食事制限はどうしても避けたいというダイエッターには、話題の「8時間ダイエット」を試してみてはいかがでしょうか。

今回は、1日に8時間内だけ食べて良いというルールを基にしたシンプルな方法である8時間ダイエットについての詳細、作用や方法についてご紹介していきます。

無理がなく継続しやすいダイエットを模索中の方には必見です。

「8時間ダイエット」について

ダイエットを成功させるには、やはりある程度の食事制限は必要不可欠。

ですが、断食や単品、低糖質ダイエットなどの食事制限では、すぐに飽きがきたり、空腹感がつらかったりして、結局は継続がしづらくなってしまうことがほとんどでしょう。

今回オススメしたい「8時間ダイエット」は、そんな不安を解消すべく、1日に摂る食事を8時間内に済ませる上、その間は基本的にどんな食べ物を摂取してもOKという、シンプルかつ満足感に期待できるダイエット法です。

制限を、食事の「内容」ではなく「時間」に設けることで、食に対するストレスも自然と緩和され、ダイエットライフが継続しやすくなります。

8時間ダイエットで本当に効果的な痩せ方は可能?

8時間もしっかりと食べながら、痩せられる…本当なのかどうか、疑問に感じているダイエッターも多いことでしょう。

その大きな理由には、8時間内に1日の食事を終えてしまうことが、結局は1日の総摂取カロリーを減少させることにあります。

試してみるとわかりますが、1日3食を8時間内に済ませてしまうことはなかなか難しいものであり、自然と1日2食の生活になっていきます。

マウス実験によれば、24時間食べ続けられるマウスに対し、同じ高カロリー食を8時間のみ与えたマウスの方が痩せられたという結果が出ています。

8時間ダイエットの基本的な方法

では、その基本的な方法を詳しくご紹介していきましょう。

このシンプルな方法は、1日における食事を8時間内に済ませてしまうことですから、例えば最初の食事時間が10時であったのなら、その8時間後、18時までにその日の食事を終えてしまうことがベースになります。

ただし、8時間内での食べ物は何でもOKなので、ダイエット中には避けるべきとされるお菓子やアルコール、高カロリー食なども基本的に我慢しなくても良いのです。

もちろん、1日24時間の8時間だけが食事の許される時間ではあるものの、残りの16時間はノンカロリーの飲料、水やお茶などによる水分補給は必須です。
ちなみに、8時間ダイエットは残りの時間のことも考えて、「16時間ダイエット」、「8:16ダイエット」とも呼ばれています。

効率の良い時間設定

8時間ダイエットで成功させるためには、やはり朝食抜きの時間設定がオススメです。

基本的なダイエットライフでは、朝食抜きは厳禁とされていますが、8時間ダイエットで朝食を7時に摂ってしまうと、その日の食事は15時までに済ませなくてはいけないことになってしまいます。

それではなかなか継続しづらくなりますから、朝食を抜いてその日最初の食事を12時にしておけば、20時まで食事が可能となるののです。

特にデスクワークをしている人には、この時間設定が合わせられやすいと言えますね。
それぞれライフスタイルに合った、続けられやすい時間を設定しておきましょう。

 

>>継続すると効果がある?緩やかに取り組む糖質制限ダイエット
>>産後は空いた時間に簡単にできるストレッチダイエット

飲んでもOKな飲料

8時間の食事を終えると、一切口にすることはNGというわけではなく、水やお茶といったノンカロリー飲料は好きなだけ飲むことができます。
特に、就寝中には水分が失われていますから、起床後はしっかりとした水分補給が必要になります。

水分を積極的に摂取し、身体の巡りを良い状態にしておくことも大切なのです。

さらに、水分補給には基本的に水、またはお茶が好ましいのですが、カフェイン入り飲料、コーヒーや紅茶もGood。

カフェインは、交感神経への刺激を作用して食欲抑制に繋げるほか、エネルギー消費のサポート、脂肪分解促進効果などに期待できます。

コーヒー好きなダイエッターには、香りによるリラックス効果にも期待できますから、ダイエットによるストレス対策にもなりますね。
ただし、砂糖やミルク入りはカロリーをプラスすることになるため絶対NGです。

