻いてみて、その長さを測ってみましょう。

 

他に、女性のファッション雑誌「CanCam」によれば女性の部分的な平均サイズでは、

 

目の大きさ…縦1.2cm/横3.2cm

 

口の大きさ…縦2.2cm/横4.9cm

 

鼻の高さ…2.8cm

 

と紹介されています。

 

また、日本全国に顔が広く知られている芸能人では、日本人の理想的な小顔サイズでの「黄金比」を当てはめた場合、「安室奈美恵」さんの顔サイズが最も理想的とされるようです。
そんな彼女のサイズは以下の通り。

 

顔の縦、生え際〜顎(鼻の上は未通過)…17cm

 

顔の縦、生え際〜顎(鼻の上を通過)…18.5cm

 

顔の横、耳 〜耳(鼻の上は未通過)…24cm

 

顔の横、耳〜耳(鼻の上を通過)…25.5cm

 

頭囲…51cm

 

ちなみに、安室奈美恵さんは身長が158cmで体重が40kgと、全体的に小柄なタイプでもあります。

 

とあるインタビューでは、小顔の秘訣について「温めた木製の棒を利用して血行改善を行うパワーツリーセラピーを、自宅での半身半浴中に顔を中心に実行している」と明かした安室奈美恵さん。
やはり、小顔をキープするにも、それなりの努力が必要ですね。

 

他にも、「桐谷美玲」さんや「北川景子」さん、「佐々木希」さんなども、理想的な小顔サイズとされています。

 

そして、理想的な小顔に近づくために重要なことの1つとして、目指したい小顔サイズの芸能人やモデルなどの顔を、目標としてイメージをすること。
なりたいと思う小顔をイメージすることにより、さらなる具体的な目標が持てるため、その努力も高まります。
目標とする小顔を持つ有名人の顔写真、全身写真を、自室の目に届くところへ貼っておく、財布などに入れて携帯しておくのもいいでしょう。
自分がなりたいと思う小顔を、常に意識しておくことも大切です。
ダイエットに限らず、勉強や仕事においても、具体的な目標がなければ意気込みも弱くなりがちで、途中で挫折してしまうことも多々。
理想的な小顔も、意識を高めるという「イメージトレーニング」によって、効率的かつ効果的に、小顔に見せる可能性をアップすることができるのです。
また、「顔は最後に痩せる」とよく言われることから、理想的な小顔への強い意識のもと、身体全体のあらゆる部分が引き締められることにもなり、小顔へ繋がっていきます。
※自分で・・・という方は顔を小さくしたい人の為の痩身エステでできる小顔エステとはも見てみてくださいね。

 

ダイエットの中でも、部分痩せはかなり難しいとされています。
とはいえ、成功させているダイエッターも少なくないということをお忘れなく。

 

自分にあうダイエット方法探しで重要な継続できる方法を見つける

 

他には自宅で行うダイエット方法が失敗してしまう理由&危険性や、痩せたいと思った時に要注意|痩せる痩せないは紙一重?でもふれています。
常に意識を高めながら、その希望と目標への努力を強めていれば、理想的な小顔へスピーディに近づけそうですね。


TOPへ戻る >>痩せる方法|痩せたい人が短期間で成功する方法ランキング




【勧誘なし】痩せなかったら全額返金 >>



ダイエット食品ランキング


痩せるエステランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加   

顔を細くする方法や顔の部分痩せ記事一覧

ダイエットでは、方法も多彩ながら、痩せたい部位、理由も様々。>>小顔エステとは特に女性は、むくみやすい性質ということもあって、悩みも尽きないことでしょう。中でも、朝起きたすぐの顔のむくみには愕然としませんか?腫れぼったい目は、朝から気分を落とさせますよね。これはもちろん、多くの方が体験していること。顔全体の皮膚、特にまぶたなど目の周囲の皮膚はとても薄いので、むくみも強く出ます。まぶたのむくみで、顔...

小顔作りの秘訣では、「ガムを噛むこと」もその1つ。>>ダイエット中の外食噛む力によって顎を十分に使い、顔痩せを行うという方法ですが、スルメや昆布などのように、噛む力がエラを発達させてしまうほど強過ぎないこと、他の食品に比べてガムは飲み込まないために、成功率が高いことが挙げられます。しかも、いつでもどこでもリーズナブルに手に入り、キシリトール、ノンシュガーのガムであれば、虫歯予防対策にもなりますね。...

