さて、「シーフード(See-Food)ダイエット」という名の「見るだけダイエット」ですが、インターネットがある今では、画像を引き出しやすく、お金もかからないダイエットではないでしょうか。
>>見るだけでダイエットできるの?どんな方法?実験
しかも、おうちカフェブーム、ブログ効果もあってか、ネット検索では、まさに彩り鮮やかで美味しそうな食べ物画像が、これでもかというほどヒットしますね(笑)。
例えば、シュークリームと検索しただけで、アレンジ豊富で様々なシュークリーム画像が表示されます。
お好きな食べ物をひたすら見続けるダイエット、いかがでしょうか。
ただし、どんなことにもデメリットは存在するもので、「見るだけダイエット」でも、中途半端な見方では、かえって食欲を刺激することになってしまいます。
成功させるポイントとしては、空腹感がある時よりも、既に満腹状態の時に画像を見入ること。
そんな日常で見飽きることができれば、食欲に負けてしまうことも少なくなってくるでしょう。
「見るだけ」と聞けば、遠い昔の日本人のお話を思い出します。
とても貧食であった時代に、家族が集まったちゃぶ台には、それぞれのご飯と、梅干しが一個のみ。
その梅干しを食べずに眺めることで、塩分を感じ取り、口の中が潤った状態でご飯を食べていた、というお話です。
その当時は、食べたくても食べられなかったということが当たり前でしたが、今は食べないようにするために「見る」という方法があるほど、豊食の時代になりました。
そう考えてみたら、ダイエットのために、食べたいものを諦めるということが、とても贅沢に感じますね。
健康的なダイエットが行えることに感謝しながら、美味しそうな画像を目に焼き付けてみませんか?
>>痩せるダイエット方法考察【ヤセメモ】