炭水化物を一切カットするダイエットが流行った時期がありましたが、確かにダイエットには効果的とはいえ、炭水化物の摂取を絶ってしまえば、脳の機能障害を引き起こす可能性が高くなり、将来的な危険を伴うことがわかっています。

ダイエット 炭水化物

そこで今回は、ダイエットに影響を与えにくい5種類の炭水化物をご紹介します。
>>絶対に太りたくないならおさえておくべきダイエッターにおすすめの食品

芋類

良質の炭水化物を含むじゃがいもやさつまいもでは、同時に多くの食物繊維も摂取できて排出されやすく、ダイエット中には積極的に摂り入れたい食材です。

豆類

食事量を制限するダイエットでは、少量で炭水化物を摂取できるえんどう豆や小豆、豆が原料である春雨などもオススメ。

スイーツ

炭水化物を含むスイーツといえば、かぼちゃや栗など。
炭水化物に加えて素材の甘さを活用でき、ダイエットには有り難い食材ですね。

未精製小麦、玄米

小麦粉よりも全粒粉、白米よりも玄米を選ぶことで、同じ摂取量でも少なめの炭水化物量にできて、低炭水化物ダイエットの強力なサポーターです。

乳製品

飲み物からの炭水化物摂取では、スキムミルクや無糖ヨーグルトによるドリンクで、美容効果も高めましょう。
玄米酵素ごはんは安心で安全!効果的な食べ方
炭水化物といえば、ご飯やパンが真っ先に思い浮かびそうですが、他にも炭水化物を少量ほど含む食材は多くあります。
ダイエットでは、こういった食材を利用することで、ご飯やパンを制限しつつも少量の炭水化物を摂取し、身体への悪影響を避けた健康的な方法を続けるようにしたいですね。
>>痩せるエステ 痩身エステの総合評価ランキング
>>痩せるダイエット方法考察【ヤセメモ】