太りたくない

太りたくない人必見!?太らないための予防法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加   

太りたくない人必見!?太らないための予防法とは


ダイエットでは、単に痩せるだけではなく、ダイエット成功後も太らないように予防する習慣を続けることが大切です。
では、そのための予防策をいくつかご紹介していきましょう。

 

痩せる方法|痩せたい人が短期間で成功する方法ランキング

 

*毎朝体重をチェック
国際基準での肥満判定のベースとなる「BMI」数値は、
BMI=(イコール)体重kg÷(割り算)(身長m×(掛け算)身長m)
という計算式にて求められます。
結果、病気などに最もかかりにくいとされる数値は「22」、肥満と判定される数値は「25以上」とされています。
まずは自分の適正体重を算出しておき、毎朝起床後のトイレを済ませたら体重測定を。
毎朝同時間・同コンディションによる体重の変化で、前日の生活状態を見直し、自身の身体を理解しやすくなります。

 

*間食には甘味よりも塩味、スイーツ後にはお茶を
どうしても間食が必要という場合は、ケーキやパフェなど甘い洋菓子よりも、和菓子、胡桃などのナッツ類、塩味のスルメや昆布、お煎餅などを選ぶと、カロリーや脂質が抑えられてオススメ。
特に、クリームたっぷりのものでは白砂糖も影響して、血糖値の急上昇により太りやすい体質に繋がってしまいます。
そして、どうしてもスイーツや脂っこいものを食べてしまった時には、脂肪燃焼効果を高めるお茶を飲むようにしましょう。
カテキンたっぷりの緑茶、または烏龍茶はスッキリ感を与えてくれる他、コレステロール値低下や糖尿病予防にも効果的です。

 

*アクティヴな性格
様々なことに興味を持ち、多趣味、さらに行動的な習慣は、健康的な精神・肉体にとって必要不可欠。
運動が苦手であっても、親しい友人との小旅行や映画鑑賞、コンサートなどイベントに参加するだけでも、ポジティヴ精神・モチベイションを高められます。
逆に、ダラダラとした生活習慣では、気分も落ち込みやすく、時間さえあれば食べるという繋がりが強まります。

 

*基礎代謝アップ
基礎代謝促進には「筋肉量」が必要ですから、ウォーキングなどの有酸素運動も必要ですが、気になる方にはスクワットや筋トレなどの無酸素運動で筋肉量アップを目指すといいでしょう。
慣れていない場合は軽い筋トレから始めてはいかがでしょうか。
そして、筋肉量維持にはタンパク質を十分に摂取することも重要です。

 

*バランスが取れた食生活、太らない食べ方
低カロリー食品のみの偏食をするのではなく、健康的な体内環境のためにも、食物繊維、発酵食品、タンパク質、果物や炭水化物、季節の野菜や魚など、常に栄養素を満遍なく摂取する食生活を心がけましょう。
そして、血糖値を急上昇させないように、空腹時はタンパク質、酢の物やレモンが使われたものなどを食べ始め、最後に炭水化物や甘いものを食べるという順序にも気をつけたいもの。
また、噛む回数を多くすれば、満腹感を得やすく、胃腸への負担は減少し、消化吸収が良くなります。

 

*水分補給はこまめに
喉の乾きは関係なく、ゆっくりと少しずつこまめに、毎日たっぷりの水分摂取で、基礎代謝アップに繋がります。

 

*十分な睡眠
22時から翌日2時までの間に就寝することが大切。
睡眠不足では、肥満抑制作用を持つレプチンというホルモン値を低下させ、太りやすい体質に繋げてしまいます。

 

*正しい姿勢の維持
姿勢を正しく維持することで、基礎代謝アップに加え、太る原因である骨の歪み予防にも効果的です。

 

*褐色脂肪細胞の活発化
脂肪燃焼をしやすい体質にするには、心臓、首の周囲、肩甲骨などに位置する「褐色脂肪細胞」を活性化することが必要です。
そのためには、冷水と温水を交互に浴びることがオススメ。
全身で行うことが苦手であれば、手に浴びるだけでも効果的と言われています。

 

太らない体質作りは簡単なことではありませんが、予防対策を習慣化すれば、自然と太りにくくなっていくもの。
まさに「ローマは一日にして成らず」というように、美容と健康は努力の積み重ねが重要であることをお忘れなく。

 

痩せるエステ 痩身エステの総合評価ランキング


TOPへ戻る >>痩せる方法|痩せたい人が短期間で成功する方法ランキング




【勧誘なし】痩せなかったら全額返金 >>



ダイエット食品ランキング


痩せるエステランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加   

太りたくない人必見!?太らないための予防法とは記事一覧

皮下脂肪が増えてしまったという方には、ダイエットを成功させることがなかなか難しく、ストレスがたまり、さらに体重が増えていく、という悪循環になることも多いようですね。では、お腹や脚、二の腕についてしまった皮下脂肪をしっかりと落とすには、どのようにすればいいのでしょうか。今回は、皮下脂肪を撃退するポイントをご紹介します。基礎代謝をアップダイエットの基本ですが、運動により筋肉量を増やして基礎代謝量をアッ...

夏の季節というと、バーベキューシーズンではないでしょうか。薄着になるまでにとダイエットを頑張ったのに、薄着の季節到来とともに、海や公園、キャンプなどでバーベキューのお誘いが。>>太りたくない人必見!?太らないための予防法とはそんな時には、せっかくのダイエットを台無しにしない「太らないバーベキュー」法がオススメです。●野菜から食べましょうたまねぎやアスパラガス、ピーマン、きのこ類には、糖質や脂質の吸...

お正月と言えば、初詣、新年会、新年の抱負、おせち料理…新年の抱負に「今年こそは」とダイエットへの意気込みをしたものの、年明けは何かと暴飲暴食の機会が多いもの。特に、和食でヘルシーと思いがちのおせち料理では、長持ちさせるために濃い味がメインとなっていて、実はかなりの高カロリー料理なのです。例えば、新年の朝にお雑煮を食べながらおせちをつまむだけで、1食1000kcalをオーバーする可能性も。今回は、お...