オイル美容の見極め

美容的なダイエットの話題には、「オイル美容」がよく挙がっています。
特に、美肌キープに欠かせない脂溶性ビタミンのA・D・E・Kは、オイルがなければ吸収されにくいもの。

また、オイルを控えがちなダイエット生活では、肌の乾燥が進み、老けたような印象になることも。
良質なオイルでは、必須脂肪酸が豊富で抗酸化作用もあるαリノレン酸やオレイン酸などが、エイジングケアにも働きかけてくれます。

そして、細胞やホルモン、血液の生成に必須である良質なオイルは、そのまま飲んだり保湿ケアに使用したりと、様々な使用法に可能ですが、調理の場合には、加熱で成分が壊れてしまうオイルもあるのですよね。
摂取しても、その栄養素が無駄になっては意味がありません。

加熱NGなオイル

非加熱が最適とされるオイルでは、主としてαリノレン酸を含んだ「オメガ3系」であり、亜麻仁オイルやシソオイル、エゴマオイルなどが代表的です。
血栓予防や抗アレルギー、高血圧にも効果的と言われていて、是非とも摂取したいオイルですが、非加熱での摂取が必須です。
ドレッシングやカルパッチョなどに適しています。

加熱OKなオイル

同じくオメガ3系オイルであっても、サチャインチオイル(別名ではインカインチオイル、グリーンナッツオイル)は加熱しても成分が保たれるので、幅広い調理に活用可能です。
他にも、オメガ系オイルでは、アボカドオイルやココナッツオイルも加熱OKです。

鮮度が命

美容にオススメとされるオイルでは、酸化によりその効果も軽減してしまうので、鮮度を重要視し、開封後はなるべく2~3ヶ月以内に使い切るようにしましょう。
ダイエットはただ痩せればOKではありません。
健康的に美しく痩せる方法を重視しましょう。