デトックス効果のある食材

日々の生活において、知らず知らずの間に、食物からの毒素や外からの排気など化学的な毒素が、体内に蓄積し続けているということをご存知でしょうか。
とても健康的な食生活をしている、健全な身体を保つためのダイエットを続けていると自己認識していても、定期的なデトックスが行われていなければ、免疫力が下がったりむくみ症状が表れたり、体調を崩してしまうようなことになりかねません。
デトックスと言えば、断食や運動をイメージしがちですが、残念ながら、運動でどれほど汗を流したり、断食を頑張ったところで、体内に蓄積されている毒素のほとんどが排出されないまま、ということが事実。
毒素の排出では、便や尿が8割以上を占めています。
つまり、毒素排出には、体内の毒素を解毒してくれる「肝臓」、毒素の固まりとなる便を作り体外へと排出してくれる「腸」が、毒素排出の働きを大きく持つ器官ということになりますね。
そのことから、デトックス効果を高めるために、肝臓と腸を強め、その働きを促進させる食材の摂取をライフスタイルにプラスすることがオススメ。
では、そんなデトックス食材とは、どのようなものがあるのでしょうか。
レモン
デトックスといえば、やはりまずレモンを思い浮かべる方が多いのでは?
ジェニファー・アニストンのレモンジュースを飲む事でダイエットの記事でも成功方法を紹介していますが、レモンは免疫物質を含んでいて、体内に潜む病気の原因になる毒素を排除する殺菌作用も強いレモンは、朝、水に絞り入れて飲むのがオススメです。
ベリー類
抗酸化作用を高める食品でも少し触れていますが、ブルーベリーやストロベリーはもちろん、ブラックベリーやラズベリー、クランベリー、チェリーなど、甘みもあり水分は多く、ビタミンや抗酸化物質、ミネラル、食物繊維など栄養素が豊富で、腸内環境のバランスを保ってくれます。
クレソン
スーパーでもよく目にするようになりましたが、天然の利尿作用を持つことで有名です。
ビタミンBや亜鉛、カリウムが豊富で、毒素排除にとても役立ってくれます。
アメリカの有名な女性料理人が、「妊娠中に、毎日クレソンを食べるようにと医者から言われた」と発言したのを耳にした記憶があります。
それほど、満点の栄養食材ということですね。
りんご
食物繊維やビタミン豊富なりんごですが、胆汁の生産に作用し肝臓の働きを強めてくれる抗酸化物質、フロリジンも含まれているため、体内に蓄積している農薬や食物添加剤などの毒素を排出してくれるのです。
美肌・便秘予防・ダイエットに有効?綺麗な体を作るりんごの食べ方も見てみると良いかもしれませんね。
玄米
ビタミンB、セレニウムやマグネシウム、食物繊維が豊富に含まれていて、腸を清浄化し、肝臓を強化する解毒作用を持っています。
生姜
消化不良の改善に効果的で、停滞したガスや、ガスによる腹痛を緩和してくれます。
キャベツ
体内に蓄積された科学的毒素の排泄に作用する2種類の抗酸化物質、スルフォラファンとグルタチオンが含まれています。
ガーリック
白血球を増やすアリシンを含んでいて、抗菌性、抗ウイルス性が高いナチュラルな解毒食材です。
特に、生で食べることがベストなので、サラダのドレッシングやスープなどにすりおろし入れる工夫を。
デトックス効果を高めてくれる食材は、意外と多いものですね。
しっかりと覚えておいて、生命エネルギーの吸収がカギ?酵素ドリンクの選び方も参考にして頂き、外食の際にもデトックス食材が使われた料理を、是非とも選んでみて下さい。
特にガーリックは、最強のデトックス食材と言われています。
健康的なダイエットには欠かせませんね。