血糖値・中性脂肪を下げる【おとなの前菜】ダイエットもサポート!

 

 

中高年に嬉しい食前習慣ダイエットで生活習慣病を徹底予防!

 

【最安値】UMIウェルネスの【おとなの前菜/公式】をもっと詳しく見てみる >>

 

加齢によるぽっちゃり体型が避けにくくなる中高年。

生活習慣病や関節痛などのリスクも高まるため、体質改善を行う必要がある年齢でもあるのです。

そのためにはまず、今までとは違ったシンプルな食前習慣「おとなの前菜」を始めてはいかがでしょうか。

中高年世代に近づくにつれ、太りやすい体質になる傾向がありますが、その大きな原因には筋肉量の減少が伝えられています。

その繋がりで基礎代謝も下がってしまうため、若い頃のような食生活を続けていると余分な脂肪がしっかりと蓄積されてしまうのです。

そこで、「おとなの前菜」を食習慣に加え、健康的でスッキリ感たっぷりのダイエット法!

 

おとなの肥満についての予備知識

 

ライフスタイルは何も変わっていないのに、加齢とともに体型がぽっちゃりとしてきた…安心して下さい、そう感じるのはあなただけではありません。

加齢によるぽっちゃり体型では、軽い運動をしただけでも動悸や息切れが起きるなどのリスクが生じるものですが、実際には体内でそれ以上の深刻なリスクが起きている可能性もあります。

例えば、高血糖や高血圧、高脂血症など「生活習慣病」や、重みを支え続ける膝への負担から「変形性関節症」などのリスクにも繋がるのです。

そしてもちろん、加齢による筋肉量の減少から基礎代謝が下がることもおとなの肥満原因に挙げられています。

 

メタボ対策=(食前の食物繊維+適度な運動)×継続

 

肥満予防対策の一つとして、夕食前に食物繊維の摂取が好ましいとされています。

食事による急激な血糖値上昇を抑制して、コレストロールを低下、身体への脂肪蓄積を予防、さらには満腹中枢を刺激する効果が期待される食物繊維を食前に摂取する食習慣を行い、適度な運動を毎日続けることで、ダイエット効果は高まっていくのです。

さらにその重要ポイントとして、急激な減量で強いストレスやリバウンドなどの逆効果を生む危険性を避け、2~3ヶ月程コツコツと継続、心身に負担をかけないように少しずつ痩せることがオススメです。

 

「おとなの前菜」で食物繊維をたっぷり摂取

 

ダイエット中の食事では、食べる順番も重要です。

肉や魚などの「脂質・タンパク質」、ご飯や麺類などの「糖質」の前に、野菜や海藻類などの「食物繊維」の摂取で、満腹感を得て過食防止をする上、脂肪や糖分の吸収力を弱めることが、ぽっちゃり体型の防止対策になるのです。

ただ、毎食サラダを食べるとなると、その準備も大変ですし、継続しづらくなることも。

そこで、レタス約1.6個分に相当する5,600mgもの食物繊維が詰まったスティックゼリータイプの「おとなの前菜」を食前に摂取して、その後の食事を楽しみませんか?

脂質ゼロの上に、安心安全の天然素材である3大成分、スッキリ感をサポートする「難消化性デキストリン」、体内環境を整える「海の食物繊維寒天」、燃焼力と身体の活性化を高める「黒大豆ポリフェノール」が、確実に効果を発揮していきます。

持ち運び便利なサイズで、食べやすく美味しいゆず味ですから、継続のしやすさもGood。

厳しい食事制限をする必要もありません。

適度な運動と、食前にテイスティなスティックゼリーの摂取を習慣づけて、健康的な身体を取り戻しましょう。

 

【最安値】UMIウェルネスの【おとなの前菜/公式】をもっと詳しく見てみる >>