トクホや高級オリーブオイルの危険性とは

油 危険

一昔前では、ダイエットというとノンオイルのものが好まれましたが、現在では、健康やアンチエイジング、ダイエットのためにも、栄養価の高いオイルが勧められるようになりました。

とはいえ、「特定保健用食品(トクホ)だから」、「高級なオリーブオイルだから」と、使い過ぎたりしていませんか?

一般的な健康油と言えば、コレストロール値や中性脂肪を下げるなどの、ダイエッターを惹きつけるキャッチを添えて販売されています。
でも、所詮は油…トクホ、オリーブオイルであれ、1gで9kcalのエネルギーであることに変わりはないのです。

つまり、どれを使って揚げ物をしたとしても、低エネルギーのおかずとは言えないということですね。

もちろん、良質な油のダイエット効果を高めるケースも多々。
例えば、中性脂肪値や脂質摂取量が通常よりも高めの方が、トクホを継続して一定量摂取した場合、数値を下げる結果が得られています。

逆に、中性脂肪が正常値である方は、それ以上低くなる、又は数値を高めないという保証があるわけではありませんので、コレストロール値や中性脂肪値が高い方にはオススメ油であっても、一定量を守る、過剰摂取は避けることが必要です。

だからといって、大好きな揚げ物を一切避けては、ストレスがたまり、リバウンドしかねません。

食べる頻度や量を減らす、ダイエッター向きのパン粉に変える、パン粉の量を少なくする、油をスプレイしてオーヴン焼きにする、低エネルギー食材を揚げ物に使うなど、調理法を工夫しましょう。

その時に使う油を、健康的でダイエット向きな良質の油を使えば、一般的な油と比較して、コレストロールや中性脂肪などの血中脂質に対し良い摂取法になることは確かです。
油は身体に悪いものではありません。

完全にシャットアウトしてしまうと、かえって身体には悪影響なのです。
ただ、高エネルギーですから、摂取量には気をつけましょう。

 

>>オリーブオイルの食欲抑制と満腹感とダイエット効果
>>中性脂肪を下げるポイント|トクホ活用
>>理想的な食習慣!多くの栄養士も推進する痩せやすくする食品
>>現代女性の太る原因は栄養失調?食べるダイエット
>>食べ合わせダイエット方法を行う上でのポイント