そして、カフェインの睡眠を妨げる作用のことも考え、就寝前には摂取を避けるなど、飲むタイミングにも要注意。
また、空腹感を紛らわすために、ノンシュガーの炭酸水もいいですね。

当然ながら、野菜やフルーツたっぷりのジュースなども、栄養バランスが考えられているとはいえ、カロリーがありますから、8時間後の16時間内にはNG飲料となります。

 

>>痩せる体質にするには飲み物選びや飲み方も超重要!
>>美容効果も高いおすすめのココアの飲み物ダイエット法
>>生命エネルギーの吸収がカギ?酵素ドリンクの選び方
>>ドリンクバーを活用してダイエットに結びつける方法

8時間ダイエットを成功させる効果的な方法

どれほどシンプルなダイエット法であっても、やはり成功させるためのポイントをおさえておくことは大切です。

8時間ダイエットでは、1日の8時間内だけ自由なタイミングでどのような食事をしてもOKなのですが、逆に言えば飲む以外で断食を16時間続けなくてはいけないのです。

人によっては空腹に耐えられず、継続はおろか、早くから挫折してしまうことも少なくはありません。

起床から就寝までの間で、食事OKの8時間をどのように設定するのか、また残りの16時間をどのように過ごすのかも、8時間ダイエットの成功を左右します。

では、成功へと導く大きなポイントを挙げていきましょう。

空腹時の対処法

1日の最初に食べる時間を早めに設定すると、食事ができない時間が長くなってしまうため、空腹感を強めてしまうことが考えられます。

特に、8時間ダイエットをスタートさせてすぐは、まだ慣れていないこともあり、空腹を強く感じて当然ですから、まずはその対処法を重視したいもの。
その有効的な方法として、ゆっくりと白湯を飲むことがオススメです。

時間をかけて飲むことで満腹感が得られ、食欲抑制効果に期待できます。
もちろん、上記の理由から砂糖やミルクなしのコーヒーを飲むこともGood。

さらに、ウォーキングなど身体を軽く動かす有酸素運動も得策です。
ダイエットに限らず、生きていく上である程度の運動は必要不可欠ですし、痩せ体質へと繋げる筋トレも有効的です。

また、夜の就寝時間が遅い、つまり1日の活動時間が長過ぎれば、それだけ空腹感が強まってしまいますし、睡眠不足によって食欲増進ホルモンのグレリンを分泌促進させてしまうことにも注意したいもの。
早めの就寝も大きなポイントとなります。

 

>>ハリウッドグリーンスムージー酵素ダイエット|空腹感なし飽きない
>>美容にも良い?脂肪燃焼効果と空腹感をなくすナッツ類の効用
>>LDL値を増やしてダイエット効果を高めつつ空腹感を満たす方法
>>ベジファス(機能性表示食品)最安値で購入(解約方法あり)【口コミ・効果】

継続にはまず便秘を改善

食事時間を制限し、自然と食事量も減ってくると、食べ物によっては便秘を引き起こすことも珍しくありません。
もともと便秘が原因で太ってしまったダイエッターは、特に注意しておきたいことではないでしょうか。

その対策には、やはり食物繊維を豊富に含んでいる野菜やキノコ類、海藻類などの積極的な摂取を心がけるようにしましょう。
食物繊維は体内で膨張しやいため、空腹の対処にも期待できます。
また、便秘解消サポートに加えて、糖質や脂質の体内吸収抑制に作用するなど、ダイエットには欠かせない栄養素です。

ちなみに、食物繊維といえば水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」の2種類がありますが、前者ばかりを摂取していても便秘の悪化に繋がることもありますから、双方をバランスよく摂取することがオススメです。
不溶性食物繊維を豊富に含んだ食材では、レタスやキャベツ、イモ類、こんにゃく、玄米などが代表的です。

対して水溶性食物繊維が多く含まれる食材では、海藻類をはじめ、オクラやゴボウ、アボカド、キウイ、大麦などが挙げられます。
腸内環境を調整すれば、太りにくい体質へと改善もされますから、8時間内に食物繊維も忘れずに摂取して下さいね。

 

