ダイエットを始めようとする多くの中には、過食に悩んでいる方も少なくはありません。
特に豊食の現代では、様々な理由から、過剰な食欲に悩まされている女性が急増しているのだとか。
単に、食欲旺盛であるのなら問題はないものの、食欲が止まらないという症状が長期に渡って続いている場合、思わぬ病気が潜んでいることも考えられるようです。
>>痩せたいと焦る女子は注意しておきたい身体の変化
そんな食欲過剰の原因としては、心の病であったり、内分泌疾患である可能性もあり、このような症状を放置していると、体重増加はもちろんのこと、心身ともに崩れてしまいかねません。
今回は、過剰な食欲の裏に潜む病についてご紹介致します。
ダイエットを始める前に、当てはまる症状があるかどうか、まずはチェックをしてみて下さいね。
不安神経症
過去に経験したショックや心配事、ストレス、悩みなどといった精神的なことが原因になり、常に不安な状態に陥ってしまう病気です。
さらに、過労や睡眠不足(ダイエット中に眠れない女性が多い?不眠症の原因)などの身体的な悪影響がきっかけとなって、発症することもあるそうです。
過食症
一定時間内に食物を大量に摂取しては嘔吐、下剤を服用したり絶食をするなどして、体重増加を阻止しようとする病気です。
ひどくなると、無気力な状態になったり、自己嫌悪に陥ることも。
発症には、ハードなダイエット後やストレス過剰が原因という説もあります。
※参考ページ過食症で食べても痩せてしまう理由とは?も見てみてください。
糖尿病
膵臓から分泌されるホルモン、インスリンが鍵となっている病気です。
インスリンの働きによって、正常な状態の血糖値をキープしていますが、量不足であったり働きが悪くなることで、血糖値は正常をキープできなくなり、糖尿病が引き起こるのです。
このインスリンが不足すると、身体は補給しようとして、過食になるそうです。
バセドウ病
甲状腺ホルモンが過剰分泌する病気です。
身体の新陳代謝を活発化させる甲状腺ホルモンの過剰分泌では、エネルギーは過剰なまでに使われてしまうので、食欲が増してしまいます。
低血糖症
血中のブドウ糖量が少なくなり過ぎることから、身体がエネルギー不足に陥る病気です。
糖分の不足で真っ先に影響を受けるのは脳であり、脳が正常に動かなくなることで、集中力が失われ、その補給のために食欲旺盛になるのです。
脳の疲れ『脳疲労』がダイエットを失敗させる原因にという失敗の原因のページでも説明しています。
月経前症候群(PMS)
生理前に起こる、精神的、身体的症状では、頭痛や腹痛、苛立ち、だるさに加えて、食欲旺盛も特徴的。
詳しい原因は判明されていませんが、リラクゼイションを与える神経伝達物質、セロトニンが不足するということ、そして血糖値の低下も、原因として考えられているようです。
もちろん、運動をよくするようになった、行動範囲が広がったなどと、生活環境が変わったことから、単に食欲旺盛になっただけという場合もありますね。
ただ、大きな環境の変化もなく、食欲旺盛が何日経ってもおさまらないという時は、病気を疑ってみることも重要です。
ストレスがさらに食へと走らせ、その引き金により病気にかかってしまうということもありえます。
気になる症状があれば、放置しておくのではなく、かかりつけの医者に相談するようにしましょう。
過食がダイエットを始めるきっかけになったという方は多くいますが、何故過食になってしまったかという原因追求も、健全なダイエットを始める上でとても大切なことと覚えておきましょう。