生殖機能に関わる「エストロゲン」というホルモンは、生理中に数値が下がります。
エストロゲンが下がると、他のホルモンや、神経伝達物質の一つであるセロトニン、副腎皮質ホルモンの一種であるコルチゾールの数値が上昇するので、ひどく空腹を感じたり、気分にムラが出てしまうことから、過食気味になることも。
「コルチゾール」を減らすには【ストレスを減らす事で肥満の原因】
生理中は特に、炭水化物や豆類、玄米などを食して、エストロゲンの数値を安定させるようにしましょう。

>>女性ホルモン(エストロゲン・セロトニン)を増やす方法【ストレス太りも解消】