アラフォーと言われる年齢に到達すれば、「太りやすく痩せづらい」体質になっていることが一般的。

では、その原因とはどのようなことが考えられるのでしょうか?

今回は、外的環境も含め考えられる原因を挙げてみます。

40代が太りやすくなる・痩せづらくなる原因とは?

ストレス

様々なストレスが重なり、その解消のために暴飲暴食が繰り返され、太りやすくなります。

運動不足

運動不足により、当然ながら消費エネルギー量が減ってしまいます。

さらには、全筋肉が落ちてしまうために基礎代謝も低下、消費エネルギー量がますます減ることになり、太りやすい体質となってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れ

女性は特に、30代後半というと更年期へ差し掛かる時期でもあり、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が徐々に減少し、太りやすいなど体調の変化を多々感じるようになります。

エストロゲンには、

・適量の食事で満腹感を得させる食欲抑制

・脂肪燃焼促進、内臓脂肪の蓄積抑制

・美肌への源であるコラーゲン生成

の作用があるとされています。

そんなエストロゲンの分泌量が減少となれば、ダイエットホルモンとされる「レプチン」も分泌されづらくなり、食べても満腹感が得られず、つい過食気味になる可能性が高まるのです。

>>女性ホルモン(エストロゲン・セロトニン)を増やす方法【ストレス太りも解消】

セルライトの蓄積

脂肪に老廃物などが結合、「セルライト」ができてしまいますが、一度できると解消は難しいもの。

また、日頃からむくみを放置したままであれば、セルライトは蓄積されやすくなってしまうのです。

基礎代謝の低下

生命活動の維持に必要不可欠であるエネルギーのことを、「基礎代謝」と言います。

基礎代謝は、呼吸や睡眠時であっても行われていますから、その代謝が活発的である10~20代では、脂質や糖質を食事より多く摂取したとしても、基礎代謝にすぐ使われるため、太りにくい体質が保たれるのです。

しかし、基礎代謝は加齢とともに低下してしまいます。

筋肉量の低下

脂肪燃焼には、筋肉が必要になるのですが、上記のような理由から、40代では筋肉量がかなり減少してしまうため、同じような運動を行っていても、脂肪燃焼は効率よく行われなくなります。

つまり、食事量を減らしたとしても、エネルギー消費がされづらくなってしまうのです。

腸内環境の悪化

筋肉量の低下による腹筋力の衰えに加えて、食生活の乱れなどから、腸内に潜む悪玉菌が増え、便通を悪くさせてしまいます。

結果、体内に毒素が滞ることになり、代謝機能の役割を果たす肝臓が、解毒機能を優先させることになるため、脂肪が代謝されづらくなってしまいます。

身体の冷え

筋肉量の減少、筋力の低下により、全身を巡る血流も低下することに。

そうなれば、血液が手足の末端まで十分に運ばれず、身体は冷えを強く感じるようになります。

そうして溜まってしまった熱量は、ほてりとして顔に表れるのです。

体温の低下が基礎代謝も悪くさせるため、食事量を減らしたとしても、体重はなかなか下がりにくくなってしまいます。

TCA回路(クエン酸回路)の機能低下

エネルギー代謝とTCA回路(クエン酸回路)には、とても深い関係があります。

肝臓内に蓄えられているエネルギーは、酵素により「ピルビン酸」へと分解、さらに別酵素により「アセチルCoA」へと分解されます。

このアセチルCoAは、最終的に「クエン酸」となり、エネルギー回路として巡ります。

加齢はもちろんのこと、ストレスや食生活の乱れにより、このクエン酸回路は低下してしまい、エネルギー代謝を困難にして、痩せづらい体質に繋げてしまいます。

酵素不足

エネルギーが生成される上で、クエン酸回路が行われています。

エネルギーは、クエン酸~コハク酸~フマル酸~リンゴ酸への分解がされつつ生成されますが、「酵素」がこの分解に必要となります。

酵素は元々体内に備わっているものですが、加齢により低下してしまうため、クエン酸回路は十分な機能を果たせなくなり、脂肪がいつまでもエネルギーとして消費されることなく、痩せづらい体質を保ってしまいます。

低下する睡眠の質

40代では、仕事のストレスなども高まって、精神的・体力的にも疲労感が強くなっていきます。

さらには、育児や老介護など、様々な問題、将来への課題も重なり、自律神経が高ぶってしまうため、ダイエットに必要な睡眠の質にも悪影響を及ぼすことに。

結果、代謝は低下してしまいます。

外的環境~育児

一般的に40代では、まだ育児の途中であるため、自身の時間を取りづらい環境にあることが確か。

エクササイズの時間を持つのも難しく、子供に合わせた食事が多々なため、無意識に過食気味となることも珍しくはありません。

外的環境~仕事

40代といえば、プレッシャーが多いポジションを任される環境下に身を置くチャンスが多いもの。

それだけにストレスも高まり、仕事中は特に緊張状態が続いてしまいます。

帰宅後はリラックスするためにも、つい必要以上に食べ過ぎたりお酒を飲みすぎたりして、太りやすい体質に繋げるのです。

外的環境~お付き合い

仕事上でのお付き合いの他、子供のイベント、親同士でのお付き合いなど、何かと飲食をともにする機会が増えていく年齢でもあります。

つい暴飲暴食となってしまい、リセットをしづらい日が増え、太りやすく痩せにくい体質になっていきます。

原因を知ることで、今後の対策も立てやすくなり、成功させやすいダイエットができるはず。

また、まだアラフォー域ではない人も、予防対策をとして覚えておくといいでしょう。