リンパマッサージや半身浴などで、毎日の小顔作りを欠かさないダイエッターは多くいることでしょう。とはいえ、効果的な習慣ではあるものの、やはり瞬時の即効性は見込めないもの。それなら、ポイントをしっかりとおさえたメイクで、毎朝すぐに小顔をゲットしてみてはどうでしょう?そんな小顔メイクの中でも、今回はシェーディングにスポットを当ててみました。■シェーディングとは?たった短時間で自身の顔を小さくするには、フ...

小顔の「黄金比」に値するとされる安室奈美恵さんは、その小顔効果について、「自宅での入浴中にパワーツリーセラピーを行っている」ことを明かしておられました。現在では、パワーツリーセラピーを行っているエステサロンも多くあるようです。今回はその方法と効果についてお伝えしていきましょう。>>顔を細くする方法や顔の部分痩せ●パワーツリーセラピーとは?白樺の木を加工して作られたパワーツリーとハンドテクニークによ...

確実にすぐさま理想的な小顔を手に入れたいと願う女性は、多くいるはず。巷には数多くの顔痩せ法、小顔法が伝えられていますが、その中でも特にシンプルで確実な方法をまとめてみました。とても簡単にできて、何から始めればいいかわからないというダイエッターにはオススメな方法ばかりですから、今日から初めてはいかがでしょうか。●顔を引き締めるツボ押し・頬車(きゅうしゃ)エラと耳の付け根の中間くらいに位置しており、口...

顔の大きさや首の太さは、表情の印象にかなりの影響を与えると言われています。とはいえ、加齢や体重増加などによる顔のたるみ、蓄積された余分な脂肪は、そう簡単に解消されるわけではなく、1日で美しい印象を我が物にするのはとても困難なことですね。マッサージやツボ押しなど、顔痩せに効果的とされる方法も、継続的に実践してこそ身になるもの。今回ご紹介する「顔痩せヨガ」も、毎日続けることで理想的な小顔への早道になり...

小顔作りといえば、ダイエッターにかぎらず、女性にとっては永遠のテーマの1つではないでしょうか。さらに、若々しさも保ちたいという女性ダイエッターのために、今回は顔のストレッチをご紹介致します。特に夕方では、表情が老けたように感じる女性も少なくはないでしょう。それは、単に化粧崩れやむくみというだけではありません。継続しているダイエットや仕事のことなどで何かとストレスを抱えていると、顔の筋肉はこわばり、...

元々顔が太り気味であったりすると、年齢を重ねるうちに強く表れることの1つとして「たるみ」が挙げられます。特に疲労感も強まっている時などでは、疲れ目も手伝って老け顔になってしまうことも。むくみや脂肪太りによる表情は、身体の他の部位とは違い、常に服などで隠せられないものですから、小顔作りに励みつつも、たるみやシワの改善対策もしっかりと行っておきたいものです。そこで今回は、小顔を惹き立てる目元ケア法をご...

せっかくダイエットで美しいボディラインを手に入れたのに、顔が痩せなかったために全体的にアンバランスで膨張顔に見えてしまう…そのようなダイエット失敗談は多くあるようですね。特に、若年層に見られるふっくらとした頬肉は、加齢とともにたるみを帯びてくるもの。その上、二重顎や深いシワにも繋がりかねませんから、顔肉が気になる方には、ダイエット中に顔痩せも行っておく必要がありますね。>>顔を細くする方法や顔の部...

美しい小顔作りは、フェイシャルマッサージやエクササイズだけでOKと思ってはいませんか?やはりそこには、美肌にも必要な栄養素を摂取する習慣が必要なのです。今回は、美肌を保つ小顔作りに不可欠な栄養素の1つ、「アミノ酸」についてお届けします。>>顔を細くする方法や顔の部分痩せ●必須アミノ酸WHO(世界保健機関)は、20種類ものアミノ酸の中から9種類を「必須アミノ酸」として定めています。この9種類とは、体...

「顔のサイズは生まれつきのもの。小顔でなければ諦めるしかない」と思っている方は、ダイエッターに限らず多いのではないでしょうか。逆に、顔の大きさが大きな悩みになっている方の中には、ダイエットさえ成功させれば小顔になれると信じている方もいることでしょう。ただ実際には、理想体重まで減量に成功した、美ボディも手に入れたとなっても、顔のむくみだけは取れない、サイズは全く変わっていないという人もいるのです。そ...

