中性脂肪がつきにくい身体作りとは

健康診断などで、中性脂肪の異常値を指摘された場合、肥満型からダイエットを望む方も多いことでしょう。

中性脂肪を減らすためには、適切なダイエットを行うことが重要ですが、その前に中性脂肪が高くなってしまった原因を知る必要があります。

今回は、考えられる大きな原因をいくつか挙げますので、まずはご自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

脂っこい食事、脂質の摂り過ぎではありませんか?

食生活の欧米化が進み、昔と違い食事にお肉が加わるということが、今では珍しいことではありません。
もちろん、お肉もとても重要な栄養素を含んでいますが、ボリュームは見直す必要がありますね。

また、塩分が多いドレッシング、濃い目のソース、メインのお肉が多めで野菜はほとんど摂取しないなど、栄養バランスを考えない食事では、中性脂肪が急激に蓄積されてしまう可能性大です。

他にも、インスタントやレトルト食品など、濃い味付けは当然ながら、多くの脂肪分や化学調味料を含んでいて、健康的な食生活とは言えません。

運動不足ではありませんか?

ダイエットには適度な運動が必要ですが、健全な身体作りにもやはり運動は欠かせないものです。
運動不足が日常的になると、身体の血流は悪くなり、筋肉は衰え、脂肪燃焼効率は下がるばかり。

さらに、身体は不必要なものを蓄積し続けるようになり、健康的なダイエットに必要な、発散や解消、代謝率アップは困難になってしまいます。
運動は疲れるからと避けている人が多いようですが、実は運動をしない身体の方が、疲れを溜め込んでいるということを覚えておいて下さい。

毎日適度な運動を行うことで、基礎代謝率や脂肪燃焼効率がアップされ、中性脂肪がつきにくい身体作りが可能です。
そうすれば、厳しいほどの食事制限をしなくても、代謝や脂肪が燃焼されやすくなります。

>>血糖値・中性脂肪を下げる【おとなの前菜】お試し購入|効果・口コミ
>>中性脂肪を下げるポイント|トクホ活用
>>中性脂肪の減らし方3選|肥満気味の方は要注意
>>アルコール・肉に注意!中性脂肪を下げて肥満防止
>>中性脂肪を下げる生活習慣は適切な方法を行う事が大切
>>短期間で変化する中性脂肪(トリグリセリド)はサイレントキラー