ニコールキッドマン

透き通るような白い肌を保つために、美容をとても心がけているニコール・キッドマンのダイエット法はいかがでしょうか。

名づけて「ゆで卵ダイエット」。
そのまま、ゆで卵を食べ続けるダイエットだそうです。
ゆで卵は、朝食に1つ、昼食は抜いて、夕食にまた2つ食べるそうで、どうしても空腹感が満たされないとなると、夕食には1つプラスするそうで…ニコールのご褒美加減はとても地味ですが(笑)。
ゆで卵を食べ続けるには、余程の卵好きでなければ、つらそうですよね。
日本でもかなり昔からあったダイエット法ですが、スタンダードな方法としては、1日3食分を全てゆで卵だけを食べるというもの。
1日に10個前後のゆで卵を食べてもいいようです。
Lサイズの卵をゆでた場合、可食部は約90kcalなので、1日10個でも900kcal前後であり、基礎代謝よりも低めのカロリーですね。
1日の必要摂取カロリー量が下回るので、不足カロリー分は脂肪を燃焼させることになり、ダイエット効果に抜群という理論になります。

コレステロール(LDL)値を下げる食品

ただ、これは単品ダイエットになるので、偏食と変わりがなく、あまりオススメはできないというのが事実。
単品だけでは栄養バランスが崩れてしまうということは、言うまでもありません。
そういう意味でも、ゆで卵ダイエットも、短期間だけ実践する方法とした方がいいでしょう。
また、朝食をゆで卵のみ、昼食と夕食は通常通りの食事にするという方法もいいですね。
通常の食事では、高カロリーなものは避けて、野菜中心を心がけましょう。

 

安い&でカルシウムたっぷりの健康に気遣える野菜安くて美肌とダイエットに適している野菜とはきのこ忙しい人でも簡単にできるダイエット効果を上げる温野菜も参考にしてみて下さい。

 

そして、美味しいからと、ゆで卵にマヨネーズをつけて食べるのは絶対NG(笑)。
それはもう、ゆで卵ダイエットではなく、単なる高カロリーな卵サラダですから(笑)。
手早くダイエットしたい方にはダイエット商品ランキングも参照してみて下さいね。

>> 血糖値・中性脂肪を下げる【おとなの前菜】お試し購入|効果・口コミ