>>モリモリスリム(美容健康茶)で便秘解消【お試し/最安値】効果・口コミ
>>少しの変化で便秘改善に結びつく生活習慣
>>便秘解消スープで便秘が起こりやすい「夏」を乗り切る
>>便秘解消に効く発酵食品で肌荒れ知らずの美肌もキープ
>>便秘や下痢等お腹の調子が悪い人がしている要注意な食材
>>美肌・便秘予防・ダイエットに有効?綺麗な体を作るりんごの食べ方

1ヶ月は継続すること

食事時間を制限することで総カロリー量を減らす8時間ダイエットは、即効性がある方法ではなく、緩やかな体重減少をベースにしています。

ですから、変化がみられないとすぐに諦めるのではなく、最低でも1ヶ月は継続することが大切です。
仕事のことなどから毎日の継続は無理となっても、1週間で3日間行えれば、スピーディな痩せ方ではないものの効果は期待できるとされています。

結果については、もちろん個人差で大きく違ってきますが、1ヶ月間で約5kgも痩せられた人もいるようです。

8時間ダイエットは朝食を摂らない人向き

8時間ダイエット法が、もともと朝から食べられない、朝食を摂らないという人には、生活習慣を大きく変える必要がないダイエット法ですから、継続しやすいと言えるでしょう。
ただし、朝食を摂らない人の中には、夜更かしによって朝食を摂る時間がないケースも少なくないようです。

その場合は、空腹感を招きやすい夜更かし・睡眠不足を改善し、例え8時間内としても就寝直前の食事、特に暴飲暴食は胃腸への負担を大きくして睡眠の妨げにもなりますから要注意。

食事は就寝の2~3時間前に済ませておくようにしましょう。

 

>>健康にも気遣った太るフルーツと痩せるフルーツとは
>>小顔を作る為の理想的な食生活で若返り効果も期待できる
>>理想的な食習慣!多くの栄養士も推進する痩せやすくする食品

有酸素運動の組み合わせが効果的

上記、「空腹時の対処法」にて少し挙げましたが、8時間ダイエットの効率をさらにアップするため、そして健康的なダイエットライフを続けるためにも、1日に10分ほどでOKですから、ストレッチやウォーキングなどの有酸素運動を習慣づけることも大切です。

運動に慣れていない、苦手という人には、無理のない程度から始め、徐々に運動量を増やすといいでしょう。

そんな時間がないという人は、通勤などで一駅分歩く、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を利用するというだけでも、1日における運動量をアップすることが可能です。

さらに、8時間ダイエットでは食事による総摂取カロリー量が減少しますから、筋肉の維持と脂肪燃焼をしやすくするためにも、筋トレを1週間に2~3回は行うことがオススメです。

 

>>運動が苦手・嫌いな人でもできる簡単なダイエット方法【5選】
>>顔痩せに効果的な運動【ウォーキングとジョギング(ランニング)方法】
>>産後に効く便秘解消する簡単にできる運動・体操・マッサージ
>>【産後リカバリーエクササイズ】産後太りを解消する運動

8時間ダイエットでのおすすめの食べ物

8時間内に何でも食べてOKとは言っても、ジャンクフードばかりの食生活は健康的ではありません。
やはり健康面のことも十分に考え、栄養バランスが良い食事を心がけることが重要です。

私たちの身体に必要である三大栄養素とは、「タンパク質」、「脂質」、「炭水化物」の3つ。

中でも、減らさないことが重要視される栄養素といえば、血や肉の源であるタンパク質ですね。

その食材では、卵や脂身が少ない肉類、魚、豆類や乳製品などが挙げられ、毎日の食習慣に加えておくようにしましょう。

そして、8時間ダイエットは糖質制限もありませんから、お米はもちろんのこと、麺類やパンなどの炭水化物の摂取も可能ですが、
「タンパク質:脂質:炭水化物=15%:25%:60%」

