パン好きな方には必見です。

ダイエット パン

高カロリーで炭水化物の塊であるパンはダイエットにNGと、パンを避けるダイエッターが多いようですが、ヘルシーにパンを食べる方法で、ダイエット中にパンを楽しむことも可能なのです。
>>絶対に太りたくないならおさえておくべきダイエッターにおすすめの食品
油分が少ないパンを選ぶ
当然ながら、惣菜パンや食パン、甘いパンなど、今では多くのお店でバリエーション豊富なパンを選ぶことができますね。
でも、太りづらい食べ方では、油分が少ないパンの選択が重要になります。
バターが多く使われたクロワッサンやデニッシュよりも、ベーグルやフランスパンなどを選ぶようにしましょう。
ヘルシーなパンにプラスするもの
ヘルシーなパンを選択しても、そのままでは何か物足りなく感じますよね。
その時に注意しなくてはいけないポイントがいくつかあります。
まず最初に、「マーガリン」はNGということ。
消化に悪いマーガリンは、腸壁にこびりついてしまうので、どちらかといえばバターがオススメ。
また、消化の良いオリーブオイルと塩をディップにして食べるのもGoodです。
そして、「バター&ジャム」もNGですね。
定番の組み合わせではあるものの、油と砂糖の組み合わせは避けるようにしましょう。
どうしてもバターやジャムなどがほしいという方には、「チーズ」を載せてトーストする方法をお試しあれ。
さらに、付け合わせとして絶対オススメなものが「野菜スープ」です。
ダイエット中は、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足気味。
パンに野菜スープをつけ合わせて、不足栄養分を補給するようにしましょう。
ダイエット中だからと、何もかもカットしてしまえば、ストレスがたまるばかりです。
フルーツもあわせて健康にも気遣った太るフルーツと痩せるフルーツとはを参考に試してみたり、時には食べ過ぎたのを食べなかったことにする方法を見てみるのもいいかもしれませんね。
摂取法を考えて、ストレスフリーなダイエットを心がけましょう。