女性なら誰でも手に入れたいと願う「小顔」。でも、遺伝だから仕方がないと諦めてはいませんか?ただ、小顔になれない原因は遺伝だけとは限りません。多くの場合、顔に歪みがあるために、小顔から遠のいてしまったといわれています。ということは、その歪みさえ矯正すれば、小顔へと近づけるのです。その近道には、骨気(コルギ)による小顔矯正が効果的とご存知でした?骨気とは、手で行われる韓国由来の小顔への矯正法・マッサー...

まるで首と顎の境目がないような状態…鏡に映る自分自身の顎に、ショックを受けたりしていませんか?二重顎は放置しておくと、まさに二段腹、三段腹と同様、三重顎、深いシワが刻まれた顎、鶏のような垂れ下がった顎などになりかねないので、早めに解消、改善、さらに予防策を立てておくことが必要ですね。そこで今回は、二重顎知らず、本来あるべき顎へとシェイプアップさせてくれるエクササイズをご紹介していきます。※大ヒット...

理想的な小顔を得るためには、食習慣や適度な運動など、多くの努力が必要になりますね。そんな努力に加えて、エステに通うという他力的な方法もGood。でも、エステに通えるほどのお金や時間がないという方には、小顔グッズを利用するのもオススメです。最近では、さらに多くの小顔グッズがリーズナブルな価格で販売されているので、自分の体質、ライフスタイルに合うグッズを手に入れてはいかがでしょうか。今回は、中でも特に...

ウェディングや家族写真撮影など、決まったイベントまでに小顔に近づけたいと思うことはありませんか?部分痩せ、特に顔痩せの場合、身体は普通に痩せられたのに、顔の肉だけは落ちにくい、身体が痩せてしまったために、顔がさらに膨張して見えるようになってしまったと嘆くダイエッターも多いようです。ましてや、短期間で痩せるなんて絶対無理、なんて既に諦めている方には、是非とも試して頂きたい小顔作り法があります。その1...

顔痩せには、当然ながら食生活も関係してきます。ハードなライフスタイルをこなす現代人には、既に乱れがちな食生活を送る人も多く、疲労から夕食を作る気も起こらないという時も多いことでしょう。そんな時には、脂っこいものやスイーツ系が食べたくなりませんか?帰宅途中につい、コンビニで唐揚げ弁当やデザートを購入し…なんてことが、習慣的になってはいないでしょうか。これがまさに、部分痩せ成功を妨げる食生活なのです。...

趣味や特技を活かして小顔作りができれば、それほど楽な方法はないと思いませんか?例えば、多くの方が大好きなカラオケ。好きな方の中には、ストレス解消のために1人でカラオケボックスへ向かう人も少なくはないとか。カラオケボックスでは、消費カロリーの表示をしてくれる機種もあるということで、カラオケ好きダイエッターには、楽しみながらダイエット効果を高められる場所になっているようです。さらに、歌い方の工夫や選曲...

理想的な小顔を作るために、様々な努力を重ねつつ、忙しさの日々で大切なことを忘れてはいませんか?小顔作りというと、ただ単に小顔にすればいいというのではありません。忙しさに加えてダイエットを短期で終わらせるためにと、食事による栄養摂取が疎かになっていては、小顔作りへの成功は遠のき、荒れた肌だけが残ることに。忙しい毎日の中でも、栄養のバランスが摂れた食習慣を続けて、艶やかな美肌が保たれた小顔をゲットした...

小顔作りに欠かせないことの一つとして、新陳代謝を高めることが挙げられます。もちろん、どんなダイエットにおいても必要なことですが、問題はその方法ですね。運動が苦手というダイエッターにはつらいことではあるものの、効率よく新陳代謝を高めるためには、やはり適度な運動を習慣化する必要があります。中でもスイミングでは、水圧による全身刺激が行われ、代謝促進はもちろん、ダイエットにも効果を高めるため、結果として小...

一般的に、身体全体のダイエットを行えば顔も自然と痩せてくるはずなのですが、年齢や体質によっては、顔だけが痩せられないままということも少なくありません。では、顔痩せに効果的な運動はあるのでしょうか?ご存知の通り、ダイエットを効率よく行える運動には様々な種類があります。中でも、女性には体力的に継続しやすく十分な有酸素運動効果が高められるウォーキングや軽いジョギングがオススメでしょう。もちろん、全身の痩...

顔太りが気になる方には、全体的に痩せ体質へと導くこともオススメです。私達の身体を形成する細胞では、摂取した食べ物を脂肪として蓄積を行う「白色脂肪細胞」と、エネルギーに変換し熱を起こす「褐色脂肪細胞」があり、当然ながら褐色脂肪細胞を活発化させている人に、痩せ体質が多いとされています。今回は、そんな褐色脂肪細胞を活発的に働かせるために有効的とされている飲み物をご紹介していきましょう。●ミントティ、緑茶...

