ジェニファー・ロペス
女優であり歌手でもあるジェニファーは、精神面からダイエットにアプローチ。
グレープフルーツオイルを常に持ち歩いているそうで、空腹を感じた時にその香りを楽しみ、食欲抑制を高めているとか。
グレープフルーツの香りには、UCPというタンパク質を分解する効果が期待できます。
一般的に、肥満の人は、脂肪燃焼効果を持つタンパク質「UCP」量が少ないのですが、交感神経が低いとUCP分泌量は少なくなってしまいます。
グレープフルーツの香りを嗅ぐことで、交感神経に刺激を与えることができ、UCPの分泌促進に作用し、脂肪燃焼効果を高めるのです。
さらに、体内脂肪の燃焼促進の他、利尿促進、精神のリフレッシュ効果、肌の引き締めや代謝アップ、デオドラント効果から汗のにおいを抑制するなど、女性に嬉しい効能が満載なので、是非ともオススメです。
アロマの楽しみ方としては、アロマポットやランプの受け皿に、水かお湯を注ぎ、グレープフルーツオイルを1~6滴ほどドリップ、キャンドルや電球で熱していきます。
製油がゆるやかに蒸発するにつれ、心地良い香りに包まれていきます。
もちろん、バスタブに5滴ほどを落としてよくかき混ぜ、アロマバスを楽しむのもいいですね。
そして、ジェニファー・ロペスのように、バッグに忍ばせるセレブダイエット法もGood(笑)。
ちなみに、逆に太らせるには、ラヴェンダーの香りが効果的。
副交感神経の働きを活発化して、食欲を増すのだそうです。
ダイエッターには要注意ですよ(笑)。