炭水化物であるお米は、ダイエットの大敵と言われつつも、炭水化物を一切省いてしまえば、健康を損なうことにもなります。

お米 ダイエット

今回は、健康と美容について、全国の20~30代女性600人を対象に全国農業協同組合連合会(JA全農「お米とダイエット・美容に関する意識調査」)が行った意識調査の結果より、お米とダイエットの関連性ついてご紹介しましょう。

ダイエット中に食べられる炭水化物の種類

お米とダイエット回数

調査によると、対象者の約8割に当たるダイエット経験者では、ほぼ毎日お米を食べる人のこれまでのダイエット回数が2~3回に対し、あまり食べない、又は全く食べない人では11回以上と、お米の摂取量が少ない人ほど繰り返しダイエットを行っていたとのこと。
しかも、お米をほぼ毎日食べている人の方が、体重の変動も少なかったそうです。

炭水化物を適切に抜くポイント

炭水化物は、正しい抜き方によって、血糖値上昇を抑制、体内の脂肪をエネルギーとして消費しやすくし、効果的なダイエットをサポートしてくれます。

ただし、急激な減らし方では、脳への栄養不足を高めたり、体内のタンパク質が分解されることにより疲れやすくなるなど、デメリットに気をつけなくてはいけません。

そんなデメリットを避けるためのポイントを挙げましょう。

炭水化物を抜いた時のデメリットを避けるポイント

・炭水化物を一切除くのではなく、夕食だけ控えるようにし、よく噛むことで血糖値上昇も抑えられます。

・ニラやにんにく、ネギなどのビタミンB1の他、彩りが良いビタミンB2と同時に摂取することで、糖質をエネルギーに効率よく変えられます。

「五味五色」とよく言いますが、バラエティ豊富な食材で風味や彩りが鮮やかな料理では、自然と栄養バランスが整えられ、五感を刺激、脳の活性化にも役立ちます。

ライフスタイルに合わせて炭水化物をうまく摂り入れ、美容と健康を重視したダイエットライフを送ることが大切ですね。

 

>>低炭水化物ダイエットを始める前の注意点
>>ダイエット中に食べられる炭水化物の種類
>>炭水化物抜きダイエットで栄養は取らないのはNG