というバランスが理想ですから、過食には要注意。

さらに、身体の機能を正常化させ、維持するためにも、ビタミンやミネラル類の摂取も忘れてはいけません。

葉物野菜や濃い色の野菜なども積極的に摂りましょう。
また、小腹が空いた時には、お菓子やケーキよりもナッツ類やベリー類を選択しましょう。

8時間ダイエットを行う上での注意点

8時間ダイエットを1ヶ月以上続けてみても、期待していた効果は全く見られなかったという場合、食事内容を再度見直すことが必要です。

基本的に、8時間内なら食べ物を自由に選んで食べてOKというダイエット法ですが、身体の状態などによって個人差がかなり表れるものです。

もちろん、これまでの食事量よりも多く8時間内に食べていれば、痩せられなくて当然ですね。
量以外にも、早食いやお菓子の過食、就寝直前での食事などにも要注意です。

 

>>痩せたい女心を逆手にとった注意したいエステサロン
>>間違っている危険なカフェイン摂取に要注意
>>むくまないようにするには塩分の過剰摂取に要注意も大切
>>野菜を食べているのに太る?野菜ダイエットの注意・危険性

カロリーオーバーはNG

8時間内に何を食べてもいいからと、暴飲暴食をしてしまっては、良い結果に繋がりません。

8時間ダイエットでは、個人のライフスタイルによって断食しなくてはいけない時間が長くなることも考えられ、そのために空腹感が強まってしまうことが大きなデメリットといえます。

だからといって食べ過ぎてしまえば、大幅なカロリーオーバーになってしまいますから、食事内容を再確認するようにしましょう。
そして、1口に15~30回ほど噛むことを理想に、ゆっくりとした食べ方をすることも大切です。

 

>>高カロリーな食べ物ランキングベスト10&理由
>>高カロリーな果物ランキングベスト10を知って効率的にダイエット
>>宴会や居酒屋で気をつけたい高カロリーなメニュー
>>鍋料理が低カロリー??危険な鍋料理とは
>>高カロリーな食事をしている国ランキング
>>グルメコーヒーの危険性と高カロリーなグルメコーヒーランキング
>>カロリーが高いけどダイエットに効果的な食品がある

意図的に空腹時間を設けること

8時間ダイエットでは、残りの16時間という断食時間をうまく設定して、代謝を良い状態にすることも目的にしています。

基本的なダイエットを考えれば、朝食を抜くことで次の食事時間までが長くなり過ぎ、次に体内へと摂取した食べ物が吸収されやすくなり、太りやすい体質になる…という繋がりが不安を掻き立てませんか?

しかし、とある実験によれば、朝食を抜いたとしても体重がすぐに増えるということもなく、血糖値が急上昇してインスリンの分泌を促進させたという結果も見られなかったとのこと。

つまり、朝食抜きが肥満へと直接的な繋がりを意味することは考えにくいとも言えるのです。
むしろ、ダラダラと食べ続けることこそ、太りやすくさせるはず。

まずは、8時間ダイエットで時間制限を身につけながら、正しい食習慣を続けていきましょう。

8時間ダイエットでもしストレスを感じたら?

ライフスタイルを考えてみると、8時間内に食事を済ませることも難しいと感じる人もいるでしょう。

そんなことがストレスになっては、ダイエットはおろか、さらに太ってしまうことにもなりかねません。
それなら、10時間、または12時間ダイエットから始めてはいかがでしょうか。

体重の変化はさらに緩やかになりますが、効果的であったという口コミも珍しくはないようです。
10時間ダイエットのポイントとしては、

食事回数と時間帯は一定にする

今まで以上にカロリーを増やさない

水分補給や運動についてなど、8時間ダイエットのベースは同様に守る

などが挙げられます。

8時間ダイエットで、16時間の断食時間が長過ぎると感じた人も、10時間ダイエットでストレスフリーに始めてみて下さい。

「継続」は、どのダイエット法にも共通し、重要とされるルールです。

そこへ、ストレスやライフスタイルにおける問題などが重なれば、ダイエットを継続させることなど不可能なのです。

対して8時間ダイエットでは、食べ物の制限もほぼなく、ライフスタイルに合わせた時間設定が可能ですから、ストレスを感じにくく継続しやすいダイエット方法と言えます。

どのダイエット法でも継続がしづらかったという方には特に、試してみることを強くオススメします。

 

>>ストレスの要因『ストレッサー』がダイエットを阻止
>>ダイエット中にストレス過剰による便秘に注意・解消方法
>>「コルチゾール」を減らすには【ストレスを減らす事で肥満の原因】