「1日1個のリンゴで医者要らず」と言われるほど、昔から健康的な身体作りに貢献する「リンゴ」ですが、近年の研究では、生活習慣予防効果、がん発症リスクの軽減効果に加えて動脈硬化予防効果なども発表されており、ますます注目を浴びています。さらに、そういったダイエットや健康的な効果に加えて、美肌効果にも期待できる食材でもあることをご存知でしょうか。●リンゴの美肌成分とはリンゴに含まれている美肌成分といえば、...

ダイエットをする上で、まず身体から取り除きたいと思うものと言えば、余分な脂肪や老廃物。もちろん、小顔にも同様のことが言えますね。顔に蓄積してしまった脂肪や老廃物をリンパへと流すことで、「小顔形成」も理想ではなくなるのです。今回は、そんな「小顔形成マッサージ」をご紹介します。とても簡単な上、専用道具も不要ですから、すぐに始められます。●小顔形成マッサージの手順@まずは額に髪の毛がかかってしまわないよ...

ダイエッターにとって恐怖な季節といえば、やはり薄着のシーズン、夏ではないでしょうか?ただ、夏に向けてダイエットを成功させようと頑張ってみても、ボディとは違って服で隠すことができない部位である「顔」だけが痩せられなかった、かえってたるみがひどくなってしまった、むくんでしまったという結果になることもあるようですね。部分痩せはなかなか効率的にできず、特に顔では、二重顎を作ってしまうお肉の引き締めがとても...

時期になれば、必ずといって言いほど食卓に出される小さな食べ物、「しらす」。豊富なカルシウムから、健康的な食生活には欠かせない食材とされていますが、もちろんカルシウムだけではありませんね。実際には美容成分もしらすに多く含まれており、プリプリとしたハリのある美肌を保つために必要な食材でもあるということ、ご存知でしたでしょうか?●美肌と「エラスチン」の関係肌には、コラーゲンを支えるためのタンパク質である...

顔太りの原因の1つとしてよく挙げられていると言えば、やはり「むくみ」でしょう。特に目のむくみは、ダイエッターでなくても朝から感じることも多く、お昼を過ぎても目はむくんだままという経験をした人も多いのではないでしょうか。そのような長時間に渡る目のむくみは、意外な要因によって引き起こされていることも。目の周囲は、加齢や体重の増加だけに限らず、生活習慣や疾患などがあからさまに出てしまう部位でもあるのです...

アイメイクによる小顔効果むくみが酷い朝や加齢によるたるみなど、一瞬にして解消できるとすれば、もはや神業ですよね。でも、メイクのテクニックにより、手っ取り早く小顔に見せることが可能とすればいかがでしょう。その重要ポイントとしてはやはり、「ぱっちりとした目」に見せること。目の面積を大きくすることで、顔の余白が減少したかのように、小顔に見せることができるのです。もちろん、濃いメイクをする必要はなく、いつ...

疲れやむくみを感じたら、年齢が出やすいとも言われる部位は特に要注意。そんな部位の1つが、ご存知の通り「目元」ですね。朝起きてすぐには、寝不足や暴飲暴食、疲労などから引き起こるクマやくすみ、むくみなどを感じたり、夜には乾燥による小ジワやたるみを感じたりと、一日中、目元の悩みは尽きないものです。特に女性は、年齢とともに目元のたるみが強まってしまう上、ダイエッターにとってはむくみも気になるところ。そこで...

理想の小顔の大きさがどのようなサイズであるか、ご存じですか?実は、理想の小顔にはただ単にサイズだけではなく、顔全体、パーツごとの「黄金比率」が存在しています。まさに、古代から建築やアートにおいて、美しさを直感させる比率と同様に、小顔にとっても不変の美を表す比率があるということなのです。>>顔を細くする方法や顔の部分痩せ小顔の黄金比率とは今回は、小顔の黄金比率について詳しくご説明していきましょう。顔...

エルセーヌのフェイシャルでは、昔はこんな顔ではなかった…そう諦めてしまっている方に。大手エステサロン「エルセーヌ」が、エステ業界でも珍しい、「小顔ハリ美肌コース」を展開し、若返りを可能にしています。若々しさを取り戻して、美肌な小顔で生まれ変わる!エルセーヌのフェイシャル体験エステをもっと詳しく見てみる >>若々しさを取り戻して、美肌な小顔で生まれ変わる!エルセーヌのフェイシャルでは、昔はこんな顔で...